整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)

楽しく健康に走りたければ、マラソン本を捨てなさい! また、楽に走りたければ、走らないこと。 その真意は、このサイトの中に!

整体師ランナー「りょう」に学ぶ、
「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」
Let's enjoy runnning!

毎日書き続けて365日経ちましたので、
これからは毎週月曜日に定期更新+αの更新で書いていきます。(2012,7,3)

コメント欄へのスパムが増えましたので、画像認証の設定をしました。
お手数ですがご了承ください。(2013,10,8)

身体ケア

左手マウスで身体の歪み解消!

私のパソコンデスクを紹介します。
今はワイヤレスマウスをメインに使用しています。
ピンクに可愛い顔がステキでしょ!
マウスが二個
写真をよく見てくださいね。
右側には、黒い純正のケーブル接続のマウスがあります。
左側には、ピンクのワイヤレスマウスです。
ようするに、現在マウスを二つ使っているということです。

そのわけは・・・

少しでも身体の左右差をなくすためです。

マラソンは左右同じ動きをするのに、
誰でも多少は左右の差があります。
その微妙な左右差が故障を招くこともあるのです。

手はせっかく二本あるのに、
利き腕だけに労働させすぎていませんか?
日頃から私は来院された方などにも、
「利き腕に頼り過ぎたら、身体の歪みが出ますよ」
と言っています。

本来、マウスというのは
左手で使う方が理にかなっている。

と、以前から私は言っていましたが、
今日はそれを紹介しますね。

ご自身の手の動かし方をよく観察してみてください。
右手でマウス操作して、
キーボードを両手で打って、
また右手でマウス操作して・・・
この繰り返しだと思います。

人によっては、キーボード打つのも右手中心の人もいますよね。
それだったら、右手ばっかり使ってます!

WEB閲覧やメール確認くらいでしたら、
左手でマウス操作しても何ら支障はありません。
ページによってはパスワード入力などがあります。
そんな時も、右手でマウスを操作し、
パスワードを右手で打って、
また右手でマウス操作して・・・
と、繰り返している事があります。
右手ばっかり!

また私が今こうやってブログ書いていますが、
ん?書いてないよね、打ってますが(笑)
このような操作の時でも、
普段はあまり左手が動いていないこと多いんです。

ちょっとスクロールする時や、
ちょっとページを移動する時、
ちょっとクリックするだけの時、
そんなちょっとしたことから左手マウスを始めれば、
そのうち右手と同じように操作できるようになっていきます。

やってみての個人的感想ですが、
ものすごく楽です!

ショートカットキーを操作する時は、
右手でマウス操作しています。
これは入力を速くするためのワザですから、
右手でマウス、左手でキーボードが基本です。
もしあなたがショートカットキーを触ることが無いのなら、
ぜひ一度チャレンジしてみてほしいです。

ショートカットキーを知らない?
そんな人こそ、ぜひ左手マウスを推奨します!


-------------------------------------------------
マイナビニュース(コラム)
目からウロコのらく~なランニング」

第5回「膝の故障をしないためにも、重心の真下に着地する
第4回「筋肉消費を抑えるために、蹴らないで小股で進む
第3回「走らない」という意識をもって、
    「体重移動で進む」感覚を覚える」
第2回「故障リスクを減らすため、
     2本のレールをイメージして足をまっすぐ出す
第1回「整体師が発案するエンジョイラン走法」とは?

-------------------------------------------------

200万アクセス突破記念はこちらです。
今だけ約65%OFF!お早く!
200万アクセス突破記念、DVD特別価格!(数量限定!)
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================

背骨が曲がっている!

祝日だったのですっかり月曜日ということを忘れていました!
一日遅れですみません。

今日は背骨の曲がった人のお話を書きます。

「背骨が曲がっている」と聞くと
おそらく「猫背」を思い浮かべる方が多いことと思います。
猫背とはどんな状態なのか、
きっと誰でもすぐに思い浮かべることができるでしょう。
では「側湾症(そくわんしょう)」と聞くと、
どんなふうに曲がっていると思いますか?
下の図をご覧ください。
背骨を簡略的に赤い線で引きました。

側湾症

実はこんな人とても多いんですよ。
世界最速の男「ウサイン・ボルト選手」も
側湾症で悩んでいるそうです。

正確には「脊柱側湾症(せきちゅう・そくわんしょう)」と言います。
れっきとした病気です。
しかしご自身が気づいていない方がとても多いと思います。

先日もこの脊柱側湾症の方が来院されました。
本人は気付いていなかったのですが、
私は触ってすぐ分かりました。
ですので施術後、整形外科を受診することをお勧めしましたら、
後日、MRI画像を持って来院されました。

「先生の言われる通り、背骨が曲がっていました。
 整形では治らないと言われ、
 手術することもできますが・・・と言われました。
 どうしたらいいんでしょう?」
と、困った顔で来られたのです。

「本当に治したい気持はありますか?」
と私は尋ねますと、「はい。」と答えられましたので、
いま、二人三脚で施術を始めたところです。

私はよく言うのですが、
「私の力だけではなんともなりません。
 しかし、あなたが本当にその気になるのでしたら
 一緒に改善の道を進むことはできます。」

だから二人三脚と私はいつも言うのです。

週一回や二回通って来られても、
私にできるのは、たかだか60分程度の施術です。
裏を返せば、私と一緒にいない時間の方がはるかに長いです。
ですから、どんなに効果のある施術をしても、
いつもの生活に戻れば、またすぐ元に戻ってしまいます。

なぜなら、そもそも脊柱側湾症というのは、
「生活のクセ=生活習慣」が原因だからです。

ですので私は必ず宿題を出します。
家ではこうしてください。
外ではこうしてください。
こんなところに気を付けてください。
などなど、場合によっては紙に書いてお渡しします。

あなたは大丈夫ですか?
側湾症であることに気付かずマラソンを続けていると、
腰痛、膝痛、背中痛・・・
そしてそのうち大変なことになるかもしれませんよ。


ここでひとつ、お知らせです。
一週間前の事なのですが、国立FMのラジオ番組に
電話ゲストとして出演しました。
DJは、ミュージシャンでありながら、
国際ランナーを目指す「ファニー」さんです。
ファニーの胸キュン?ランニングライフ

放送内容はYouTubeで聴くことができます。
ラジオですのでよろしくお願いします。


-------------------------------------------------
【 私の著書が出版されました!】
タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,260円(税込)
発売日/2013年06月26日
著者/鮎川良
サイズ/単行本
ページ数/128
ISBNコード/9784058000908
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
【 エンジョイランDVDも発売中 】
筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
DVD-Video収録:77分
定価:2,800円(税込)
=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================

予防とは、検査に行くことでも、保険に入ることでもありません

先日、衝撃的なお話を聞きました。
あるフィットネスジムでは、よく救急車が来て、
年間2名ほどの死亡者が出ていると言われるのです。

健康のために運動しに行って、死亡する人がいる現実。

おかしな話ですよね。
どう考えても間違っています。
当の本人は、
まさか自分が健康のために行ったフィットネスジムで死ぬなんて、
きっと思いもしなかったことでしょう。

最近のベストセラー本には、
「健康で長生きしたければ、病院に行かない方が良い」
という意味合いのものが多数出て脚光を浴びています。
それらはすべて、医師が書いてられます。
私も何冊か読みましたが、とても共感できるところが多く、
思考の方向性が私と同じだと、おこがましいですが思いました。

それらの本の中には、
「定期検査に行くな」と書かれている本があります。
検査に行ってもロクなことはない、とまで書いてあります。
実は私は定期検査には、
もう25年くらい行っていませんので、
本に書かれている事を実行しているひとりです。

しかしそれは身体の仕組みを知っている人だからこそ
言えるのような気がします。
一般的には、健康に対する不安はありますから、
検査にも行くだろうし、痛みがあれば薬も飲みます。

私の整体院に来院される方の多くは、
「肩こりくらい」「便秘くらい」と、
軽く思ってられる方がとても多いです。
しかし病気というのは、一部のものを除き、
今日、急になるものではありません。
一日一日の積み重ねで、徐々に身体の中で進行しているのです。
だから定期検査に行くのよ。
きっとそう思う人が多いことと思います。
「俺のとは違うなぁ」
と、刑事ドラマ「臨場」風に言いたくなるんですが(笑)
だから身体のケアをするのよ。
と、私なら言います。

予防という言葉がありますが、
予防とは、検査に行くことでも、保険に入ることでもありません。
病気や病原体に負けない強い身体を作ることです。
そのために私はマラソンをしています。
そのために私はストレッチをしています。

いま私はこうやって整体師をしていますので、
身体の仕組みに多少詳しくなりました。
身体のケアをするという予防を、
ひとりでも多く伝えたいと考えています。
=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
筋肉痛でお困りの方、疲労が残ってお困りの方、
ぜひこの機会にいかがですか?
【 エンジョイランDVD 】
筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================

病院へ行くべきかどうするべきか?

