整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)

楽しく健康に走りたければ、マラソン本を捨てなさい! また、楽に走りたければ、走らないこと。 その真意は、このサイトの中に!

整体師ランナー「りょう」に学ぶ、
「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」
Let's enjoy runnning!

毎日書き続けて365日経ちましたので、
これからは毎週月曜日に定期更新+αの更新で書いていきます。(2012,7,3)

コメント欄へのスパムが増えましたので、画像認証の設定をしました。
お手数ですがご了承ください。(2013,10,8)

鮎川式イメージストレッチ

人は見かけで判断できる?

先日近所の子供に久しぶりに会ったらものすごく背が伸びていて、この春から中学生になるという女の子なのに、すでに170cmだと言われました。最近の子は背が高いし足が長いですよね。ところで、質問です。

伸長っていつ伸びているの?
私は子供の背が伸びた瞬間を見たことがありません。「おっ!いま2mm伸びたね!」なんて瞬間に立ち会いたいです。あなたは見たことがありますか?

髪の毛っていつ伸びているの?
これもまた伸びた瞬間を見たことがありません。知らず知らずのうちに伸びてきて「そろそろカット行かなきゃ!」って思うまで伸びたことに気付きません。

贅肉っていつの間に付いているの?
運動していても良からぬところに贅肉が付くことありますよね。運動してない人なんて、付いて当たり前。では、いつの間に付いているの?

それぞれ素朴な疑問です。しかしきちんと答えられる人はあまりいないことでしょう。この素朴な疑問は、筋肉が付く瞬間も見たことがないように、「いつの間にかそうなっていた」ということです。これがすなわち「生きている証拠」なのではないでしょうか。

生きているということは、新陳代謝(しんちんたいしゃ)が行われているということです。新陳代謝とは、古いものが新しいものに入れ替わることを言います。先ほどの素朴な疑問については、すべて新陳代謝が行われているから起こりえるものなのです。

人間において新陳代謝とは、細胞の生まれ変わりということになります。私たちの身体の中には、心臓や胃や腸のような臓器があること、筋肉や血液があることは誰でも知っていますが、そのすべてが細胞でできていると言われても、なかなかピンとこないものです。

美容の世界では「代謝を良くする」という言葉をよく使います。この言葉の意味を説明できますか? なんとなく分かってはいるんだけど・・・って感じだと思います。これもまた細胞の話です。「古い細胞から新しい細胞へ早く生まれ変わるよう働きかける」と聞くと、代謝を良くするという意味が少し分かってきますよね。

では代謝を良くすると何が良いのでしょう?

「子供は怪我をしても治るのが早い」「年取るとガンの進行が遅い」これらはどちらもこの代謝の話です。子供は代謝が早い=すなわち細胞の生まれ変わりが早いから、ケガをしても早く治る。その逆に、年取ると代謝が遅いから、治るのも遅いけど、病気の進行も遅い。

「人を見かけで判断してはいけない」と言われたことありませんか? その本来の意味は別として、見た目と代謝の関係は明らかに判断できます。実際に子供の肌はプルプルなのに、年取るとカサカサになります。これは代謝の早さが違うからです。「私、何歳に見える?」って言われた時、困りますよね。少し若めに言うのが礼儀ですよね(笑) 10歳も若く言うと逆に失礼にも当たるので、この返答にはものすごく困ります。とはいえ、見た目年齢は、その人の身体の中身を表しているとも言えます。

ではそれぞれの質問に対して、今日私が言いたかったこと。

代謝は寝ている間に行われる。

寝ている間に身長が伸びます。寝ている間に病気やケガも治ります。寝ている間に「成長ホルモン」が活発化します。だから寝ている間に、細胞が多く生まれ変わります。年配の人にこの話をすると「もう成長してないわ」なんて言われますが、それは間違いです。命ある限り、すべての人の身体の中では代謝が行われています。すなわち成長しているのです。私は「寝る前に必ずストレッチをしてください」と、ず~っと以前から言い続けています。寝る前にストレッチすることが、代謝をさらに早めることになる、と私は信じています。

「はたらく細胞」というマンガをご存知でしょうか? ちょっと前にはテレビアニメとして放送もされていましたから見たことのある人もあるかもしれませんね。来院された方に教えてもらったのがきっかけでしたが、とても興味深く見て勉強になりました。もし興味がありましたら、レンタルにもありますからお近くで探してみてはいかがでしょう? おもしろく楽しみながら細胞の勉強ができますよ。

-------------------------------------------------
●奈良観光ランのお知らせ
2019年3月30日(土)第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」約14km
2019年4月29日(月・祝)「第22回・奈良観光ラン~へぐり時代祭りと太古の息吹」約16km
2019年5月3日(金・祝)「第23回・奈良観光ラン~古都の都・平城京天平祭と羅城門跡」約22km
詳細は次回にしますが、スケジュールは押さえておいてくださいね!
-------------------------------------------------
私の著書です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)


============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

ストレッチは気持ちいいと分かっているのに、なぜできないのか?

先日来院された方(マラソンしていない人)とこんな会話になりました。

客「ストレッチをすると、とっても気持ちよくなるよね。でも毎日できないんですよね~。」
私「なんで気持ち良いと分かっていることなのに、毎日できないんですかね~?」
●「めんどくさいからよ。」
●「なんで?」
●「なんでてもよ」
●「だって気持ちいいのに、なんでできないのでしょうね?」
●「屁理屈言う人ね~!」

こんな会話は子供の頃から母親としょっちゅうしていました。もちろんストレッチの話ではありません。「なんで?」とよく聞いたという話です。子供は「なんで?」とよく質問しますよね。子供は子供なりに純粋に尋ねていることが多いです。なのに、きちんと答えない大人はとても多いです。さらに突っ込んで聞くと必ず言われたのが「屁理屈」という言葉です。小学三年生の時に国語辞典で調べましたが、理解できませんでした。自分は正当で、純粋だから。その気持ちは今も変わりありません。

今回またこの話になって、子供の頃を思い出しながら考える機会を与えていただけたと感謝しております。

フルマラソンを完走するためには、それなりに走っておく必要がありますよね。しかし一週間も走らない日が続いたならば、きっと不安になることでしょう。せっかく作ってきた足が台無しになってしまうことを懸念します。それなりに走り続けている方が、安心感を得ることは間違いないです。でも、今日走らなかったからといっても、身体が急に変化するわけではありません。だからめんどくさいなと感じたら、一日や二日くらい走らなくても大丈夫だろう。そう考えることもあるでしょう。

実際に私なんて一週間走らないことはよくあります。と書けばビックリされるかもしれませんね。時期によりますよ。今の時期だからそんなもんです。寒いのは苦手なので、玄関開けて様子うかがってやめることもしばしば。少し不安を感じることもあります。それはフル完走のためにではなく、健康のために走っておかねばと考えるからです。時々、太ももが「走ってくれよ~!」って言っているかのように感じることがあります。そんな時は2~3キロだけでもサクッと走るようにしています。別に走らなくても、今日明日身体がどうこうなるわけではありません。しかし今後の年齢のことを考えると、しっかり足を鍛えておかなければと考えるからです。だから自分の将来の健康のために走っています。

さて最初の会話の話に戻りますが、私が想定していた答えは「今日ストレッチしなくても身体は特に変わらないから」というようなことを言ってくれると突っ込んで聞くことはなかったのです。ストレッチを毎日きちんとこなしていくことは大変なことでしょう。そんなことくらい私も分かっています。でも気持ち良いと分かっているにもかかわらず、できないという実態があるわけです。それは多くの人が思っていることでしょう。

朝起きたら歯磨きしますよね。めんどくさいと思うことありませんか? 夜も磨きますか? 布団に入った時、「あっ!歯磨きしてない!」と気づいたとき、あなたはどうしていますか? めんどくさいけど起きて磨くか、一日くらいまあいいか・・・と寝てしまうか? このようなこと私はしょっちゅうあります。そんな時に考えるのは、歯周病になったら困るな~・・と考えます。すると、なんだか歯が痛くなってくる気がするときがあります。不思議ですけどね。勘違いかもしれません。でも一度そう思うとどうしようもなく歯が気になって、やっぱり磨いておこうと起き上がります。確かにめんどくさいです。めんどくさいという理由だけなら、きっと私は起きて磨くことはないでしょう。でも、歯の異変を感じるから磨きます。

では先ほどのストレッチの話ではどうでしょう。今日ストレッチしなくても、なんらかの病気が想定されるわけでもないし、急に身体が悪化するわけでもありませんよね。だからめんどくさいが勝ってしまって、ストレッチをせずに寝る。それが続いていくと、一週間、二週間、気が付けば何か月もストレッチをせず、そのうちストレッチした方が良いということすら忘れていってしまいます。

「筋肉と会話する」という言葉を私は以前からずっと使い続けています。ストレッチしなければ、筋肉が「ストレッチしてくれよ~!」って言ってくるのを感じ取っていただきたいのです。先ほど私は「太ももが走ってくれよ~、と言っているかのように」という表現をしました。これもまた同じです。筋肉が動かしてほしいと願っていることを感じ取ったからです。

健康のためとか、フル完走のためなどという理由ではなく、「気持ち良い」にもかかわらずストレッチができないのはなぜなのでしょう?

「気持ちが良い」という感情について、私は「脳が喜んでいる」といつも表現します。脳が喜ぶことは他にもいっぱいあります。例えば、おいしいものを食べること。特にスイーツなんて最高ですよね。脳が喜ぶという表現がピッタリだと思います。いま目の前のスイーツを食べたからといって、体重や体脂肪がすぐに上がるわけではないですから、食べてはダメだと分かっていてもついつい食べてしまう。そんなことあるでしょう? これは「おいしい=脳が喜ぶ」という欲望をかなえた瞬間です。

他にも「カラオケで歌うと気持ちいいからまた行きたい」「お風呂に入ると気持ちいいからまた入りたい」などなど、いっぱいあります。気持ちいい事柄は、またしたくなるものです。なのに、ストレッチで気持ちいいと分かっているのに、またしたくなるという感情が生まれてこないのはなぜでしょう? カラオケ行くのもめんどくさいと思うときあるでしょう。お風呂入るのに邪魔くさいと感じることもあるでしょう。でも何日かしたらまたしたくなるはずです。「久しぶりに行こうか?」なんて会話あるでしょ? ところがストレッチは何日もしないでいると、したくなる気持ちどころか、ストレッチをすることすら忘れてしまいます。「久しぶりにストレッチしたいね」なんて会話は聞いたことありません。なぜでしょう?