痛みや違和感が出た時、
病院へ行くべきかどうするべきか、迷いますよね。
今日はその迷いのお助けになれば幸いです。

まずその痛みが、どの程度痛いのか?

何もしなくてもかなり痛い場合は、問題なくすぐ行くべきでしょう。
でも、ちょっと体重をかけると痛いとか、
何かの動作の時に痛みが出る。
そんな場合、その痛む個所を見てみましょう。
腫れている場合は、行く方が良い場合があります。
その腫れ方にもよりますが、3~4日で引くこともあります。
であれば、そんなに気にすることはありませんが、
1週間経っても腫れが引かない場合は、行く方が良いと思われます。

次に、その痛む場所です。
筋肉が痛いのか?関節が痛いのか?

以外に分かりにくい場所もありますが、
あきらかに筋肉が痛いという場合は、
病院に行ってもたいした処置も無く、湿布薬程度で終わることが多いです。
その場合は、病院へ行くよりストレッチをしっかりしてみましょう。
あるいは整体院へ行くことも良いです。
病院よりも早く的確に改善することもよくあります。

しかし厄介なのが、関節の痛みです。

自分でもわかるくらい、関節の痛みだと明らかな場合、
病院へ行くことは良い選択だと思います。
ただこの場合も、湿布薬程度で終わることも多々ありますが、
自分の痛みをきちんと知ることも大切なことです。

筋肉なのか、関節なのか、自分では分からない場合。
その腫れや痛みがどの程度続いているかで、ひとつ判断しましょう。
1週間以上続いている、あるいは、
腫れが引いても、また腫れる。
あるいは、痛みも柔らいではまた痛む。
というような繰り返し同じことが起こる場合。
こんな場合は、病院へ行きましょう。
原因を突き止めたいですからね。

後は痛みの強さも判断になりますよね。
強烈に痛い場合は行くべきです。
しかし、行くかどうか迷うくらいという人は、
きっと痛みはあるんだけど・・・というくらいですよね。

ではその痛み方を考えてみましょう。

痛みを言葉で表現するのは難しいですが、
ズキン!とする痛みや、電気が走るような場合は行く方が良いです。
でも、少し違和感がある程度だったり、
痛いけどガマンできないことはない。
そんな場合こそ迷いますよね。

迷ったことで、私のサイトに辿り着いた方もあることでしょう。
そう、今はネット検索の時代ですから、
いろいろ調べることが可能です。
ただ、調べても痛みや違和感が引くわけではありませんよね。
ですので、最終的にはご自身で判断しなければなりませんが、
痛みの度合いと、期間が大きくかかわっている事は確かです。
迷っている期間が長いのでしたら、行きましょう。

それは、自分の身体を知ることが目的です。
行ったことによって、「骨折ではありません」と言われると、
日にち薬である場合がとても多いです。
また、疲労骨折の場合も日にち薬と言われ、
何も処置されることはありません。
結局病院へ行っても、何も処置されないことが多いのですが、
行くことによって、知ることができます。
病院へ行くことで、前に一歩踏み出せることは確かです。

すべては健康のため。
どうぞ無理のありませんように。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
筋肉痛でお困りの方、疲労が残ってお困りの方、
5月末まで送料無料キャンペーン中ですので、
ぜひこの機会にいかがですか?
【 エンジョイランDVD 】
筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================

私は、20歳若く見られます!

私はいま51歳です。
しかし、年相応に見られることはまったくありません。
昨日お会いした方は、
「私の息子と同い年くらい?」と聞いてこられました。
そのご婦人の年齢は、58歳です。
「息子さんって何歳ですか?」と尋ねると、
「今年30歳になります」と答えられました。

ということは、私は、30歳くらいに見えるということです。
ゆえに、20歳も若く見られるということです。

羨ましいでしょ?(笑)

最近では「アンチエイジング」という言葉が流行っています。
「-5歳肌」「-10歳の身体」
というような広告のキャッチコピーを目にしますが、
「20歳若返る」なんて広告は見たことがありません。

芸能人では、60歳くらいの女優さんが40歳くらいに見える人はいます。
でもそこには「芸能人だから」という目で見てしまいますよね。
見られる職業ですから、
お肌や身体への気遣いは半端じゃないはずです。

でも私は一般人です。
アンチエイジングのために、
何かを飲んでるとか食べてるとかはありません。
マラソンも、そこそこ適当にやってます。
続けている事と言えば、
毎日ストレッチをしているだけです。


ストレッチが続かない人は、
「時間がない」という言い訳をする人が多いです。
もうひとつは「邪魔くさい」です。

ひとつのストレッチは、30秒です。
一日の中で、30秒の余裕もないほど、
忙しくしている人はいないはずです。
一度にたくさんしようとせず、
一日の中で30秒をいくつ作れるか、遊んでください。

そう、遊びなんです。
しかも、気持ち良い!
気持ち良い遊びを邪魔くさいなんて言わせません。

ストレッチをすると若い身体を手に入れることができます。
私が証明です。
私にお会いしたことがないという方は、
きっといま疑ってられることでしょう。
そういう方は、先日発売しましたDVDをご覧ください。
そこには、51歳の私の姿が映っています。
あなたも健康のため、若返りのために、
ストレッチを続けてみませんか?


筋肉痛でお困りの方、疲労が残ってお困りの方、
5月末まで送料無料キャンペーン中ですので、
ぜひこの機会にいかがですか?
【 エンジョイランDVD 】
筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
3回目の奈良マラソンでは、足がつってしまい止まりましたが、
4時間8分で完走しました。
=============================

自分の身体が教材であり、患者で先生でもあります

DVD「筋肉痛改善!お風呂で毎日できる かんたんマッサージ」
のご予約をたくさんいただきましてありがとうございます。
第一回目の出荷を4/26(金)と27(土)の二日間で行いました。
そろそろお手元に届く頃だと思います。

ご予約特典として、「送料無料」ですが、
4/30(火)深夜24時までの受付分までが有効です。
気になっている方はお早めにどうぞ。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
          【 エンジョイランDVD 】
 筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
      バナー DVD作りました
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

今日は、その筋肉マッサージのお話を少し。

マッサージや整体というのは、
筋肉に対して垂直にアプローチしなければ
効果はほとんどありません。

私が整体を習い出した頃、
身体のイラストにツボの場所が記されているのを見て、
その場所を押そうとするのですが、
先生からは「違う」とよく言われました。
イラスト通りの場所を押しているつもりなんですよ。
なのに違う・・・。
なぜだかお分かりですか?
最初にフリがあるからバレてますよね(笑)

そう、筋肉に対して垂直にアプローチしていなかったからです。

また、太もものような大きな筋肉になると、
うまく押し込まないと、筋肉が逃げてしまって押しきれないんです。
最初の頃は、筋肉の形も分からずに学んでますから、
うまくできないのも無理ないんですが。
それから筋肉がどのような形をしていて、
どこからどこへ繋がっているのか。
そういうことを学んでからは、
ずいぶん楽にアプローチできるようになりました。

今から皆さんに筋肉の解剖学を学んでもらおうなんて
私は思っていません。
私も勉強はキライです(笑)
でも自分の身体でしたら、
どこを押したら痛いとか、気持ち良いとかは分かりますよね?
それなんですよ!