「めんどくさいから」という一言で片づけられない何かがあるはずです。私はそれが知りたくて「なんで?」と何度も聞いているのに、きちんと答えてもらえません。人から見ると屁理屈に聞こえるかもしれませんが、私は真剣です。あなたはどう思いますか?
-------------------------------------------------
私の著書です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)


============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

いくつもの動作を同時に考えるコツ

私が執筆している「マイナビ・肩こり解消を目指すストレッチを動画で学ぶ」も随時更新中。
→「第10回・いすの背もたれを利用した「二度手間ストレッチ」で効果を実感
→「第9回・首を倒すだけ! 効果の違いを実感しやすいストレッチ
→「第8回・首を動かすだけで効果大! 整体師が教えるのをためらう極秘ストレッチ
→「第7回・ストレッチ効果のカギは静止時間にあり!
→「第6回・20秒キープすると改善効果が高まる
→「第5回・ストレッチの効果を高めるコツは、力を入れた後のゆっくりした脱力にあり!
→「第4回・腕の力を抜くと肩こり解消につなげやすい!
→「第3回・肩こりを腕の上下動だけで吹き飛ばす!
→「第2回・最短30秒でできるストレッチで仕事の効率化を目指す!
→「第1回・いすに座ったままの楽々ストレッチ
=============================
ランニング教室をしていましてよく言われるのが、「そんなにいっぱい一度に考えることができないです」という言葉です。はい、確かにその通り。私も最初は全然できませんでした。きっと「慣れ」の問題かな、とも思います。でも慣れるまでに要する時間は人それぞれです。上達の早い人は、慣れるのが早いのか、もしくは一度にいろんな物事を考えることができる能力を持っているか、と思うこともあります。

ランニングするにあたり、いくつもの動作を同時に考えるコツを、音楽の話から関連付けて今日はお話ししたいと思います。

脳の仕組みのことは私は詳しく分かりませんが、考え事をするとき、脳の中で立体的に考えることのできる人とできない人に分かれると思います。ランニングの時にあれやこれやとフォームチェックする項目の多さでできない人は、脳の中で物事を立体的に考えることのできない人なのではないかと勝手に想像しています。それがその人の個性なのですが、立体で考えることができるようになると、これまでストレスがかかっていたことが解消できるかもしれないのです。その練習方法と言いますか、チェック方法のひとつとして私は音楽の聴き方に注目しています。

ここでは例として今とても話題の、Queenの『Bohemian Rhapsody(ボヘミアン・ラプソディ)』を取り上げてみます。お遊びだと思ってお付き合いください。

まずこの曲の最初の部分で、4人の顔だけが映って歌っている場面があります。メンバーの名前も何も知らなくてもいいので、4人の声を識別できるでしょうか? どの声がどの人とは分からなくてもいいので、4つの声を聞き分けできればOKです。 口の動きを見れば、だいたい想像つくと思います。

そして映像が切り替わって、ピアノとベースの二人が映ります。ピアノの人が歌い、後ろでベースを弾いている人がいますよね。このベースの音を聞き分けできますか? ピアノの低音部分と重なっているのでよく聴いてみてください。ベーシストの指の動きを見れば、だいたい想像つくと思います。

歌が2番に入り、曲が進んで行くと、ピアノボーカルの人が立ち上がって、マイクを持って歌に専念する場面が出てきます。しかしピアノの音は鳴っていることに気付きますか? この時にはドラムとギターの音も加わって音がたくさん詰まっているのでうまく聞き分けできるでしょうか?

そしてギターソロになります。ギターソロを弾いている姿、指が映りますのでどの音がソロの音かすぐ分かると思います。ギタリストは一人しかいないのに、ソロを弾いているバックで、もう一本ギターの音が鳴っているのですが、気付きますでしょうか?

分からなかったら繰り返し聴いてみるとそのうち聞き分けできるようになると思います。集中してヘッドフォンで聴くと他にももっといろんな音に気付くことでしょう。このボヘミアン・ラプソディという曲は、ロックとオペラの融合と言われていて、クイーンの代表曲です。最後まで聴いてコーラスの美しさをお楽しみください。そしてお時間ある時に歌詞にも注目されると新しい発見や衝撃があると思います。

実は音楽制作というのはとても複雑で、そしてとてもおもしろいものなんです。クイーンはメンバーが4人でギタリストは一人なのに、レコードを聴くとギターが同時に2~3本鳴っていることは普通です。一度に弾くことは無理ですよね。最近の流行りの曲なんて、打ち込み音源使っているからいくつ音が入っているのかまったく分かりませんよ。メンバーの楽器だけしか入っていない音源はきっとないと思います。

テレビ出演して生演奏しているバンドで、楽器はギター、ベース、ドラムしかメンバーがいないのに、ピアノや管楽器やコーラスやらなんやらかんやらと、いっぱい楽器の音が鳴っていることは普通です。その理由は2つ。ひとつは実は演奏していなくてCDが流れている。もうひとつは打ち込み音源が流れて、それに合わせて楽器の演奏をしている。ほとんどの場合は、楽器隊はCDが流れていて、歌だけ歌っていることが多いです。

先ほどのクイーンの映像ですが、これはあくまでもプロモーション用の映像です。だから楽器を演奏している音と、流れてくる音は違います。レコーディングする時には多重録音といって、ひとつひとつの楽器を順々に録音していき、それを重ねていきますのでいくらでも楽器を入れられるし、メンバーにいない楽器などもいっぱい入れていくのが普通です。

今日は音楽のうんちく(というほどでもありませんが)を少しだけ交えてみました。息抜きの遊びになりましたでしょうか? ちなみに私は整体師になる前は音楽の仕事をしていて、レコーディングにも携わっていました。ヒット曲を作れなかったので音楽印税はあまり入ってきませんが(笑)

遊びと私は言っていますが、この頭の中の使い方が、いくつもの動作を一度に考えることのできる脳を作るレッスンにもなると私は確信しています。ですから、これからあなたの好きな音楽を聴く時、どんな楽器が鳴っているのか、あるいはいくつあるのか考えながら聴いてみてください。ヘッドフォンで聴くとよりよく分かるはずです。それはものすごい集中力を必要としますので、今まで使ったことのない脳を働かせることができ、老化防止、認知症予防にもきっと効果があると私は信じています。お試しください。
-------------------------------------------------
私の著書です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)


============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

ネットで調べて、病名を自己判断していませんか?

私が執筆している「マイナビ・肩こり解消を目指すストレッチを動画で学ぶ」も随時更新中。
→「第10回・いすの背もたれを利用した「二度手間ストレッチ」で効果を実感
→「第9回・首を倒すだけ! 効果の違いを実感しやすいストレッチ
→「第8回・首を動かすだけで効果大! 整体師が教えるのをためらう極秘ストレッチ
→「第7回・ストレッチ効果のカギは静止時間にあり!
→「第6回・20秒キープすると改善効果が高まる
→「第5回・ストレッチの効果を高めるコツは、力を入れた後のゆっくりした脱力にあり!
→「第4回・腕の力を抜くと肩こり解消につなげやすい!
→「第3回・肩こりを腕の上下動だけで吹き飛ばす!
→「第2回・最短30秒でできるストレッチで仕事の効率化を目指す!
→「第1回・いすに座ったままの楽々ストレッチ
=============================
「シンスプリントになったんですけど・・・」「足底腱膜炎で痛いんですが・・・」「変形性膝関節症で膝が痛いです」などと、私の整体院に来られる人が増えています。病院ではないし、もちろん私は医師でもありませんので、詳細に診察することはできません。だからこそいろいろ質問して触診をします。その中からある程度の推測をしながら私なりの判断をしていくのです。そして最終判断は絶対しません。病名を決めるのは医師ですからね。

様々な病名を言われるのですが、「自己判断で病名決定」する人が増えています。「膝が痛い」=「変形性膝関節症」だとすぐ考える人、「足の裏が痛い」=「足底腱膜炎」だと考える人、最近とくに増えています。

私のところへ来られる人で、私が見る限り本当に病院治療が必要だと思える人はほとんどありません。開院から12年経ちますが、これまでの間に病院へ行くように勧めたのはほんの数人だけです。解決策としては、①筋肉痛を取る ②身体の使い方を変える ③インソール対応するか、シューズを変える このいずれかで改善していきます。

スポーツしている人ばかりではばく、高齢者の来院もあります。高齢者の場合は、痛みが出れば何らかの病気だととらえる人が非常に多いです。そしてすぐシップを貼るみたいです。以前整形外科の先生と話をしていましたら「高齢なんだから痛みも出るし調子も悪くなる。それを病気だと考える人が多くて困っている。」と、本音を言われていました。確かに高齢者は「何もしてないのに、なぜ痛いのかな~?」なんてことをよく言われます。私は「何もしてないから痛いんですよ」といつも言うのですが、その真意を分かってくれる人はほとんどありません。「久しぶりに○○をしたから筋肉痛で痛みが出た」という経験はあっても、何もしないことで筋肉が痛みを発症するという概念がまったくありません。それは、筋肉を使っていないことで痛みが出ているのだけれど、そうではなくて「何らかの病気」だととらえる人が非常に多いです。

マラソンは40代~50代のスポーツのようです。ランニングデータではこの年代が圧倒的に多いですからね。ではスポーツをしていない周りにいる40~50代の人のことを思い出してください。何らかの痛みを訴えていませんか? 「腰が痛い」「肩が痛い」「疲れやすい」などなど、そんな人いっぱいいるでしょう。「四十肩」「五十肩」なんて病名もありますが、これはその年齢になると発症しやすいことから名付けられたそうです。40、50というのはそういう年齢であるということです。

しかしマラソンをしている人は「自分は走っていることで身体を鍛えているから、同世代の人と比べると健康である」と自負している人のなんと多い事か。しかし以前にも書きましたが、適度なランニングは健康に良いけど、マラソンは健康に悪いと、私は今でも考えています。それは多くのランナーが自覚しているはずなんです。ところが自分の周りに一人や二人はツワモノがいて、とんでもないタイムで完走するランナーに負けないようにと自分も頑張ってしまうんです。ということは、健康に良い程度の運動から、身体に過度な負担をかけているスポーツに変わってしまっている可能性があるということです。

さて冒頭に書きました件ですが、痛みや違和感が出た時、ネットで調べて病名を自分で決定していませんか? 確定という気持ちまではなくても、なんとなくそうなのかな~、くらいは思うことあるでしょう。それはあながち間違ってはないと思います。しかしそれだけにとらわれてしまうと、その先で間違っていく可能性が出てきます。言い換えれば、調べてなんとなく回答らしきものを見つけた時というのは、ある意味一つの分岐点に差し掛かった状態だと私は思います。その先へ進んでも違うと気づいたら後戻りしてもう一度考えてみることも必要です。また、その分岐点のことを覚えておいて、常に考えながら疑いながらというのが良いと思います。だってそもそも素人判断なんだから。

私にも分からないことはいっぱいあります。分からないことは分からないとして、確定しないことです。「もっと早く来ておけば良かった」と言われる方もあります。必ずしも私の整体院でなくてもいいので、お近くの整体院へ相談に行くのも必要です。病院より敷居は低いですよ。というより、病院へは行かず、まず整体院へ行くことをお勧めします。病院へ行ってしまうと、何らかの病名をつけられて取り返しのつかないことになりかねません。絶対ではないですが、その分岐点としての判断を仰ぐためにも、まず整体院をお勧めします。
-------------------------------------------------
私の著書です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)


============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

ふくらはぎのストレッチ(細かく意識する)

私が執筆している「マイナビ・肩こり解消を目指すストレッチを動画で学ぶ」も随時更新中。
→「第10回・いすの背もたれを利用した「二度手間ストレッチ」で効果を実感
→「第9回・首を倒すだけ! 効果の違いを実感しやすいストレッチ
→「第8回・首を動かすだけで効果大! 整体師が教えるのをためらう極秘ストレッチ
→「第7回・ストレッチ効果のカギは静止時間にあり!
→「第6回・20秒キープすると改善効果が高まる
→「第5回・ストレッチの効果を高めるコツは、力を入れた後のゆっくりした脱力にあり!
→「第4回・腕の力を抜くと肩こり解消につなげやすい!
→「第3回・肩こりを腕の上下動だけで吹き飛ばす!
→「第2回・最短30秒でできるストレッチで仕事の効率化を目指す!
→「第1回・いすに座ったままの楽々ストレッチ
=============================
「鮎川式イメージストレッチ」の具体的なひとつを今日はご紹介しましょう。まず最初は「ふくらはぎ」です。ふくらはぎのストレッチはやってますか? 以前紹介した私がお勧めする抱き付きストレッチをあらためてどうぞご覧ください。下に質問を出しますのでよくご覧くださいね。
20190114-1
柱や電柱などに向かって立ち、ストレッチしたい側のつま先を柱に立てます。

20190114-2
そのままゆっくり柱を抱き付きにいくように身体を前へ出します。

これで右足のふくらはぎのストレッチができます。柱に立てる足の角度はひとそれぞれです。硬い人はこんなにつま先が立たないと思いますので、ご自身の身体と相談しながら行ってください。ギューっと柱を引きよせた状態で、鼻から4秒吸って口から6秒吐くを2~3回繰り返しながらストレッチをします。反対の足も同様に行ってください。

ここまでは以前から何度かお話しているストレッチです。ではここで問題です! 下の3枚の写真を見て、違いを発見してください。1分くらいで答えが出ればOKです。
20190114-3





「ヒント」ふくらはぎ部分を拡大したので見比べてください。
20190114-4




いかがでしょう? 分かりましたか?



分からないと答えた人がきっととても多いことと思います。はい、それで正解!(笑) 私がこの写真見ても分かりませんもの!(笑) そんなの他人に分かりっこないよね。失礼しました。しかし、ここからが今日の本題です。他人から見て分からないのに、やっている本人の筋肉では一体どうなっていたのか? それを理解していただきたいのでまず下の写真をご覧ください。
20190114-5
私の素足で恐縮ですが、かかとを上げてふくらはぎの筋肉に力を入れた状態です。両足同じ状態にしました。筋肉が盛り上がっているのがお分かりいただけますよね。

この写真に筋肉の名称を入れてみました。
20190114-6
ふくらはぎの筋肉というのは、正式には「下腿三頭筋(かたい・さんとうきん)という名称で、ヒラメ筋の上に腓腹筋(ひふくきん)が乗った状態にあるのです。プクッと盛り上がっているのが腓腹筋です。二つありますね。その下にヒラメ筋がベタっと張り付いています。ヒラメ筋の上部は腓腹筋で隠れているので点線表記しました。私はいつもこれを「二段重ね」と呼んでいるんですが、これら三つの筋肉を区別して意識したことがあるでしょうか?

斜めからの写真もご覧ください。
20190114-7
腓腹筋の下にヒラメ筋が重なっているのがお分かりいただけると思います。

ではここで先ほどのクイズの答えです。三つの写真の違いは、「①腓腹筋の左を意識」「②腓腹筋の右を意識」「③ヒラメ筋を意識」してストレッチした状態を写真に撮っていました。分からないでしょ? そう、人から見たらわからないけど、自分では意識しながらストレッチすることが可能だということです。

ということで、「ふくらはぎのストレッチ」と言っても、実は漠然としています。これら三つの筋肉を個別に意識しながらストレッチできるとさらに効果が高くなります。そのためにも構造を知っておくと、想像しやすくなりますので今日はご紹介しました。鮎川式イメージストレッチをこれからもお楽しみに!


※本当はふくらはぎには下腿三頭筋以外にも筋肉があるけど、すべて含むと複雑になりますので今はこの三つの筋肉に焦点を当てて書きました。
※腓腹筋は二つありますが、外側にある方を腓腹筋外側頭(ひふくきん・がいそくとう)、内側を腓腹筋内側頭(ひふくきん・ないそくとう)が正式名称ですが省略しました。

-------------------------------------------------
私の著書です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)


============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

血液の流れを想像する

私が執筆している「マイナビ・肩こり解消を目指すストレッチを動画で学ぶ」も随時更新中。
→「第10回・いすの背もたれを利用した「二度手間ストレッチ」で効果を実感
→「第9回・首を倒すだけ! 効果の違いを実感しやすいストレッチ
→「第8回・首を動かすだけで効果大! 整体師が教えるのをためらう極秘ストレッチ
→「第7回・ストレッチ効果のカギは静止時間にあり!
→「第6回・20秒キープすると改善効果が高まる
→「第5回・ストレッチの効果を高めるコツは、力を入れた後のゆっくりした脱力にあり!
→「第4回・腕の力を抜くと肩こり解消につなげやすい!
→「第3回・肩こりを腕の上下動だけで吹き飛ばす!
→「第2回・最短30秒でできるストレッチで仕事の効率化を目指す!
→「第1回・いすに座ったままの楽々ストレッチ
=============================
「鮎川式イメージストレッチ」を勧めるにあたりましてぜひ覚えていただきたい映像があります。

これは血液の流れる様子です。私たちの身体の中には血液が流れていることを誰もが知っています。また、ケガをした時などに血液を見たこともあるはずです。しかしこのような顕微鏡映像を見ることは日常的にはありませんので、ぜひ覚えていてほしいです。

私がお勧めするストレッチは、とにかく想像力が大切ですといつもお話ししています。一度この映像を思い出しながらストレッチをしてみてください。ストレッチをすることによって血流が良くなることはよく知られています。心臓から出た血液がまた心臓へ戻るまでに約30秒~1分と言われているくらい、とても速い速度で身体中を巡ります。血液は酸素や栄養を運び、老廃物を回収して戻ります。ひとつのストレッチに30秒かけると私はいつも言いますが、血液が約一周してくる時間に近いです。

静的ストレッチで身体が静止している間、この映像を思い出しながら自分の身体の中では血液が循環して良いものと悪いものが行き来することまで想像してみてください。ストレッチの効果にきっと違いを発見できるはずです。

スポーツしている人であればご存知だと思いますが、「弱気になってはダメ」「負けると思ったら負ける」という言葉があります。その逆で「どんな時でもプラス思考」「勝てると思わなければ勝てない」という言葉もあります。これらは同じようで同じではありません。その違いはお分かりですよね?

「スポーツはメンタルが大事」だということは知っていても、実際自分がその立場に立った時、「負けたくない、負けたくない」と思っていると負けるもので、「勝ちたい、勝ちたい」と思った方が勝てる確率は上がるそうです。これは「マイナス要素否定形」と「プラス要素肯定形」の違いです。と、言葉にすると堅苦しいですが、結局のところ想像力の違いですよね。

ストレッチにも想像力があると、血流もどんどん良くなると私は信じています。想像するだけで、酸素を運ぶ量も質も良くなり、老廃物の回収量も増え、身体がさらに良くなるのであれば、こんな素晴らしいことはありません。自分の身体を自分でケアでき、しかもそれがタダです!

ストレッチは単なる準備体操ではありません。身体をケアするための自力整体でもあります。呼吸を止めずに想像力を働かせてストレッチを行ってくださいね。
-------------------------------------------------
私の著書です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)


============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

自分の法則を作りましょう!