自分の身体が教材であり、
患者でありながら、先生でもあるんです。


自分の筋肉を自分でアプローチするわけですから、
やり易い面とやりにくい面が存在します。
どちらの手でマッサージするのがやり易いか?
垂直にアプローチするためには、どうすればやり易いか?
できるだけ無駄な力を入れずにかんたんにやりたいんです。
今回制作しましたDVDには、そのコツが入っています。

また、マッサージやツボ押しによくある、
「親指で押す」という固定概念をくつがえし、
一般の人でも指に痛みが出ないように、
指の腹や指全体を使う方法、
また手根と呼ばれる手の平の手首側の面を使う方法など、
知識の無い人にもかんたんにできる内容にしました。

自分の身体がモデルですから、
間違っていると利かないし、合っていると気持ち良いです。
それが自分で分かってしまうというのが一番良い点だと思います。

マラソンをするしない関係なく、
自分の身体を自分でケアするという考え方を
このDVDがきっかけになって意識していただきたいと願っております。
【 エンジョイランDVD 】
筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
3回目の奈良マラソンでは、足がつってしまい止まりましたが、
4時間8分で完走しました。
=============================

その程度でお帰りいただくわけにはいきません

DVDのご予約をたくさんいただきましてありがとうございます。
基本的には、入金の確認をしましたその日のうちに
順次ありがとうメールをお送りしていますが、
一部、遅れてしまった方もありまして申しわけありません。
発表から一週間経ちまして少し落ち着きました。
ご入金がまだの方はお忘れなく。
エンジョイラン商品化第1弾!DVD 5/1発売!(予約特典あり)


今日は、久しぶりに私が悩まされたお話です。
先日ある方が来院されました時のこと。
大会に参加するほどではありませんが、
週2~3回、健康のために走っているという、40代男性。
月一回くらいのペースで来院されるのですが、
今回の身体はずいぶん違っていました。

来院された時、
「たった今、フル走ってきました」というくらい、
ふくらはぎ~ハムストリングス(太ももの後ろ側)が、
パンパンに張っていたのです。
本人も理由は分からないと言われます。
そして自覚もないそうです。
もちろん、たくさんの距離を走られたわけでもなく、
通常は5km30分程度走っておられます。

右足が異常なほど張っていましたので、
念入りに時間をかけて施術しました。
しかし、一向に引かないんです。
「最近、ストレッチをサボりがちなんで・・・」
とその人は言われるんですが、
そんな程度の事で、ここまでならないだろう・・・
と、考えながら施術したのですが回復せず。
途中で一度立ってもらって状態を尋ねると、
「少し楽になっている」と言われるのですが、
劇的に回復した感じではありません。

私たちのような整体師は、医師ではありませんが、
不調者さんの「つらい、痛い、重い・・・」などの不調を、
しっかり取り去ってあげて、
喜んでいただくのが仕事だと思いますので、
その程度でお帰りいただくわけにはいきません。
ですので、もう少し施術しながら原因を探りまして発見しました。

「そけい部の滞り」です。

そけい部=足の付け根、股の部分です。
時間をかけて足を施術して、
足の血流とリンパの流れが良くなろうとしても、
そけい部でせき止められていては、
一向に回復するわけがありません。

通常は他人が押すには少し抵抗のある部分です。
「痛いと思いますが、ガマンしてくださいね」
と言って、ゆっくりそけい部を押しました。
案の定、「痛い!痛い!」と言われます。
「原因はここにあります。」と言ったら、驚いてられました。
だって、不調のある場所とは全然違う場所ですからね。

力加減を変えながら、場所を少しずつ移動させ、
痛みが激しくならないよう気を付けながらゆっくり施術していきました。
ある程度はガマンしていただく必要があります。
パンパンに張っていたのは右足でしたが、
左足のそけい部も強烈な痛みが走りました。
ゆっくり時間をかけながら、両足とも施術しましたら、
今までの張りは何だったのかと信じられないくらい、
ふくらはぎとハムストリングスの張りが一気に引きました。

終わってから言われました。
「頭の中まで電気が走るほど痛かったです」と。
ずいぶんガマンしていた言葉です。
後から何度か押してみても、もう痛みはありませんでした。
施術終了後、立って足を動かしていただきましたら、
その軽さにビックリされて、ずいぶん喜ばれました。
その喜びの笑顔は最高です!
そして私自身が幸せを感じる瞬間でもあります。


お近くに身体のメンテナンスをやってもらえる整体院が無いという方は、
こちらのストレッチをやってくださいね。
ジョギングしたのに、足がむくむのはなぜ?

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
3回目の奈良マラソンでは、足がつってしまい止まりましたが、
4時間8分で完走しました。
=============================

「足の甲が痛い」調査の分析結果

「足の甲が痛い」緊急調査!の件、
分析しましたが、見事なほどに共通性がありませんでした。
それでも、私なりの結論をいったん出しましたので、
どうぞ最後まで目を通してくださいね。

回答数:49人

男性:37人
女性:12人

20歳代・・・2人
30歳代・・・11人
40歳代・・・22人
50歳代・・・13人
60歳代・・・1人

今回の調査の目的は、
1、なぜそんなに足の甲の痛い人が多いのか?
2、そもそも、その足の甲の痛みの原因は何なのか?


この2点を探りたかったのですが、
質問がきっと良くなかったのだと、いま反省をしております。
この件については、また改めて調査したいと考えています。
満足いく調査になりませんでしたが、
今回の結果を載せますので、
何か気付かれた方がありましたらお知らせください。

足の甲 調査 1











足の甲 調査 3







「範囲C」の人が若干多いですが、
見事にバラバラになっています。

足の甲 調査 2










このグラフを見ると、
15日以上痛みが続いている人が一番多いです。
が、しかし・・・

分析していく中で、
15日以上で、今現在もまだ痛みのある人だけをピックアップしましたら、
下のグラフになりました。
足の甲 調査 4









若干、「範囲E」が多いですが、バラバラです。
他の質問も同じようにバラバラの回答なのです。

なぜ、「15日以上」という日数にこだわるかと言いますと、
「疲労骨折」だと仮定しましたら、
15日以内で治らないからです。

ただ、「現在も痛みがある」という人で、
15日経っていない人は、進行形ですのでまだわかりませんよね。
そこで、15日未満の人で、
現在も痛みがあるという人をグラフにしてみました。
足の甲 調査 5











足の甲 調査 6







このグラフで見ますと、
「点A」と「該当なし」が多いのが分かります。
しかし、15日以上痛みのある人のグラフと見比べますと、
そこには共通性がありません。
ゆえに、この人たちが今後何日で痛みがなくなるのか分かりませんが、
15日以上の人との共通点が無いため、
その人たちをこれ以上分析しても意味がなさそうです。

では逆の目で見ましょう。
15日未満で、痛みが亡くなったという人。
こういう人は、「疲労骨折」ではありません。
その人をグラフにしますとこうなりました。
足の甲 調査 7










1~4日で痛みがなくなったという人が、半数を占めています。
足の甲 調査 8








そして、この人たちが痛かった場所は、
「範囲C」が圧倒的に多いです。
実は、この「範囲C」という場所は、
足の甲では一番高くなっている所です。
その高くなっている所に、短期間痛みがあった。
ということは、この考えられる原因は、
「靴紐の締めすぎ」ではないかと、私は推測します。


靴を履いた時はちょうど良くても、
走っている間に、疲労物質が足先に溜まり、
靴の中で足が浮腫んできたことで、
圧迫されて痛みが出たのではないでしょうか。

足の甲が痛い=疲労骨折
と、すぐに決めつけることはできません。
私は医師ではありませんので、本来診察する立場にもありません。
ですので、今回の調査、およびこの分析に関しては、
あくまでも参考として下さい。

「足の甲が痛い」でお悩みの方、
まずは、靴紐を正しく締めることをやってみましょう。

以前は、ダントツで閲覧数の高かったページです。
以前見たことのある方も、改めてどうぞ見て確認してくださいね。
あなたの靴の履き方は間違っている

↓メルマガ登録はこちらからどうぞ↓
メールアドレスを入力して送信するだけです。
送信を押しますと、確認メールがすぐ届きます。
メールアドレスは、添付ファイルが開けるアドレスでお願いします。
メルマガ登録を検討される方は、こちらのページも読んでくださいね。
メルマガ登録始めます。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
3回目の奈良マラソンでは、足がつってしまい止まりましたが、
4時間8分で完走しました。
=============================

そのうち、そのうちと思っている間に、大変なことになります。

先日、私のブログを知らない人にお会いしました。
この人を仮に「Aさん」と呼びます。
Aさんは、40代男性で、マラソンをされています。
30代の頃は、サブスリーランナー(3時間切り)だったそうです。
40代になった今では、サブフォー(4時間切り)で走られます。
Aさんに言われました。
「ストレッチはしない方が良いと聞いていたので、
これまでしたことがない」
確かにそういう説はあります。

だから、私は声を大にして言いたい。
そんな考えが通用するのは若いうちだけです。
中高年になったら、
ストレッチしないで健康を保つことは不可能です。


このブログを読んでいる人でも、
まだ半信半疑でストレッチの必要性を
感じていない人もあることと思います。

では、自分の身体に問いかけてみてください。
・痛みはないか?
・だるさはないか?
・重く感じないか?
・可動範囲が狭くなっていないか?
・疲れやすくなっていないか?
・身体が硬く感じないか?