私が執筆している「マイナビ・肩こり解消を目指すストレッチを動画で学ぶ」も随時更新中。
→「第9回・首を倒すだけ! 効果の違いを実感しやすいストレッチ
→「第8回・首を動かすだけで効果大! 整体師が教えるのをためらう極秘ストレッチ
→「第7回・ストレッチ効果のカギは静止時間にあり!
→「第6回・20秒キープすると改善効果が高まる
→「第5回・ストレッチの効果を高めるコツは、力を入れた後のゆっくりした脱力にあり!
→「第4回・腕の力を抜くと肩こり解消につなげやすい!
→「第3回・肩こりを腕の上下動だけで吹き飛ばす!
→「第2回・最短30秒でできるストレッチで仕事の効率化を目指す!
→「第1回・いすに座ったままの楽々ストレッチ
=============================
整体に来られる人に私は「自分の法則を作りましょう」という話をよくします。例えば、「平日はビール1本だけと決めている」という人がありましたが、それは法則ではなくルールです。私が言う法則とは・・・それを今日はお話します。

以前「ストレッチ不要論」が話題になりましたよね。その題名だけ見て鵜呑みにしてまったくストレッチをしなくなった人もあるそうですが、それは本人が決めたことなのでそれで身体が良いのであればそれで良いと思います。しかし本当にストレッチをまったくしなくてもフルマラソン走れる人はおそらく1%程度の人なのではないかと勝手に推測しています。ストレッチが必要か?不必要か?という二者択一問題ではないと私は思うんです。ある程度、自分はこんな時はこうしているというストレッチのやり方をなんとなくやっていることと思います。

整体に来られた人に「ランニング前と後、それぞれストレッチを何分しますか?」と、必ず尋ねるようにしています。人それぞれですが、前は10分くらい、後はやらないです。という人もあれば、前は15分、後は10分くらいという人もあります。本当はどんなストレッチをどんな風にやっているのか目の前でやってみてくださいと言いたいのですが、言ったことはほとんどありません。なぜなら、ストレッチクリニックを開催すると、10人が10人とも口を揃えて言うのが「ストレッチってそうだったんですか~!」「全然分かってなかったです。」と言われるからです。

具体的なストレッチの話は後日にするとして、今は法則の話です。毎回決められたストレッチを決められたとおりに行うのではなく、今日の身体の状態を感じ取ったうえで今やるべきストレッチを行ってほしいのです。と、話し始めてもちょっと分かりづらいと思いますので、いつものように例え話でお話します。

例えば・・・あなたはいま風邪をひきかけていて、身体がだるく少し熱があり、頭がボ~っとして集中力が無くなってきている状態、それでもなんとか仕事を終え、家へ帰る途中だとしましょう。なんとしてでも今晩中に風邪を悪化させずに明日の朝はスッキリと仕事に行きたい。さて、あなたはこれから何をしますか?

お考え下さい。

・何もしない
・風邪薬を買って帰る
・病院へ行く
・熱いお風呂に入る
・お酒を飲みに行く
・ランニングする
・お粥を食べる

今回の問題に対する答えは無限大にあります。そしてその答えは、翌日風邪が悪化せずスッキリと仕事ができていれば、正解です。

私は年に1~2回、このようなことが起こります。そんな時に「自分の法則」を適用させます。季節や身体の状態に応じて多少変えることもありますが、おおむね以下のような感じです。

まずスーパーで買い物をします。買うものは、バナナ、キーウイ、みかん、うどん、豚肉、牛乳、グレープフルーツジュース、卵、ネギ、白菜、キャベツ、キムチ、カレー、ミネラルウォーター・・・などです。と書きましたが実は日常的に冷蔵庫の中にあるものがほとんどですが。料理としては、キムチ鍋やカレーうどんを食べます。そしてフルーツ食べて、水ガバガバ飲んで、牛乳やグレープフルーツジュースもいっぱい飲みます。それから熱いお風呂に浸かって、電気毛布を強にして布団かぶってすぐ寝ます。

これが私が風邪をひきそうになった時に対処する自分の法則です。だからこの通り皆さんもどうぞと言っているわけではありません。私のように、風邪をひきかけたらこうやって未然に防ぐんだという自分の法則を作ってほしいのです。「な~んだ、それだったら持ってるよ」と思い出した人もあるでしょう。そう、そんなことでいいんです。何も難しい事ではなく、自分にだけ合っていればそれでいいんです。基本的に風邪をひきかけた場合、未然に防ぐために私がやりたいことは、「 ①ビタミンBとCを摂る ②身体の中から温める ③身体の外からも温める ④水分いっぱい摂って、尿を何度も出す ⑤便を早く出す ⑥汗をいっぱいかく ⑦寝る 」というものです。

結局やっていることは、身体の中の循環を早くさせることです。そのためにたくさん入れてたくさん出す。汗、尿、便というのはすべて老廃物です。身体の中から老廃物をとにかく早く出したら風邪を未然に防ぐことができる。これが私の考える風邪予防の自分の法則です。

自分の法則というのは風邪に関してだけでなく、ランニングにも卓球にも仕事にも、そして生き方にもすべて私は持論を持っています。それは思いついてすぐできるものはとても少ないです。まず最初は誰かの真似をしてみます。その通りやってもうまくできないことの方が多いので、できないことは排除して、また別な情報からやることを入力します。その繰り返しで自分にできることだけ残っていくことで、自分の法則が出来上がっていきます。

①取り入れ ②実行 ③分析 ④排除

この繰り返しだということです。延々とこの繰り返しをやっていると、自分の法則が出来上がり、ものによっては確立することもあります。ランニングやストレッチにも同じようなことが言えます。私がこれまでこのブログでランニング走法のことを書いてきたのも、私なりにこの循環をして出来上がってきたものです。たまたま私は何においても検証することが趣味のように(笑)、細かく砕いて分析することが好きです。世の中の情報を鵜呑みにせず、自分のアイデアをプラスすることでオリジナリティを作ってきているものと自負しております。世の中の言葉に「絶対」なんてことはあり得ないんです。たとえ1%でも可能性があるのなら、検証してみたいといつも思っています。あなたはあなたなりの自分の法則を作ることで、世の中の流れを横目に見ることができると思います。考えているだけでは正解も不正解もありません。一歩踏み出すことで切り開ける世界があります。なんでもいいので、ひとつ検証してみてはいかがですか?
-------------------------------------------------
私の著書です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)


============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

老廃物を早く排出させるためにストレッチが必要

私が執筆している「マイナビ・肩こり解消を目指すストレッチを動画で学ぶ」も随時更新中。
→「第8回・首を動かすだけで効果大! 整体師が教えるのをためらう極秘ストレッチ
→「第7回・ストレッチ効果のカギは静止時間にあり!
→「第6回・20秒キープすると改善効果が高まる
→「第5回・ストレッチの効果を高めるコツは、力を入れた後のゆっくりした脱力にあり!
→「第4回・腕の力を抜くと肩こり解消につなげやすい!
→「第3回・肩こりを腕の上下動だけで吹き飛ばす!
→「第2回・最短30秒でできるストレッチで仕事の効率化を目指す!
→「第1回・いすに座ったままの楽々ストレッチ
=============================
先日卓球の試合に行った時、私が整体師だと知って腰痛対策を聞きに来た人がいます。マラソンランナーにも腰痛でお困りの人多いですが、卓球にもたくさんいらっしゃいます。私は尋ねました。「卓球した後、ストレッチしてますか?体操は?」どちらも「NO」です。では始める前は?「ちょっとだけ」という回答。そこに問題がありますね。

スポーツしている・していないに関わらず、毎日ストレッチすることは健康にとても良い事です。しかしその方法をよく知らないし、子供の頃から教えられてきた習慣もありません。だから毎日続けている人はとても少ないと思います。私の考えでは「ストレッチする≒身体のケアをする」といつも言っています。「≒(ニアリイコール)」とした点は、まったく同じではないからです。しかし自分で自分の身体をケアする一番簡単な方法、それがストレッチであることを私は確信しています。

食器を使えばその都度洗いますよね。汚れたまま使い続ける人なんていないことでしょう。では身体はどうでしょう?毎日お風呂で洗ってますよ。という声も聞こえてきそうですが、水筒やペットボトルでちょっと考えてみましょう。
すいとう
愛用のペットボトルと水筒

このような水筒の中を毎回きれいに洗う人はどれくらいいるでしょう?ペットボトルを洗って使いまわしする人はあまりいないかもしれませんけど。でもこれらを使い続けるとしたら、表面を洗うことは簡単でも、中の隅々まで洗うことはとても大変です。食器を洗うという例えで考えると、「洗ってます」となりますが、このような形状のボトルとなると中身までスッキリ洗うことが難しいです。では、ヤカンはどうですか?ヤカンの中って気づいたら汚れていることありませんか?湯のみなんて毎回ちゃんと洗っているつもりでも茶渋が付いて汚れてきますよね。だから時々、漂白します。洗っているつもりでも、そんなもんです。中をきれいにしないで使い続けている身体を想像してみてください。

表面と中身という意味でいくと、中がすぐ汚れて困るのが私の場合、車です。
くるま
愛用車の運転席

この足元のマットはすぐ汚れちゃいます。車のボディは月2回くらい洗うんですが、このマットはなかなか洗うことがありません。小石を払い落とす程度ですね。例え話の連続ですが、ボディという意味では、こっちの方が分かりやすいかも? 自分の身体の表面はお風呂で洗うけど、中身は洗わない。車のボディの表面は時々洗うけど、中身は洗わない。

そう、身体の中身を洗ってますか?ということが言いたくて例えを二つ用意しました。「身体のケア」を病院で検査することと勘違いされている人も時々いらっしゃるようですが、それはただ数値を調べに行っただけで何もケアしてませんからね。

そういう意味では、食べ物を選ぶことは身体のケアにつながると思います。しかし現代の食事はいろんな化学物質が入っていますから、身体の中に沈着してしまうこともあります。簡単な言葉に置き換えると老廃物ですね。老廃物は運動することによって排出されますが、それと同時に新たな老廃物も生まれます。だから私たちの身体の中では、常に老廃物と戦ってくれている細胞がいるんです。それが免疫細胞なのですが、その細胞が最大限の力を発揮してもらうための準備が私はストレッチだと考えています。

回りくどい説明になったかもしれませんが、身体のケアをするという意味と大切さ、そして難しさがあります。結局のところ老廃物を身体の中に入れないようにすることはできないし、生まれないようにすることも不可能です。だからこそ早く排出させたいのです。その一番の手段がストレッチだと私は考えます。生きている限りこれはすべての人に共通することです。
-------------------------------------------------
私の著書です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)


============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

感情豊かな中高年だからこそ、イメージストレッチができるはず

私が執筆している「マイナビ・肩こり解消を目指すストレッチを動画で学ぶ」も随時更新中。
→「第8回・首を動かすだけで効果大! 整体師が教えるのをためらう極秘ストレッチ
→「第7回・ストレッチ効果のカギは静止時間にあり!
→「第6回・20秒キープすると改善効果が高まる
→「第5回・ストレッチの効果を高めるコツは、力を入れた後のゆっくりした脱力にあり!
→「第4回・腕の力を抜くと肩こり解消につなげやすい!
→「第3回・肩こりを腕の上下動だけで吹き飛ばす!
→「第2回・最短30秒でできるストレッチで仕事の効率化を目指す!
→「第1回・いすに座ったままの楽々ストレッチ
=============================
お花が綺麗ね、と言うようになると、年取った証拠だと昔聞いたことがあります。確かに若い時はお花なんてまったく目に入ってなかったです。それよりも機械系の動きの方が気になってましたし、人の情に流されるより、行動力のすごさに憧れていました。それが整体の仕事を始めたからか、あるいは奈良に引っ越したからか、ちょうどその辺りの頃から気持ちにゆとりができるようになっていました。

私が初めて整体を習ったのは「ツボ」です。そう、筋肉ではなくツボから入ったのです。ツボを習っただけでは筋肉のことなんてまったく分からないです。だって、筋肉は存在しているけど、ツボは存在してませんからね。いや、誤解のないように言いますが、解剖学的にツボという組織は存在しないということです。

自分の身体を触ってみてすぐ分かるのは「筋肉」と「骨」ですよね。名称までわからなくても、この二つの存在はすぐ分かるはずです。でも「靱帯(じんたい)」や「神経」なんてのは触っても動かしてもどれなのか分かりにくいと思います。簡単に説明しますと、靱帯とは骨と筋肉をつなぎ合わせている組織です。神経というのは信号を送る線です。

もう少しわかりやすく説明します。「アキレス腱」って分かりますか?多分ほとんどの人が分かるし、自分のアキレス腱を触るあるいは掴むことができると思います。このアキレス腱というのは、靱帯なんです。かかとの骨とふくらはぎの筋肉をつなぎ合わせている靱帯がアキレス腱なのです。

神経というのは、目から入ってきた情報を脳へ送ったり、脳から手を動かしたり足を動かすよう指令を伝達する線です。例えるならば電線のようなものです。電線は電気を伝えるための線です。同じように私たちの体の中も微弱な電気信号のやり取りで動くと言われています。その命令を伝えていくのが神経です。

花を見て綺麗だと思う感情はどこからくるんでしょう? と、投げておいて私にはよく分かりません。すみません(笑) それに昔は何とも思わなかったのに、年取ったら綺麗と思えるのも不思議だと思いませんか? すみません、その答えも知らないです(笑) 理由はどうであれ、花を見て綺麗と思える感情があるということはとてもよい事だと私は思います。年取ると涙もろくなる、という言葉もあります。その理由もまた私は知りません(笑) 何度もすみませんね(≧▽≦) 結局のところ、若い時より年取る方が感情豊かになるということではないでしょうか?

マラソンは中高年から始める人がとても多いです。中高年だからこそ、私が提唱する「イメージストレッチ」が分かるのではないかと考えます。なぜなら感情豊かになっている年齢だからこそ、筋肉の些細な変化に気付けるはずなのです。ただ今までそんなこと考えたこともないからまだ分かっていないだけで、これから「イメージする」という考え方でストレッチしていけば、きっとそれが分かってくるはずなのです。そのためにも、筋肉や靱帯がどんな性質を持っていて、身体の中でどう作用しているのかが分かるとおのずと理解もできてくると思うんです。だからといってこれからみなさんに解剖学を学びましょうとは言いません。ただまったく知らないではイメージもしにくいと思います。なのでこれからちょくちょく解剖学的なことも触れながら少しずつイメージストレッチとはどんなものなのか、私が本当に伝えたいことが少しでもいいから、一人でもいいから伝われば嬉しいです。「私は想像力が乏しいから」なんて思っている人もあるでしょう。でも大丈夫です。私もちょっと前まで欠落していた人間ですから。きっとあなたにもできます。
-------------------------------------------------
私の著書です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)


============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

46呼吸法

私が執筆している「マイナビ・肩こり解消を目指すストレッチを動画で学ぶ」も随時更新中。
→「第8回・首を動かすだけで効果大! 整体師が教えるのをためらう極秘ストレッチ
→「第7回・ストレッチ効果のカギは静止時間にあり!
→「第6回・20秒キープすると改善効果が高まる
→「第5回・ストレッチの効果を高めるコツは、力を入れた後のゆっくりした脱力にあり!
→「第4回・腕の力を抜くと肩こり解消につなげやすい!
→「第3回・肩こりを腕の上下動だけで吹き飛ばす!
→「第2回・最短30秒でできるストレッチで仕事の効率化を目指す!
→「第1回・いすに座ったままの楽々ストレッチ
=============================
「ストレッチの大切さ」をこれまで幾度と書いてきました。でもまだまだ浸透していない感があります。なので、これからこのブログではもっとストレッチを浸透させるためにどんどん書いていくことにします。また動画も作っていきたいと考えています。言葉と写真では伝わらない細かいところをお見せしていきます。が、今回は文字です(笑)

私がお勧めしているストレッチはオリジナルです。もちろん誰でも知っている従来のものもありますが、他では見ないものがいくつもあります。ずいぶん前に新体操の先生とお話しした際に、私のオリジナルのストレッチを披露しましたら「え~、こんなの知らなかったー、これすごいですね~!帰ったら早速生徒に教えます。」って感動されたことがあります。

私のストレッチ、これを今日から「鮎川式イメージストレッチ」と名付けました。このネーミングでピンときた方は真の私のファンでしょう(笑) いや、ちょっと忘れていただけ、という方もあるでしょう。ですので今日は基本中の基本のおさらいから始めることにします。まず一つ目に大切なのは、呼吸です。

「4秒かけて鼻から息を吸い、6秒かけて口から息を吐きます。」

これを私は46呼吸法と呼んでいます。

日常生活からずっとこの呼吸を意識すると身体がずいぶん変わります。がしかし、なかなか常にとはいかないので、ストレッチをする時にはぜひ46呼吸法を意識しながら行ってほしいのです。

椅子に座っていても、仰向けに寝転んでいても、どんな状態でもかまいません。ただ、静かな場所や時間帯を選び、自分の心臓の音が聞こえるくらい、実際は聞こえませんがそれくらい静かに意識を集中すると効果はさらに高くなります。

まず最初に秒数の練習ステップ1です。
(1)秒数の分かる時計を用意してください。
(2)秒針を眺めながら、4秒かけて鼻から息を吸い、6秒かけて口から息を吐きます。

実は最初はなかなかできないです。そう、こんな単純なことが簡単ではないのです。ウソだと思うならやってみてください。私たちの普段の呼吸はもう少し早いです。4秒+6秒=10秒ですので、秒針がものすごくゆっくりに感じます。秒針を眺めながら、まずはこの46呼吸法をやってみて、1分間続けてできるようになれば次のステップへ行きましょう。

「腹式呼吸ですか?それとも胸式呼吸ですか?」と尋ねられたこともあります。私は限定することをしませんので、ご自身のやりやすい方で行ってください。

ではステップ2を始めましょう。
(1)安静にした状態で目を閉じます。
(2)鼻から4秒吸って、口から6秒吐きます。
(3)(4+6)×6=1分間できれば終了です。

目を閉じていますので、秒数はだいたいで結構です。そのために先に秒針を眺めながら練習しましたよね。頭の中で4と6を数えてください。何度かやっていますと、目を閉じて静かにしているのでいろんな想像力が働くようになってきます。

実はここからが私の真骨頂です!そう、想像力を大事にしてほしいのです。それこそが「イメージストレッチ」なんです!

・血液が流れていく想像
・酸素が運ばれていく想像
・筋肉がリセットする想像
・関節が柔らかくなる想像

このような想像ができるようになると、身体が変化していきます。ストレッチしている時には「どこの筋肉が伸ばされているのか想像しましょう」と必ず私は言っています。他にもいろんな想像ができるようになるとストレッチの効果が何倍にも何百倍にも大きくなるんです。想像せずに形だけ真似していても、ほとんど効果がないこともあります。その差は、想像できた人にしか分かりません。その差、つまり効果を知っていただきたいので、これからも「鮎川式イメージストレッチ」を推奨していきます。それはマラソンするためだけのものではなく、健康で楽しい人生を送るために必要不可欠なものとして。
-------------------------------------------------
私の著書です
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)


============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
このサイトの目的
健康やダイエットのため
走り始めたのに、
膝や足腰が痛い、
疲れが取れないなど、
良かれと始めた運動が
逆効果で困っていませんか?

整体師だからこそわかる、
筋肉や身体のケア方法や、
筋肉痛知らずで、
楽に長く走る方法、
そして、フルマラソン完走
ノウハウも含めて、
全部お教えします。
ご注意
このサイトで紹介している ストレッチや体操は、 自己責任で行って下さい。 万が一、ケガや故障が起こりましても、 一切責任は負いませんので、 くれぐれもご注意ください。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


マイナビでコラム書いてます

記事数が増えましたので、目次から探しにくい時は、下の枠内に読みたい言葉を入力して探すことができます。
目次(新しく記事を書くたびに追加していきます)

◆はじめまして。

◆マラソン本の練習メニューなんて、こなせるわけがない!

◆何事も無理をしてはいけません

◆メルマガ登録始めます。

◆RYO整体院のりょうです


●なぜ走る?

◆健康のために走っているのに、なぜ、健康にならないか?

◆運動が健康のためではなく、逆に痛めつけている。

◆あなたはマラソン?ジョギング?

◆生きているからこそ走れる

◆速く走れることにどんな意味がある?

◆ランナーにすれ違う時、挨拶しますか?

◆運動オンチの私がなぜ、マラソンを始めたのか?

◆東北の人に負けないように、私も走ります

◆音楽の力は、生きる力を与える

◆走れるんだから走ろう!


◆100万アクセス突破!

◆100万アクセス突破までの軌跡

◆今年の目標設定されましたか?

◆だって、楽しくないことはやりたくありません!

◆エンジョイランは、スポーツではなく健康的な遊びです

◆150万アクセス、突破しました!

◆エンジョイランは、心から楽しむためのマラソン方法

◆「自分らしく」というのが一番楽しい!

◆目標だけではなく、過程を楽しむ!

◆いっぱい楽しんだもの勝ち!

◆マラソンブームに困惑する人がいる

◆人生楽しんだもの勝ち!