きっと何かしらあるでしょう?

ある程度は、歳と共に変化します。
それが誰も避けることのできない「老化」です。
40代になるAさんだからこそ、
ストレッチの必要な年齢になっているのです。
いつまでも20代の身体ではない!
そのことに早く気付いてほしいのです。

そのAさんは、
「半年前から坐骨神経痛があって、足がしびれている」と言われました。
だからといって、病院には行かれていません。
それに何の処置もされていません。
当然のこと、ストレッチもされていません。

なぜか?
Aさんに聞いてみました。
・しびれと言っても、ガマンできないほどではない。
・日常生活に大きな支障はない。

この気持ちがダメなんです!
ようするに、
そんなに大きなことと感じていない。
ということなんですよね。

早めの処置をしないから、治るまでに長引くんです。

風邪でもそうでしょ?
引き始めにきちんと処置をすれば、すぐ治ります。
しかし、そのまま放っておくと長引くでしょ?
同じ身体ですから、同じことです。

ところが、多少の痛みやしびれ程度と、
放っておく人がとても多いんです。
そんな人を私は日常的にたくさん見ています。
なんでこうなる前に、もっと早く対処しなかったのかな~。
そう思う高齢者ばかりです。

そのうち、そのうち・・・
と思っている間に進行していき、
そのうち大変なことになります。


ちなみに坐骨神経痛は、坐骨のあるお尻ではなく、
腰に原因のあることが多いです。
坐骨神経痛程度だから・・・
という思いが、腰痛を悪化させ、
マラソンすらできなくなることもあります。
そうなる前に、対処してほしいんです。

51歳になる私は、日常的な筋肉痛も疲労感もありません。
それは毎日ストレッチをしているからです。
若々しい私が証明です!

↓メルマガ登録はこちらからどうぞ↓
メールアドレスを入力して送信するだけです。
送信を押しますと、確認メールがすぐ届きます。
メールアドレスは、添付ファイルが開けるアドレスでお願いします。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
3回目の奈良マラソンでは、足がつってしまい止まりましたが、
4時間8分で完走しました。
=============================

一日に1回や2回のストレッチでは、身体のケアとは呼びません

「身体のケア」という言葉を聞いても、
なかなかピンとこない人、きっとまだいるはずです。
私が言うところの「身体のケア」とは、ストレッチをすることです。
それは、これまで何度も書いていますが、今日は少し補足をします。

私は一日に何度もストレッチをします。
それが身体のケアだと考えているからです。
一日に1回しかストレッチをしない人は、
身体のケアとしては、不足です。

以前、私は一日に何度もストレッチをしますという話を書きました。
とくに、ジョギングをする前後は大切だとも書いています。
(以前の記事→寝る直前のストレッチを必ず行う

もう少し違った角度のグラフを作ってみました。
クリックで拡大できますのでご覧ください。
身体の軽さグラフイメージ







これは私の個人的なグラフで、しかもあくまでもイメージです。
なんとなく身体に感じる感覚を図にしたものですので、
医学的、数値的根拠はありません。

グラフの説明をします。
左側を朝9時としまして、右へ時間が流れ、
一番右端が朝9時となっていますので、24時間分です。
縦軸は、身体が感じる「軽さ」です。
朝起きた時は、90%の軽さで、
起床後すぐにストレッチをすることで
100%の身体の軽さを回復しています。
あくまでも、私が感じる感覚です。

青い丸は、ストレッチをしたところ。
この図で見ますと、一日に10回しています。
ピンク色はジョギング、黄色い丸は筋肉マッサージをしています。

では、折れ線グラフに注目してください。
起床直後のストレッチで、
100%の身体になって一日がスタートしますが、
だんだん身体が重くなっていきます。
そこで、12時頃にストレッチをしますので、
数%回復しますが、100%には回復しません。
こんな感じを何度も繰り返していき、
一日の時間が進むごとに、徐々に身体には疲労物質が溜まり、
身体が重くなっていくのです。
それを、私の場合は何度もストレッチを入れることで、
疲労物質の停滞を防ぐようにしています。

あなたは朝起きた時、「すっきしりた~!よく寝たなー!」
という感覚になっていますか?
「もう朝?今日も身体が重いな~・・・」
という感じで朝を迎えているとしたら、
それはもう大変なことになっていますよ。
身体の軽さという意味では、すでに「マイナス」になっている事と思います。
実はこの「マイナス」には底が無い!
ということに気付いていない人が多いのです。
この話はまた別な日に書きますね。

朝起きた時にスッキリしていない人は、
睡眠で身体を回復させることができず、
老廃物がいっぱい溜まっている証拠です。
だから、健康のためにジョギングをしよう!
そんな気持ちから始められた人もあることでしょう。

しかし、健康になるどころか、むしろ身体が重い、筋肉痛が残っている。
そんな人があまりにも多いのです。
その理由は、ストレッチ不足です。
ジョギングをする前後にはストレッチをやっています。
そういう人はいるでしょう。
しかし、それだけでは足らないのです。

自分で身体のケアをするとは、ストレッチをすることです。
というこは何度も書いてきました。
一日に1回や2回のストレッチだけでは、
身体のケアとは呼びません。

身体のケアとは、一日に何度もストレッチすることによって、
疲労物質を溜める前に身体を回復させることなのです。
あるいは、溜まった老廃物を流すために行う事なのです。

いわば「点と線」のようなものだと私は考えます。
ストレッチを一日に1回か2回しかやっていない人は、
あくまでも「点」にしかすぎません。
何度も行う事によって、その「点」が集まり、「線」となるのです。
その「線」が、毎日続くことによって、身体は変化します。
それが「健康」へと導いてくれるのです。

イメージ的な言葉の世界ですので、理解が難しいかもしれません。
しかし、少しでもこの意味がお分かりになるようでしたら、
今日からぜひストレッチを一日何度もやってほしいのです。
健康のためにマラソンをしているのでしたら、なおさらです。

↓メルマガ登録はこちらからどうぞ↓
メールアドレスを入力して送信するだけです。
送信を押しますと、確認メールがすぐ届きます。
メールアドレスは、添付ファイルが開けるアドレスでお願いします。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
3回目の奈良マラソンでは、足がつってしまい止まりましたが、
4時間8分で完走しました。
=============================

「足の甲が痛い」緊急調査!

エンジョイラン.comへ訪れる人の多くは
GoogleやYahoo!などの検索エンジンを利用されています。

現在、検索する言葉でダントツに多いのが「足の甲が痛い」です。

右列の「人気記事」の項目の数字を見てください。
その数字は、一週間で閲覧されている数です。
2位以下を離して、圧倒的に多いのが「足の甲の痛み」です。
実は、「足の甲が痛い」に関する記事は、
その下にも、複数ランクインしていますので、
合計すると、他を寄せ付けないほどの人気です。
人気のある記事と言えば聞こえが良いのですが、
足の甲に痛みがあって困っている人が多いということです。
となれば、私としては放っておくわけにはいきません。

そこで今日は緊急調査を実施いたします。
「足の甲が痛い」と現在も困っている人、
または以前痛みを感じたことのある人限定です。

個人情報を入力する必要はありません。
下記サイトからチェックをするだけです。
回答するのに約2分くらいだと思います。
今現在も困っている人、これから困るであろう人を
助けると思ってぜひともご協力ください。
よろしくお願いします。

まず、アンケートに答える前に以下の写真をよく見てください。
この写真のどこに痛みがあるのか、
アルファベットを覚えてからアンケートにお答えください。

足の写真























アンケートは別画面が開きます。
このアンケートは期間限定(2013年3月11日~3月31日)です。
お一人様一回の入力でお願いします。
集計後、またご報告いたします。

このアンケートの調査期間は終了しました。
たくさんのご協力ありがとうございました。
(2013,03,31)

↓メルマガ登録はこちらからどうぞ↓
メールアドレスを入力して送信するだけです。
送信を押しますと、確認メールがすぐ届きます。
メールアドレスは、添付ファイルが開けるアドレスでお願いします。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
3回目の奈良マラソンでは、足がつってしまい止まりましたが、
4時間8分で完走しました。
=============================

これから先、痛みや故障とならないために。

1月17日は神戸へ行きました。
私は、阪神・淡路大震災で被災しましたので、
毎年この一日は神戸で過ごすようにしています。
(関連記事→生きているからこそ走れる

1月17日は、「ひょうご安全の日」と定められていまして、
ここ最近は、メモリアルウォークというイベントに参加しています。
(関連外部記事→ひょうご安全の日のつどい

私は西宮から15km歩くコースに参加しました。
今年も平日でしたので、参加者は高齢者が多かったです。
たくさんの人が歩きますので、
たくさんの人の歩くフォームを見ることができました。

悲しいことに、足がまっすぐ前に出ている人は、ほとんどいません。
15km歩こうというんですから、
日頃からそこそこ歩くことができている人です。
中には、登山してそうな人や、マラソンしてそうな人もいます。
着ているものや背負っているリュックなどで分かりますよね。
このエンジョイランを書いていて、
常に中高年のマラソンランナーを意識してきましたが、
今回のイベントで「足の出し方」に衝撃を受けました。

マラソンしている人で、
膝を痛める人や、股関節、足首・・・
いろいろお困りの人が多いですよね。
基本は「足をまっすぐ出す」ということくらい、
どこでも書いてあるし、誰でも知っていると思います。
なのに、まさか自分が「歪んでいる」とは思いもしないんだと思います。
そこに今回は気付かされました。

たとえば、ものすごいO脚の人がいました。
その人は、長年歩く自分のクセから、
そのようになってしまったと、きっと思っていません。

たとえば、左足のつま先が外を向いている人がいました。
その人は、自分が左右対称にきっちり足が出ていないことに、
きっと気付いていません。

そう、自分では気付かないうちに長年経ってしまった結果なのです。
もっと若い頃に誰かが指摘して、
自分でも気付いて、改善しようという試みがあれば、
あの人たちは晩年になって膝や股関節の痛みに
悩まされることはなかっただろうと思います。

いまマラソンをしているあなたはいかがですか?
自分で自分の姿を見たことがありますか?
自分のフォームを誰かに指摘されたことはありますか?
自分の悪い所に気付いていますか?
なにも気付かないまま、よかれと思ってやっていることが、
晩年になってから痛みや故障となって現れる可能性があります。

エンジョイラン走法のクリニックを行うために、
今回のことはとても良い参考になりました。
私の使命は、ひとりでも多く、
痛みの無い楽な走り方を教えることにあると確信しました。

第1回エンジョイラン走法・クリニック(フォーム中心)を開催します

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
3回目の奈良マラソンでは、足がつってしまい止まりましたが、
4時間8分で完走しました。
=============================

足の甲が痛い→その理由と予防策(その2)

「足の甲が痛い」「足の甲の痛み」などで来られました方、
はじめまして。
お困りですよね。

前回も同じテーマで書きました。
足の甲が痛い→その理由と予防策
今回はその2回目です。

マラソン本に良く載っている「タオル寄せ」をされていますか?
床にタオルを置いて、つま先でグイグイと引き寄せていくエクササイズです。
「やっている」という方は、足の甲が痛いのではありませんか?
そのエクササイズが必要だと思ってられる方は、
下の写真のような走り方をされていませんか?
つま先-3-1
つま先-3-2
つま先-3-3
つま先-3-4
つま先-3-5

この写真の中で、3枚目のつま先部分をアップにしました。
つま先-3-6
タオル寄せが必要だと思われている人は、
このように、地面をつま先でつかむように走られていると思います。
私はこうしませんので、ちょっとヘタな写真かもしれませんが、
「グッ」とつかむと、だいたいこのような形になると思います。
それで、つま先を支点にしてグッと蹴るんですよね。
マラソン本にはそうするように載っています。
これが、足の甲が痛む原因です。

このようにされますと、
足の甲にはものすごい力がかかっています。
上の写真ではすこし分かりにくいかもしれませんが、
第2指の形をよく見て下さい。
手の指で言うところの「人差し指」です。
グニュッと曲がっているのが分かりますか?
そして、足の甲に向かって少し指が上がっています。
この付け根辺りにものすごく力がかかるんです。

「中足骨は第2指が疲労骨折しやすい」
という原因がここにあります。
第2指が一番負担が大きいのです。
しかしこれは人それぞれの指の長さや、
土踏まずのカーブによって、個人差のあることです。

この走り方をされるのは、それなりのスピードを必要とされる人です。
あなたがもし、完走目的だったり、
4時間そこそこくらいのタイムをお考えでしたら、
この地面をつかむ方法を止めることをおススメします。

足の甲に負担のかからない走り方、
それが「エンジョイラン走法」です。

具体的な方法は前回のページをご覧くださいね。
足の甲が痛い→その理由と予防策

ぜひ、今日からエンジョイラン走法で進んでみて下さい。
楽に長く走るコツは、走らないことですから。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================

足の甲が痛い→その理由と予防策

右列を見ていただきますと、
「人気記事」という項目がありますよね。
ということは、このサイト内でよく見られている記事です。
最近の傾向としては、
足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」
が、ダントツで1位を確立しております。
カッコ内の数字は閲覧した回数ですので、
5400人ほどが困ってられるということです。

これは、たまたまこのページを開いたのではなく、
GoogleやYahoo!からの検索用語として来られます。
私にはあなたのお困りの声が分かるんですよ(笑)
「足の甲が痛い」「足の甲の痛み」などで検索されましたでしょ?

解決策としては、とにかく安静にすることなのですが、
しばらくして治ったとしても、また再発する。
そんな人もきっとあるはずです。
今日は予防策をお話します。

一度でも困ったことのある人は、
足の甲に負担のかからない走り方をおススメします。
それが「エンジョイラン走法」です。


写真を用意しました。
まず下の写真をご覧ください。
一般的に走る時の足の移動をコマ送りしました。
つま先-2-1
つま先-2-2
つま先-2-3
つま先-2-4
つま先-2-5
つま先-2-6


では、エンジョイラン走法の写真を見て下さい。
つま先-1-1
つま先-1-2
つま先-1-3
つま先-1-4
つま先-1-5
つま先-1-6

違いが分かりますか?

一般的な走法は、最後につま先で地面を蹴ります。
マラソン本にもそう書いてあります。
だって、小さい頃から走るというのは、
そうするものだと教えられてきたでしょ?
だから自然に蹴って走っているはずです。
それが長時間繰り返されるので、足に負担がかかるのです。

エンジョイラン走法は「走るのではなく、進む」と書いています。
だから蹴らない走り方です。

写真を並べてみますね。
並べると、この微妙な違いがお分かり頂けると思います。
上がエンジョイラン走法、下がつま先で蹴る一般的な走法です。
つま先-1-合成
つま先-2-合成
この写真で、とくに④⑤を見比べて下さい。
下の写真はしっかり地面をつま先で蹴っていますので、
つま先が「グニュッ」となっていています。

一方、上の写真のエンジョイラン走法では、
蹴らないので、つま先が「グニュッ」となりません。
それに、地面からつま先が早く離れるのがわかりますよね。
⑤ではもう離れかかっています。

マラソン本に書いてある「つま先で蹴る」ということは、
速く走るために必要なことのようですが、
つま先や足の甲にとても負担が大きいのです。
サブスリーを狙うのでしたら必要ですが、
4時間そこそこでの完走でしたら、
逆に無理せず、力を抜いて蹴らないことが必要です。

「止まらず、歩かず完走したい」
という方であれば、なおさらです。

あなたの走り方はどうですか?
「足の甲が痛い」と検索して来られた方、
今回のようになっていませんか?
ぜひ、今日からエンジョイラン走法で進んでみて下さい。
楽に長く走るコツは、走らないことですから。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================