◆目標を定めず、漂流を楽しむ!

◆元気でも肉体は衰えている

◆200万アクセス突破!感謝します。

◆フルマラソンは誰との戦い?

◆防災×健康×マラソン=明るい未来(250万アクセス突破)

◆先輩の教訓を生かして走り続ける

◆過程を楽しむことが大切

◆積み重ねではなく、経験やノウハウを排除する

◆なぜフルマラソンを走る?

◆過去の記録を役立てて今日を生きる

◆市民レベルの特権=うまくいかなくても満足する気持ち

◆人生初のDNS

◆リオ五輪選考基準への疑問~福士選手頑張れ!

◆学べることの幸せ

◆今日はどんなことを発見しましたか?


●ストレッチ・レッスン(静的)

◆ストレッチとは何か?

◆ストレッチは必要ない?

◆ストレッチはやらなければいけないですか?

◆ストレッチは全部やらなければなりませんか?

◆ストレッチを何分やらなくてはいけませんか?

◆うまくストレッチができないという方へ

◆筋肉と会話する

◆基本編

◆応用編

◆太もも-1

◆太もも-2&肩甲骨

◆太もも-3(ねじる)

◆太もも-4(内側)

◆太もも-5(開脚)

◆太もも-6(外側)

◆太もも-7(女の子座り)

◆太もも-8(膝をあまり曲げずにする方法)

◆ハムストリングス-1

◆ハムストリングス-2

◆ハムストリングス-3

◆太もも後ろ&ひざの裏

◆太もも後ろ&ひざの裏(その2)

◆太もも後ろ&ひざの裏(その3)

◆太もも後ろ&ひざの裏(その4)

◆ふくらはぎ

◆アキレス腱

◆足の指

◆太もも&背中&脇腹&肩甲骨&首

◆脇腹&そけい部

◆そけい部&腰

◆ひざ下/前脛骨筋&つま先

◆足首&前脛骨筋

◆背中&腰&お尻&ハム

◆肩甲骨&背中&腕

◆お尻

◆足全般

◆腰

◆腰~横腹

◆腰~背中-1

◆腰~背中-2

◆腰~背中-3

◆腰~背中-4

◆腰~背中-5

◆背中~肩甲骨

◆肩こり解消ストレッチ(その1)

◆肩こり解消ストレッチ(その2)

◆肩こり解消ストレッチ(その3)

◆肩こり解消ストレッチ(その4)

◆肩こり解消ストレッチ(その5)

◆肩こり解消ストレッチ(その6)

◆肩こり解消ストレッチ(その7)

◆新聞読みながら開脚ストレッチ

◆新聞読みながら開脚ストレッチ(硬い人用)

◆足裏ストレッチ(足底腱膜炎の予防)

◆足首ストレッチ/五段活用(同時に前脛骨筋ストレッチ)


●動的ストレッチ

◆股関節

◆太もも

◆ひねりー1(ウエスト)

◆ひねりー2(腰、背中)



●バランスボールを使ったストレッチ

◆太もも後ろ側、股関節

◆股関節、お尻

◆背中、腰

◆横腹、脇

◆背中ねじり


●ストレッチ&エンジョイラン・クリニック

◆ストレッチ&エンジョイラン・クリニック開催しました

◆チェックシートを付けて身体の状態を知る

◆ストレッチをして身体が楽になった

◆第2回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第2回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆呼吸の練習をしただけで、痛みが取れる?

◆筋肉にアプローチしているという感覚が初めて分かりました

◆第3回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆ストレッチの出張クリニックいたします

◆これまでストレッチだと思っていたことが、違っていた

◆力が抜けて、リラックスできた

◆第4回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第4回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆第5回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第1回エンジョイラン走法・クリニック(フォーム中心)を開催します

◆5回目のストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆エンジョイラン走法の個人レッスン後、10kmを58分で完走!

◆第1回エンジョイラン走法・クリニック開催しました

◆第6回ストレッチクリニック開催します

◆第7回ストレッチクリニック開催します

◆第6回ストレッチクリニック開催しました

◆第7回ストレッチクリニック開催しました

◆第8回ストレッチクリニック開催します

◆第8回ストレッチクリニック(ボール編)開催しました

◆第9回ストレッチクリニック開催します

◆第10回ストレッチクリニック開催します

◆第9回ストレッチクリニック開催しました

◆第10回ストレッチクリニック開催しました

◆第11回ストレッチクリニック開催します

◆ランニング個人レッスン

◆第11回ストレッチクリニック開催しました

◆レッスンでは、自分ができたかどうかのチェックが必要!


●筋肉痛解消マッサージ

◆前脛骨筋

◆ふくらはぎ

◆太もも(外側と裏側)

◆太もも(上側と内側)


◆フルマラソン終了後、立つのも激痛、歩くのも激痛・・・


●身体ケア

◆筋肉痛になってしまったら?

◆マラソンに、筋トレは必要なし!

◆足がつるとは?

◆私は筋肉痛になりません!

◆道具にこだわるなら、身体のケアにもこだわるべき!

◆自分で身体のケアができない人へ

◆レース中に、ふくらはぎがつった場合の応急ストレッチ

◆レース中のふくらはぎストレッチ

◆ストレッチをやっているのに、痛みが取れない

◆そもそも、身体のケアとは何か?

◆フルマラソンと小室サウンドが似ている理由

◆筋肉が硬くなると、どうなる?

◆呼吸の仕方だけで身体が変わる

◆ストレッチをする時間がない場合、どうする?

◆激痛との戦い、解決策は?

◆ストレッチ中は、目をつぶる!

◆あなたの歩幅は、左右おなじ?

◆ふくらはぎのむくみ解消、筋肉痛改善

◆マラソンに筋トレはやっぱり不要!

◆筋肉痛の時は走らない方がいいですか?

◆親指の爪が剥がれるんですけど・・・

◆お尻が痛い、筋肉痛を自分で治すやり方

◆筋肉が硬くなるから、関節が動きにくくなる

◆持久力UP!遅筋を増やす方法

◆マラソンに向いている身体を作ることは可能

◆マラソンをすると、なぜ風邪をひきやすくなるのか?

◆1kg体重が増えると、1kmのハンディとなる

◆ボルタレンを服用するのは良いのか?

◆私の身体には「風邪センサー」が付いています

◆寒い日は踏台昇降で汗をかきます

◆脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント症候群)とは?

◆アキレス腱炎とは?

◆温度変化型全身浴のススメ

◆寒い日の朝は、ぎっくり腰に要注意!

◆何事も適度が一番です

◆納得しないことは受け入れられない

◆O脚とガニ股は違う

◆XO脚、X脚、OX脚の人もいます

◆日常生活によるクセが原因で歪む

◆無理、無茶、無謀

◆ストレッチのやり過ぎはよくないですか?

◆マラソンやっていると、本当に健康?

◆マラソンすると、肩が凝る

◆マラソンしているのに、血行不良が起こるとは?

◆生活習慣ってよく聞くけど、それってなに?

◆筋肉は左右偏りなく動かすと良い

◆筋肉は伸ばし、関節は回す

◆患者も身体の事について知識が必要だ

◆偏平足はダメなのか?

◆病院へ行くより、整体の方が即効性が高い

◆人間は自分の身体を自分で治す力がある

◆精神的にゆったりした気持ちになると、不調が取れる

◆自律神経とは?

◆「力まない」と、「脱力する」は違う

◆神経が誤動作する

◆呼吸の仕方で筋肉を緩める

◆骨?関節?ボキボキ鳴るのはなぜ?

◆ストレッチが分かった瞬間の言葉

◆筋肉痛解消用品

◆左右のバランスが悪い

◆患部に触りもしない医師

◆3軒目のレントゲンで骨折が発覚

◆足裏、土踏まずが痛い

◆医師も人間、間違いはある

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」(解決策その1)

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」(解決策その2)

◆初フル後、10日経っても関節がまだ痛みます

◆睡眠中に足がつる

◆身体の後ろで両手が組めない

◆膝裏が痛い、自分で治すやり方

◆走りたいのに走れない人へ

◆なぜストレッチが続かないのか?

◆なぜストレッチが続かないのか?解決案

◆ストレッチは、効果が分かれば続けられる

◆あなたの筋肉も労働している

◆身体が硬い=背中が硬いのですか?

◆関節の可動範囲が大きい人は、身体が柔らかい

◆背骨の仕組み(脊椎)

◆身体の不調の大部分は、後ろ側にある

◆かかとが痛い・・・足底腱膜炎

◆かかとが痛い・・・踵骨骨底棘

◆「痛み」とは、身体が発する危険信号です

◆片側だけ痛むのは、悪いクセが原因

◆動けなくなるほどの痛みは危険です

◆テニスボールの弾力が身体ケアに役立つ

◆ジョギングしたのに、足がむくむのはなぜ?

◆むくみのメカニズム

◆リンパとは、ゴミ回収車のようなもの

◆疲労物質は急に止まらない!

◆寝る直前のストレッチを必ず行う

◆質の良い眠りへ誘導するためにストレッチを!

◆ツボの場所探しはとても難しい

◆ツボ押しよりストレッチが効果的

◆3ヵ月経っても痛みが引かない

◆熱中症とは?

◆体温調節機能で保たれている

◆痛風とは?

◆痛くてもホノルル走りたいけど、大丈夫?

◆オリンピックに影響されて、追い込み過ぎないように!

◆あなたは左右同じように、本当に動いていますか?

◆危険信号を早くキャッチしてください

◆足の甲が痛い→その理由と予防策

◆足の甲が痛い→その理由と予防策(その2)

◆健康のためのタイム目標でありたい

◆これから先、痛みや故障とならないために。

◆「足の甲が痛い」緊急調査!

◆そのうち、そのうちと思っている間に、大変なことになります

◆「足の甲が痛い」調査の分析結果

◆その程度でお帰りいただくわけにはいきません

◆自分の身体が教材であり、患者で先生でもあります

◆私は、20歳若く見られます!

◆病院へ行くべきかどうするべきか?

◆予防とは、検査に行くことでも、保険に入ることでもありません

◆背骨が曲がっている!

◆左手マウスで身体の歪み解消!

◆左手歯磨きで左右のバランスを整えよう!

◆身体と同じで柔軟な思考もお忘れなく!