危険信号を早くキャッチしてください

いつもエンジョイラン.comを見ていただきましてありがとうございます。
最近では週一回しか更新していないのに、
ますます閲覧数が伸びてきていまして、
一日約3000カウントを超える日もあるほど成長してきました。
毎日ものすごくたくさんの人に見ていただいていると思うと、
本当に嬉しく思います。
最近では、マラソンだけではなく、
他のスポーツをされている方も参考にされているようです。
「とても分かりやすい」とか、「こんなのを探していた」などと、
嬉しいメールやコメントも頂戴します。
ひとりでも多くの人にお役に立ちたいという想いが、
しっかり届いているのだと確信する言葉です。

しかしその反面、これだけ書いているのにまだ故障する人がいることに、
ものすごく胸が痛む想いで悲しくなります。

先日ブログ友達が、
あるマラソン大会(ハーフ)に参加されて、生死をさまよった人がいます。
今年3月にはサブフォーを達成したのに、ハーフでリタイヤされました。
トレーニング不足はあったと思いますが、
それよりも、生死をさまようほどまでなぜ頑張ったのか?
ということなんです。

15km地点で、止まり、座り、倒れました。
しばらくすると手足の先がしびれ出し、
そのうち手足全部がしびれ、
さらにお腹がしびれ出して、
「私は死にますか?」と、かけつけた救急隊員に尋ねたそうです。

なぜ、そこまで頑張ったのでしょうか?

幸い、点滴等で回復して帰られたそうですが、
お腹がしびれ出した時は、次は心臓が止まるんじゃないかと、
本気でそう思ったそうです。

マラソン大会では、死人が時々出ます。
健康のために走っているのに、死んでしまうなんて、
おかしな話だと思いませんか?

結局は「頑張り過ぎ」なんです。
せっかくトレーニングしてきたんだから、
というような理由がおそらく多いことと思いますが、
いつも以上に頑張り過ぎていることに気が付かないんでしょう。
ラストスパートをして、ゴール直後に倒れて死亡!
そんな人がとても多いそうです。
何も命がけで1分1秒を縮めなくてもいいのに・・・
そう思ってしまうんですが、当の本人には分からないんでしょうね。

これを読んでいる方すべての人に言いたいです。
頑張らなければ続けられないし、
目標を達成できないのは分かります。
しかし、もう少し早めに気付くようになってほしいんです。
15kmで倒れる前に、14kmで一度歩いているんですね。
しかし、きっとそれよりも、もう少し前に、
身体からの危険信号が出ていたはずなんです。
それをきちんと受け止めてください。
私からの願いです。

生死をさまようほどではなくても、
せっかくこのサイトを見ていただいているのに、
疲労骨折した人、アキレス腱断裂した人・・・
いつまで経っても防ぐことができません。
そうならないためにも書いているのに、
ぜんぜん伝わっていないことがとても悲しいです。

マラソンするなら、必ず身体のケアをしてください。
自分の身体が発する危険信号を早くキャッチできるようになってください。
そのためにも、ストレッチがとても大切なんですよ。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================

痛くてもホノルル走りたいけど、大丈夫?

毎週月曜定期更新の一回目です。
毎日書き続けて365日経ちましたので、
これからは毎週月曜+αで書いていきます。

マラソンをしているとこんな言葉を良く聞きます。
「なんでそんなしんどいことやってるの?」
この言葉に対してあなたはいつもどう答えていますか?
よろしければ私に教えて下さい。

今日ご紹介するのは、
先日メールで相談をされました、50代の女性の話です。

まったく運動をしないまま人生を生きてきて、
2年前に膝を痛めたそうです。
右の前十字靭帯が伸びてしまい、
半月板も外側が一部かけているため、
整形外科の先生からは手術を勧められたそうです。
しかし本人は、3ヵ月も入院するのがイヤだと断り、
解決策として「太ももに筋肉を付けるように」と、
指導されたそうなのです。

それからジムへ通い出したところ、
「ジョギングの魅力にハマった」そうです。
ところが最近では、左の膝も痛み出し、
右よりもむしろ左の方が痛みがひどい。
それなのに今年の「ホノルルマラソン」には
参加したいそうなのです。

マラソンにハマるきっかけというのは千差万別です。
しかし多くの人は「健康のため」
という大きなくくりではないでしょうか。
またどんなスポーツでも基本は走ることです。
プロ野球選手ですら、
走り込んで足腰を鍛えると言います。
ミュージシャンもまた走ることを基本としている人がいます。
2時間や3時間のステージをこなすには、
体力が必要なのです。
プロとしての目的のためであり、
走ることそのものが目的ではないわけです。

では私たちはどうでしょう?
あなたは何のプロですか?
営業のプロ?
接客のプロ?
製造のプロ?
修理のプロ?

私たちには仕事や家事があり、
何かをしてお金を得て生活をしています。
お金を得ている以上は、「その道のプロ」なわけです。
仕事はしていなくても、
家事を収入に例えると年収○○万円になる、
というニュースを見たこともあります。
関節的ではありますが、
専業主婦というプロなわけです。

「好きになるのに理由はない」
ということもよく聞きます。
好きなんだからしょうがないじゃない!
そうなんです。
その通りなんです。
しかし、どんなにスイーツやお菓子が好きだからといって、
毎日いっぱい食べていると、
それはそれは恐ろしいことになりますよね。
食べることが好きだからといって、
容赦なく食べ続けて太ってしまってから、
「どうすれば痩せれますか?」
と尋ねられても、原因は本人にあるのですよ。

走ることが好きになったんだからしょうがないじゃない!
でも、ちょっと待って下さいね。
その膝で走り続けますと危険です。
手術が必要だと言われるくらいヒドイわけです。
まず膝を治してから走ることにしましょう!


あなたは日頃走っていて「痛み」はありませんか?
痛みは身体からの危険信号です。
せっかく身体がサインを出しているのですから、
きちんと受け止めて下さいね。
痛むには必ず理由があります。
その理由を早く見つけ出して、
早く解決するように心がけましょう!
病院へなかなか行けない人多いでしょ?
だからこそ、私が持っているノウハウを書いているのです。
あなたのその痛みの原因は、
このサイトの中にもあると思います。
============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================

何事も無理をしてはいけません

今日の記事で、書き始めてから丸1年となる、
365日目の記事です。
毎日毎日、一日も休まず書き続けてきました。
一周年おめでとうの意味を込めて、
今日はぜひ、ふたつともポチッと押して下さい。
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ

さて、365日目の記事で、重大発表をいたします。

これまで毎日書き続けてきましたが、
これからは少しペースダウンをいたします。
マラソンもそうですが、
何事も無理をしてはいけません。
また、頑張りすぎもダメです。
これまで私がそんなことを書いておきながら、
私自身、少し無理をした時期もありました。

これまでに、マラソンと身体ケアについての、
「ノウハウ」をいっぱい書いてきました。
いつも心がけている事は「分かり易さ」です。
できるだけ専門用語を使わず、
また、不要な用語も使わず、
それでも「なるほど」と思えるような記事を書いてきました。

ただ、「記事が増え過ぎて、全部読み切れない。」
そんな声も聞いています。
しかしそれは、
「読み手が望む記事を瞬時に探すことができていない」
ということではないか?
そんな気がするのです。
ひとつひとつの記事は分かり易くても、
エンジョイラン.com全体としての読みやすさは、
まだ改良の余地があると思います。
良い方法が見つかりましたら、
ページをリニューアルすることも検討しますね。

とにかくまだまだ伝えたいことはたくさんあります。
ただ、少しペースダウンさせて下さい。
これからは、週1~2回のペースで書く予定です。
基本的には、「毎週月曜日には必ず更新」します。

ペースダウンすれば、きっとランキングは落ちることでしょう。
それは仕方がないことです。
書き始めた頃から比べると、
検索で訪れる人がものすごく増えています。
ランキングがすべてではありませんので、
これからはマイペースで書いていきます。

「次回のストレッチクリニックはいつですか?」
というお問い合わせもいただいております。
現在、調整中ですので、もうしばらくお待ちくださいね。

365日目の今日の記事で、一区切りいたします。
これまで応援していただきましてありがとうございます。
そして、これからもよろしくお願いします。

=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================

痛風とは?

私は整体師ですので、
毎日いろんな人のお身体を触らせていただきます。
スポーツをされている、されていないに関わらず、
足の親指の付け根周りを押した時に痛む人がとても多いんです。

痛風(つうふう)

この言葉は聞いたことがあると思いますが、
説明してと言われると、意外にできないものです。
この痛風の予備軍ともいえる人が多いように思いますので、
今日はこのことについてお話します。

痛風になった人に聞けば、「とにかく痛い!」と言います。
まさに、字のごとく「風が当たっただけでも痛い」病気、
それが痛風なのです。
ですから、痛い時はジョギングもできません。

ある日突然、足の親指のつけ根が激痛に襲われます。
この発作が起こるとたちまち赤く腫れてしまい、
ほんの少し動いたり、触れるだけでも激痛が起こります。

「痛風」の約70%が、足の親指のつけ根が痛くなるようです。
それ以外には、ひじ、ひざ、かかと、足の親指以外の関節、
くるぶしなどで発作が起こり、
最初の発作では約90%が足の指の関節周辺で起こると言われています。

なぜ、痛風になるのか?

それは、血液中に「尿酸」という物質が
増えてしまうことによって起こるのです。
尿酸は、健康なときには液体に溶けた形で存在しますが、
これが過剰に増えてしまうと、針状の結晶になって、
体のいろいろな場所に沈着するんです。
とくに関節などに沈着した場合に、
激しい痛みを引き起こすのが、痛風なのです。

尿酸=老廃物です。

解決策としては、とにかく老廃物を排泄すればいいだけです。
尿酸は誰でも体内で毎日作られ、毎日排泄されています。
排泄される尿酸のうち、4分の3は尿として排泄され、
残りは汗や便として排泄されます。
しかし何らかの原因により、
この排泄がうまくいかなくなると
この循環のバランスが崩れてしまい、
尿酸が体内に溜まってしまうということです。

マラソンしているのに、なぜ尿酸が溜まるのか?

マラソンに限らず、スポーツをしますと大量の汗をかきます。
水分補給はきちんとできていますか?
汗をいっぱいかいているのに、水分補給をしませんと、
尿酸が尿の中に溶けにくくなり、
尿と共に体外へ排出される尿酸の量が少なくなってしまいます。
まず気を付けるべきは、水分補給です。

尿酸が増えれば腎臓に負担がかかります。
逆を言えば、腎臓になんらかの不調のある人は、
尿酸の排泄がうまく行われません。
ですので、腎臓の働きが正常が否かです。
気になる方は一度検査をおススメします。

処理しきれなかった尿酸は、
結晶化して腎臓の中に溜まってしまい、
気付かずに放っておくと、
腎不全、さらに尿毒症を起こし、死に至ることもあるそうです。

そしてやっぱり基本中の基本は、ストレッチです。
ストレッチをして、老廃物を排泄できるよう、
血流とリンパの流れを良くしましょう!


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================

体温調節機能で保たれている

昨日は熱中症の症状について書きました。
(昨日の記事→熱中症とは?

熱中症というのは、「事故」です。
そう考えると、
誰の身にいつ起こってもおかしくないということです。
統計的に、
熱中症は「急に暑くなったとき」に多く発生しているそうです。

梅雨の合間に、急激に気温が上昇した日、
梅雨明けの蒸し暑い日、
などは、注意が必要です。
それは、私たちの「体温調節機能」との関係が
深くかかわっているからです。

体温調節機能とは、
字を読んだ通りの事で、
体温を一定に保とうとする能力です。
個人差や時間差はありますが、
だいたい36度程度の体温に保たれています。

例えば、平温36.5度の人の体温が
1度上昇すると、37.5度になりますが、
そのくらいだと「微熱がある」という
自覚症状も現れることでしょう。
でももし、2度上昇して38.5度になったらどうでしょう?
きっと仕事や家事に支障が出るくらいですよね。
「今日は早く寝よう」
そんな気持ちになることでしょう。
それが39度にでもなろうものなら、
それはもうフラフラ状態ですよね。

ではその逆はどうでしょう?
1度下がって、35.5度。
これくらいが私の平温です。
そんな人もあるかもしれませんよね。
では、2度下がって34.5度になったら?
これはもう身体が冷たくて大変です。
それ以上は危険なので考えたくありません。

いかがでしょう?
当たり前の事を書いただけですが、
人の体温というのは、
1度~2度程度までしか変化しないようにできています。
これは私たちの身体が頑張っている証です。
それなのに気温はどうでしょう?
真夏は気温が35度になったり、
車の中は50度になることもあります。
それとは逆に、真冬には氷点下にもなります。
気温がそんなに変化されては、
身体の体温調節機能が付いていけなくても当たり前です。

しかも夏になると、必ず冷房が入ります。
私は個人的には冷房がキライなので、
家ではほとんど使いませんが、
会社務めしている人は大変です。
また買い物に行っても、どこへ行っても、
冷房で身体は冷やされ、しかし一歩出れば炎天下で暑くなり、
また冷やされ、また暑くなり、
そんな温度変化を一日に何回も繰り返されると、
身体の体温調節に対する能力が
働かなくなってもしょうがありません。

この温度変化への対応能力も個人差があります。
これから暑い夏になりますが、
マラソンをする場合、
炎天下の下、走るというのはかなり危険です。
とくに梅雨明けは身体が
このような温度変化にまだ対応できていないので、
熱中症で倒れてしまうということもあります。
ある程度、暑さに慣れるまでの数日間は、
徐々に身体を慣れさせるようにしましょう。

だから温度変化の少ない生活を心がけましょう!
なんて書いても、現実的に無理ですよね。
夫婦間の体感温度が違うため、
冷房を入れないと過ごせない夫に、
仕方なく寒い部屋で過ごしている妻。
そんな話はよく聞きます。
ではどうするか?
それは「衣服」で調整するしかありませんよね。
私は夏には必ず長袖の上着を持ち歩きます。
冷房のきいた場所に入る時は、
必ずその上着を着ます。
人間には衣服で調整する知恵があります。
「邪魔くさい」とは考えずに
「健康のため」と考えましょう。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================

熱中症とは?

梅雨明けはまだかと待ち遠しい季節です。
湿気が多いので、毎日イヤですよね。

「熱中症(ねっちゅうしょう)」という言葉は、
ニュースでもよく聞きますので、
言葉を知らないという人はないでしょう。
しかし、明日は我が身と思っている人は少ないかもしれません。

部屋の中にいても、炎天下でスポーツしていても
熱中症になる可能性があります。
熱中症とは、暑さの中で起こる障害の総称ですが、
大きく分けると、4つに分類することができます。

熱失神
直射日光の下での長時間行動をしたり、
高温多湿の室内でも起きます。
水分不足が原因で、脱水症状があり、
突然、意識を失うこともあります。
熱中症の中でも一番軽い症状ですが、
ひどくなる前に気付いて、
水分補給をし、身体を冷やしましょう。

熱けいれん
大量の汗をかいているのに、水分だけを補給し、
塩分やミネラル分が不足した時に発症し、
手や足や腹筋などのけいれんと硬直を起こします。
塩分補給と水分補給をすぐに行って下さい。

熱疲労
多量の発汗に対して、水分補給と塩分補給の両方が追いつかず、
脱水症状になったときに発症します。
触ると皮膚は冷たいのに、発汗が見られます。
倦怠感、脱力感、めまい、吐き気、嘔吐、頭痛などの症状が起こります。
涼しい場所で身体を冷やし、水分と塩分補給を行いましょう。

熱射病(重症)
体温調節がまったくできない状態で起こり、
高体温と意識障害が発症します。
周囲の状況が分からなくなったり、
昏睡状態に陥ることもあり、危険な状態です。
死亡率も高いので、すぐに救急車を呼んで下さい。

熱中症と一口に言っても、いろんな症状があります。
屋外、屋内、年齢や運動強度によっても変わります。
少しでも立ちくらみや身体の異常を感じた時は、
無理をせず、涼しい場所で身体を休めるようにしましょう。
汗をかいた衣服を着替えることも大切です。
水分補給と塩分補給をしながら、身体を冷やし、
ゆっくり休憩を取りましょう。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================

このサイトの目的
健康やダイエットのため
走り始めたのに、
膝や足腰が痛い、
疲れが取れないなど、
良かれと始めた運動が
逆効果で困っていませんか?