◆湿布薬は効果あるのか?

◆足の親指が痛い!

◆「足の甲が痛い」解消法・・・シューズを変えてみる

◆ストレッチ不要論

◆知識があるとないの違いは大きい

◆ストレッチのし過ぎで痛めることはない

◆10/12(月・祝)FMラジオに出演します

◆なぜ筋肉痛になるのか?(ラジオ出演の補足)

◆整体は相性で効果が変わる


●自力整体

◆脛(スネ)が痛い

◆ふくらはぎが痛い

◆太ももや膝が痛い

◆足首・土踏まずが痛い

◆ひざが痛い→その1(お皿)

◆ひざが痛い→その2(太もも)


●膝(ひざ)ケア

◆走り始めの膝の痛み(その理由)

◆走り始めの膝の痛み(対処方法)

◆走るとなぜ、膝(ひざ)が痛くなるのか?

◆膝に痛みが出たらどうする?

◆膝の痛いところの解消法(押してみましょう)

◆膝関節のイラスト

◆体重が足の外側へかかるのは危険!

◆足がまっすぐ出るタイプ?出ないタイプ?

◆膝に悪影響を与えているのは「ひねり」

◆つま先が外向くと、膝を「ひねる」からダメ!

◆マラソンは膝のお皿に悪影響を与える

◆マラソンするなら、腸脛靭帯炎は知っておこう

◆走り始めに膝(ひざ)が痛い人の対処法

◆ひざを曲げると「ピキピキ」と音が鳴る

◆膝の屈伸テスト

◆膝の痛みを自分で治した方法

◆膝を痛めた原因は、太ももにあり!(外側)

◆膝を痛めた原因は、太ももにあり!(内側)


●関節の運動

◆ケガのないよう、注意して行って下さいね

◆肩関節の運動(その1、その2)


◆肩関節の運動(その3)

◆肩関節の運動(その4、その5)

◆足首の運動(その1)

◆足首の運動(その2)

◆膝関節の運動

◆股関節の運動(その1)

◆股関節の運動(その2)

◆股関節の運動(その3)

◆股関節の運動(その4)

◆股関節の運動(その5)

◆股関節の運動(その6)


●骨盤矯正

◆大元の原因は、骨盤にあり!

◆骨盤矯正は病院ではやってもらえない

◆骨盤矯正のホントの本当

◆骨盤矯正(骨盤歩き)

◆骨盤矯正(まっすぐ動かす)

◆骨盤矯正(横へ動かす)

◆骨盤矯正(平行に動かす)

◆骨盤体操-1

◆骨盤体操-2


●アイシングについて

◆アイシングとは?

◆アイシングの方法

◆アイシングの目的は冷やすことではない

◆アイシングが逆効果?

◆冷やす→温めるを繰り返すと、さらに良い

◆シャワーでアイシングする方法

◆アイシングの目的をはっきりさせよう


●コンプレッションウエアについて

◆痛みを道具でカバーするのは間違っている

◆筋肉の補助を外したら、また痛みます

◆レース用シューズ、レース用ウエア


●ストレッチに役立つ右脳の動かし方

◆「ジョギングがつまらない」という相談

◆感動する心が若さを保ち、ストレッチにも役立つ

◆筋肉にセンサーを動かしてみよう!

◆想像力を養う遊び(その1)

◆想像力を養う遊び(その2)

◆想像力を養う遊び(その3)

◆想像力を養う遊び(その4)

◆筋肉は浅いところと深いところがある


●楽に長く走る方法

◆楽に走りたければ、走らないこと・・・その真意は?

◆楽に走る方法(エンジョイラン走法)

◆1、二本のレールをイメージして進む

◆2、体重移動で身体を前へ進める

◆3、足はまっすぐ出す

◆4、身体の重心の真下に着地する

◆5、内股に体重を乗せる。

◆6、足首、つま先などを使ってキックしない

◆7、着地時に地面を押さない

◆8、前に出した足を引き付けるようにしない

◆9、身体は水平移動のイメージ

◆10、骨盤移動で前進する

◆11、呼吸は日常生活と同じ

◆11の2・・・6拍子呼吸法

◆12、腕は楽に力を抜く

◆13、きれいなフォームより、ケガをしないフォーム

◆13の2・・・正しい姿勢を目指す必要なし

◆膝下(前脛骨筋)に負担がかかる理由

◆膝下(前脛骨筋)に負担をかけない具体的な方法

◆2本のレールの上を進む具体的な方法

◆走るという、固定概念を捨てること

◆歩く時も走る時も、小股です

◆このコツさえ覚えれば、楽に長く走れる

◆筋力ではなく、技術でもなく、コツを覚える

◆後傾姿勢は効率が悪い

◆前傾姿勢を覚えるための、邪道なやり方

◆エンジョイラン走法における、上り坂の攻略法

◆膝の屈伸力で全体重をうまく受けると楽になる

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・1)

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・2 「ピョンピタ」)

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・3「ひざを考える」)

◆マイナビニュースでコラムを書き始めました

◆なぜ、華奢な身体でも大丈夫なのか?

◆体軸のバランスをテストしてみよう!

◆マイナビニュースでのコラム第2回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第4回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第5回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第6回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第7回目UPされました

◆6拍子呼吸法の詳細

◆マイナビニュースでのコラム第10回目UPされました

◆痛くても走るか?止めるか?その基準は?

◆つじつま合わせができると完走できる


●マラソン・ノウハウ

◆こまめな水分補給って、具体的にどれくらい?

◆梅肉チューブで塩分補給!

◆フルマラソンにおける、体力低下イメージ

◆なぜ、フルマラソンが完走できないのか?

◆身体の耐久力を鍛える?それとも・・・

◆耐久テストで現れた欠陥!

◆必ずコースの試走をする

◆長時間、長距離走を経験するべし!

◆徐々にタイムを縮める、少しずつ距離を伸ばす

◆完走できなかった悔しさが力になる

◆「フルマラソンを完走できませんでした」という相談

◆プロとアマチュアのフォームは違っていて当たり前

◆走り始めがしんどい

◆「練習では43km走るのに、大会ではリタイヤ」という相談

◆夜ランの灯り、ライトを持つ?

◆マラソンに、いろんな練習方法は必要なし!

◆マイペース走&マイテンポ走で、楽に長く走る

◆苦しい時には、自分のテンポ曲を思い出す

◆心拍数、スポーツ心臓とは?

◆有酸素運動、無酸素運動とは?

◆美容と健康のためにマラソンを!

◆脂肪が燃焼するって、どういうこと?

◆ダイエットするなら、空腹ランニング

◆ランニング中の鼻水、どうする?

◆寒い日になぜ鼻水が出るのか?

◆映像に撮ると「自分の走るクセ」が良く分かる

◆NHKテレビ「3か月でフルマラソン!」始まる

◆300kgの重りが、1時間で5,000回も膝に衝撃を与える

◆トレッドミルだけのトレーニングで、フル完走が可能か?

◆ウォームアップを必ず行う

◆路面から受けるストレス(路面の傾斜)

◆路面から受けるストレス(路面の凸凹)

◆路面から受けるストレス(路面の段差)

◆テレビ番組を鵜呑みするのは危険です

◆何も変えていないのに、肩が痛みだした

◆水分補給は、のどが渇いてから

◆塩分補給をこまめに

◆「低ナトリウム血症」で、死亡者も発生

◆発汗量と脱水率の計算方法

◆練習後は喉が渇いて、コーラをがぶ飲みして困っている

◆サブフォー達成ならず・・・

◆奈良マラソン2012の反省&分析結果の報告

◆RUNNET(ランネット)混雑時の必勝法

◆勝手気ままな、セルフ・トレーニング-1

◆9/29(日)奈良マラソンの分割試走(26.3km)に行きます

◆意図的に力を抜くという、逆転の発想理論!

◆つま先着地は、かかとを着けず、つま先だけで着地するの?

◆大切なのは、自分の本当のリズム

◆練習で、42.195kmを一気に走ることがありますか?

◆まっすぐ行く?行かない?

◆RUNNET(ランネット)先着順受付必勝のコツ

◆RUNNET先着順受付で「失敗しない方法」2015

◆ある日突然痛みが出た

◆自分目線で足の出方をチェックしよう

◆自分目線で足の出方を修正する方法

◆下り坂がなぜ膝に悪影響を与えるのか?

◆ママチャリでもトレーニングに使えます。

◆アンクルウエイトで負荷を加える

◆マラソンは未来との戦い

◆花粉症対策/鼻と目

◆花粉症対策/のど

◆マラソン大会のネット受付は、今のままでいいのか?

◆マラソン大会の収支はどうなっている?

◆レース当日の雨、あなたならどうする?

◆テーピングのお陰で、奈良マラソン2015完走しました

◆関節は硬い方が良いのか?

◆寒い日の走る前のウォーミングアップに踏み台昇降

◆フルマラソンが完走できないとのお悩みをいただきました

◆追い込んでいるのに結果がついてこない

◆初フル参加へのアドバイスお願いします

◆マラニックは疲れるのにおススメする理由

◆どうしてもサブ4達成したい!というご相談

◆GPS機能付ランニングウォッチの買い替え

◆天国か地獄か?その差ってなんですか?

◆ランニングフォームは何を信じたらいいのか?

◆スタミナ切れの原因

◆心拍数を抑えるために、6拍子呼吸法

◆人体を理解すると、動きやトレーニングにだいぶ差が出る


●ひとりでする、ランニングフォーム改善方法

◆改善方法(その1)

◆改善方法(その2~観察)

◆改善方法(その3~スロー)

◆改善方法(その4~意識化)

◆改善方法(その5~ひとつずつ)

◆改善方法(その6~左右対称)

◆改善方法(その7~足音を気にする)

◆改善方法(その8~わざと間違ってみる)

◆利き手、利き足の関係(その1)

◆利き手、利き足の関係(その2)

◆利き手、利き足の関係(その3)

◆一度聞いただけでできたら苦労しない

◆知らず知らずにランニングフォームが変わっていく原因

◆路面の傾斜が原因でフォームが変わっていく

◆フォームの修正は、クセの修正でもある


●故障からの脱出方法

◆年齢を考える


◆速度を考える

◆速度を考え直す

◆回復を待つ

◆隠さないで打ち明ける

◆故障の原因を探る

◆重心を考え直す

◆リハビリは、ウォーキングから再開する

◆知らず知らずのうちに、間違ったフォームになっている

◆痛みの原因を自分で見つけ出すと改善は早い

◆人は人、自分は自分!

◆負けても楽しい接し方

◆失敗から教訓を得る

◆習慣を変えるのは困難?

◆痛みが反対側に現れる!?

◆痛みのあるところに原因があるとは限らない

◆故障で走れない間はどうするのか?

◆転んでもただでは起きない

◆リハビリランは、「歩き」をたっぷり交える

◆膝が痛くなった原因を探ってみました

◆WALK&RUNで、楽に長く行ける!

◆WALK&RUNが楽な理由

◆2種類のRUNで、歩かず走りきる方法

◆実年齢と気持ち年齢のギャップ

◆故障から練習再開する際に注意することは?

◆マイナビニュースで「腰痛改善」コラムを始めました。

◆肉離れで全治3週間からの再開方法


●マラソン・ノウハウ(大会準備)

◆大会当日に初めて身に付けるのは危険

◆表を持って走り、通過タイムでペース確認する

◆あなたのトイレラップは何分?

◆時間計算の相棒

◆予想タイム表

◆ラップタイムをどこで計りますか?

◆私のマラソン大会・必需品

◆私のマラソン大会・必需品(その2)

◆レースでは何を身につけて走る?

◆ボトルポーチを改良して重量分散

◆レース直前は、栄養源を身体に蓄えよう!

◆マラソン大会にエントリーするのもネットから

◆参加賞と完走メダルは、本当に有難いのか?


●マラソン・ノウハウ(大会当日)

◆レース中にできるストレッチ

◆レース中の栄養補給に、ゼリー飲料持参

◆マラソン途中から足が動かない・・・解決法

◆ガス欠=スタミナ切れを起こさないために

◆失速しない走り方、方法

◆スタート前の寒さ対策

◆服が擦れて痛い、切れる、血が出る。

◆大会当日のウォーミングアップ

◆奈良マラソン、完走しました(休まず走り切ろうとすると失敗する)

◆私の奈良マラソン2011分析グラフ

◆ハイタッチで、お互い勇気をもらい合う!

◆給水ポイントのテーブルは複数ある

◆給水コップの上を鷲掴みすると、楽に飲める

◆名前入りゼッケンは、元気100倍!

◆リタイヤした場合、そのまま自宅へ帰ってもいい?


◆マラソン大会途中、前を行くランナーが倒れた!どうする?

◆給水ポイントで体力回復を狙うのが一番

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その1)

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その2)

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その3)

◆ビニール袋2枚を重ね着して防寒対策で成功


●靴の履き方・選び方、インソール

◆あなたの靴の履き方は間違っている

◆靴の選び方

◆マラソンシューズの寿命はいつ?

◆靴下はどんなのを履く?

◆足の甲が痛い/靴の履き方で解消するワザ

◆インソールを入れ替える必要はあるのか?

◆インソールを途中で入れ替えると、シューズの寿命は延びるのか?


●折れない心の作り方

◆コース作り

◆同じコースを何度も走る

◆ペースを落とす

◆タイムを記録する

◆悪魔のささやきを断ち切る

◆お願いしたら、お礼に行くのが礼儀です

◆目標は他人に宣言するから達成できる

◆楽しさを見いだせなくなったら、お散歩ラン!

◆他人は他人、自分は自分。


●三日坊主からの脱出方法

◆1・記録を付ける


◆2・ぼちぼちやりましょ

◆3・とにかく出てみる

◆三日坊主は、三日やるから続かない

◆動機は不純な方が続きやすい

◆継続するには、目標を設定すること

◆マラソン始めたら、周りに言い触らしましょう!

◆通勤ランをする人

◆休日ランだけで、サブフォー達成した人

◆深夜ランのライフスタイルしかできない

◆早朝ランで規則正しく

◆寒さと億劫で走る気力がない時の解決法


●栄養、食事

◆スポーツドリンクは飲みにくい?

◆アイソトニック飲料とハイポトニック飲料とは?

◆人の体液と同じ浸透圧だから吸収率が早い

◆サプリメントは必要?それとも無駄?

◆ミネラル不足とは?

◆疲労回復のために、タンパク質を摂る

◆BCAAとは?

◆アミノ酸を摂り過ぎると太る?

◆プロテインは必要か?

◆ハンガーノックとは?

◆栄養ゼリー1本で17分

◆栄養ゼリーは薄めると飲みやすくなる

◆ミネラルウォーターで、ミネラル補給ができる

◆塩分補給には、天然塩がおススメ!

◆鉄分とは?

◆カルシウムをサプリメントで摂り過ぎると危険

◆バナナの保存方法


●夏対策

◆汗でベトベトにならない夏仕様ボトルポーチ

◆夏をおろそかにすると負ける

◆熱中症の原因

◆吸汗・速乾のポリエステル100%と、綿100神話


●ランニングイベント

◆第一回・奈良名所巡りエンジョイランニング~秀吉献上の餅を食べて法隆寺へ

◆第二回・奈良名所巡りエンジョイランニング~奈良市内で訪れたい観光名所を欲ばりチョイス!

◆「第一回・奈良名所巡りエンジョイランニング~秀吉献上の餅を食べて法隆寺へ」 開催しました

◆「第二回・奈良名所巡りエンジョイランニング~奈良市内で訪れたい観光名所を欲ばりチョイス!」 開催レポート

◆第三回・奈良名所巡りエンジョイランニング~原始林のマイナスイオン森林浴と芝生の三重奏

◆「第三回・奈良名所巡りエンジョイランニング~原始林のマイナスイオン森林浴と芝生の三重奏」 開催レポート

◆第四回・奈良名所巡りエンジョイランニング~矢田丘陵から大和の国を見下ろす絶景と斑鳩の里

◆9/19(月・祝)第四回奈良名所巡りエンジョイランニングは雨天中止

◆第5回・奈良名所巡りエンジョイランニング~箱庭のようなのどかさ満喫の柳生街道と石仏の名作


●エンジョイラン・販売物

◆エンジョイラン商品化第1弾!DVD 5/1発売!

◆DVDの感想をご紹介します

◆エンジョイラン、ついに書籍化決定!

◆私の本、amazon「売り切れ」でご迷惑をおかけしております

◆私の本、楽天ブックス・デイリーランキング第1位!!

◆今日も、私の著書がランキング第1位です!

◆ウイークリーランキングで、第1位を獲得しました!

◆書店では、面陳列、平積み店も多数あります!

◆私の声でエンジョイランを聴いてみませんか~国立FM

◆増刷決定!発売から約半年です!

◆200万アクセス突破記念、DVD特別価格!(数量限定!)

◆300万アクセス突破記念、DVD特別価格!(期間限定!)

私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ロゴ enjoyrun
管理人:りょう
奈良市在住の整体師

このサイトは、こんな人が対象です。
1、健康やダイエット
  のために走っている。
2、楽に長く楽しく走りたい。
3、フルマラソンを止まらず、
  歩かず、完走したい。
4、筋肉痛になりたくない。
  また、すぐ改善させたい。
5、疲労を溜めたくない。
  また、すぐ回復させたい。
6、怪我、故障をしたくない。

RYO整体院ロゴー中
奈良市南登美ケ丘14-12
グリーンヒル学園前105号
RYO整体院
TEL.0742-44-8667

奈良マラソンを走ろう バナーロゴ


アクセスカウンター(TOTAL)
  • 累計:

300万アクセス突破!
   →2015年10月27日

200万アクセス突破!
   →2014年4月24日

100万アクセス突破!
   →2012年12月19日

スタート
   →2011年7月5日

バナー お問い合わせ

バナー メルマガ登録始めました



DVD発売中!

お風呂で毎日できるかんたんマッサージ/ジャケット
筋肉痛改善DVD
好評発売中!

facebookはじめました

最初から毎日書き続け、7/3で365投稿達成しました。今後は、毎週月曜日更新+αくらいで書いていきます。日付の上にマウスを持っていくだけで(クリックしなくても)、その日のタイトルが表示されます。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ギャラリー
  • 紫外線対策
  • 紫外線対策
  • 股関節が詰まった感じがする
  • 股関節が詰まった感じがする
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 「第21回・奈良観光ラン/佐保川と秋篠川をのんびりお花見ランニング!」開催しました
  • 第23回・奈良観光ラン/古都の都・平城京天平祭と西市船着場
  • 第23回・奈良観光ラン/古都の都・平城京天平祭と西市船着場
  • 第23回・奈良観光ラン/古都の都・平城京天平祭と西市船着場
  • 第23回・奈良観光ラン/古都の都・平城京天平祭と西市船着場
  • 第23回・奈良観光ラン/古都の都・平城京天平祭と西市船着場
  • 第23回・奈良観光ラン/古都の都・平城京天平祭と西市船着場
  • 第23回・奈良観光ラン/古都の都・平城京天平祭と西市船着場
  • 第23回・奈良観光ラン/古都の都・平城京天平祭と西市船着場
  • 第23回・奈良観光ラン/古都の都・平城京天平祭と西市船着場
  • ランニングは遊びでしょうか?
  • ランニングは遊びでしょうか?
QRコード
QRコード
走った距離時間を記録するサイト

時速と、1km当りの距離数は
どちらも自動計算してくれます。

RUNNET
■大会へのエントリー可能
■日常の記録を残す
・距離、高低差の表示可能
・自動計算
・グラフ化

JogNote
■日常の日記を残す
・距離表示可能(高低差表示なし)
・自動計算
・グラフ化

著作権について
●「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」に掲載されている文章や写真、イラスト、画像などの著作権は、管理人「りょう」にあります。 ●「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません。 ●利用許諾については、メールにてお問い合わせください。
当サイトへのリンク
●「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」へのリンクは、原則としてご自由に設定していただいてかまいません。承認のための連絡は不要ですが、コメント欄、もしくはメールにて報告いただけますと幸いです。●トップページ以外へのリンクは予告なしにファイル名を変更することがありますのでご注意ください。トップページのアドレスは、http://enjoy-run.comです。 ●リンクを設定する個所には、「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」へのリンクである旨を明記してください。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


  • ライブドアブログ