整体師だからこそわかる、
筋肉や身体のケア方法や、
筋肉痛知らずで、
楽に長く走る方法、
そして、フルマラソン完走
ノウハウも含めて、
全部お教えします。
ご注意
このサイトで紹介している ストレッチや体操は、 自己責任で行って下さい。 万が一、ケガや故障が起こりましても、 一切責任は負いませんので、 くれぐれもご注意ください。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


マイナビでコラム書いてます

記事数が増えましたので、目次から探しにくい時は、下の枠内に読みたい言葉を入力して探すことができます。
目次(新しく記事を書くたびに追加していきます)

◆はじめまして。

◆マラソン本の練習メニューなんて、こなせるわけがない!

◆何事も無理をしてはいけません

◆メルマガ登録始めます。

◆RYO整体院のりょうです


●なぜ走る?

◆健康のために走っているのに、なぜ、健康にならないか?

◆運動が健康のためではなく、逆に痛めつけている。

◆あなたはマラソン?ジョギング?

◆生きているからこそ走れる

◆速く走れることにどんな意味がある?

◆ランナーにすれ違う時、挨拶しますか?

◆運動オンチの私がなぜ、マラソンを始めたのか?

◆東北の人に負けないように、私も走ります

◆音楽の力は、生きる力を与える

◆走れるんだから走ろう!


◆100万アクセス突破!

◆100万アクセス突破までの軌跡

◆今年の目標設定されましたか?

◆だって、楽しくないことはやりたくありません!

◆エンジョイランは、スポーツではなく健康的な遊びです

◆150万アクセス、突破しました!

◆エンジョイランは、心から楽しむためのマラソン方法

◆「自分らしく」というのが一番楽しい!

◆目標だけではなく、過程を楽しむ!

◆いっぱい楽しんだもの勝ち!

◆マラソンブームに困惑する人がいる

◆人生楽しんだもの勝ち!

◆目標を定めず、漂流を楽しむ!

◆元気でも肉体は衰えている

◆200万アクセス突破!感謝します。

◆フルマラソンは誰との戦い?

◆防災×健康×マラソン=明るい未来(250万アクセス突破)

◆先輩の教訓を生かして走り続ける

◆過程を楽しむことが大切

◆積み重ねではなく、経験やノウハウを排除する

◆なぜフルマラソンを走る?

◆過去の記録を役立てて今日を生きる

◆市民レベルの特権=うまくいかなくても満足する気持ち

◆人生初のDNS

◆リオ五輪選考基準への疑問~福士選手頑張れ!

◆学べることの幸せ

◆今日はどんなことを発見しましたか?


●ストレッチ・レッスン(静的)

◆ストレッチとは何か?

◆ストレッチは必要ない?

◆ストレッチはやらなければいけないですか?

◆ストレッチは全部やらなければなりませんか?

◆ストレッチを何分やらなくてはいけませんか?

◆うまくストレッチができないという方へ

◆筋肉と会話する

◆基本編

◆応用編

◆太もも-1

◆太もも-2&肩甲骨

◆太もも-3(ねじる)

◆太もも-4(内側)

◆太もも-5(開脚)

◆太もも-6(外側)

◆太もも-7(女の子座り)

◆太もも-8(膝をあまり曲げずにする方法)

◆ハムストリングス-1

◆ハムストリングス-2

◆ハムストリングス-3

◆太もも後ろ&ひざの裏

◆太もも後ろ&ひざの裏(その2)

◆太もも後ろ&ひざの裏(その3)

◆太もも後ろ&ひざの裏(その4)

◆ふくらはぎ

◆アキレス腱

◆足の指

◆太もも&背中&脇腹&肩甲骨&首

◆脇腹&そけい部

◆そけい部&腰

◆ひざ下/前脛骨筋&つま先

◆足首&前脛骨筋

◆背中&腰&お尻&ハム

◆肩甲骨&背中&腕

◆お尻

◆足全般

◆腰

◆腰~横腹

◆腰~背中-1

◆腰~背中-2

◆腰~背中-3

◆腰~背中-4

◆腰~背中-5

◆背中~肩甲骨

◆肩こり解消ストレッチ(その1)

◆肩こり解消ストレッチ(その2)

◆肩こり解消ストレッチ(その3)

◆肩こり解消ストレッチ(その4)

◆肩こり解消ストレッチ(その5)

◆肩こり解消ストレッチ(その6)

◆肩こり解消ストレッチ(その7)

◆新聞読みながら開脚ストレッチ

◆新聞読みながら開脚ストレッチ(硬い人用)

◆足裏ストレッチ(足底腱膜炎の予防)

◆足首ストレッチ/五段活用(同時に前脛骨筋ストレッチ)


●動的ストレッチ

◆股関節

◆太もも

◆ひねりー1(ウエスト)

◆ひねりー2(腰、背中)



●バランスボールを使ったストレッチ

◆太もも後ろ側、股関節

◆股関節、お尻

◆背中、腰

◆横腹、脇

◆背中ねじり


●ストレッチ&エンジョイラン・クリニック

◆ストレッチ&エンジョイラン・クリニック開催しました

◆チェックシートを付けて身体の状態を知る

◆ストレッチをして身体が楽になった

◆第2回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第2回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆呼吸の練習をしただけで、痛みが取れる?

◆筋肉にアプローチしているという感覚が初めて分かりました

◆第3回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆ストレッチの出張クリニックいたします

◆これまでストレッチだと思っていたことが、違っていた

◆力が抜けて、リラックスできた

◆第4回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第4回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆第5回ストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催します

◆第1回エンジョイラン走法・クリニック(フォーム中心)を開催します

◆5回目のストレッチ&エンジョイラン・クリニックを開催しました

◆エンジョイラン走法の個人レッスン後、10kmを58分で完走!

◆第1回エンジョイラン走法・クリニック開催しました

◆第6回ストレッチクリニック開催します

◆第7回ストレッチクリニック開催します

◆第6回ストレッチクリニック開催しました

◆第7回ストレッチクリニック開催しました

◆第8回ストレッチクリニック開催します

◆第8回ストレッチクリニック(ボール編)開催しました

◆第9回ストレッチクリニック開催します

◆第10回ストレッチクリニック開催します

◆第9回ストレッチクリニック開催しました

◆第10回ストレッチクリニック開催しました

◆第11回ストレッチクリニック開催します

◆ランニング個人レッスン

◆第11回ストレッチクリニック開催しました

◆レッスンでは、自分ができたかどうかのチェックが必要!


●筋肉痛解消マッサージ

◆前脛骨筋

◆ふくらはぎ

◆太もも(外側と裏側)

◆太もも(上側と内側)


◆フルマラソン終了後、立つのも激痛、歩くのも激痛・・・


●身体ケア

◆筋肉痛になってしまったら?

◆マラソンに、筋トレは必要なし!

◆足がつるとは?

◆私は筋肉痛になりません!

◆道具にこだわるなら、身体のケアにもこだわるべき!

◆自分で身体のケアができない人へ

◆レース中に、ふくらはぎがつった場合の応急ストレッチ

◆レース中のふくらはぎストレッチ

◆ストレッチをやっているのに、痛みが取れない

◆そもそも、身体のケアとは何か?

◆フルマラソンと小室サウンドが似ている理由

◆筋肉が硬くなると、どうなる?

◆呼吸の仕方だけで身体が変わる

◆ストレッチをする時間がない場合、どうする?

◆激痛との戦い、解決策は?

◆ストレッチ中は、目をつぶる!

◆あなたの歩幅は、左右おなじ?

◆ふくらはぎのむくみ解消、筋肉痛改善

◆マラソンに筋トレはやっぱり不要!

◆筋肉痛の時は走らない方がいいですか?

◆親指の爪が剥がれるんですけど・・・

◆お尻が痛い、筋肉痛を自分で治すやり方

◆筋肉が硬くなるから、関節が動きにくくなる

◆持久力UP!遅筋を増やす方法

◆マラソンに向いている身体を作ることは可能

◆マラソンをすると、なぜ風邪をひきやすくなるのか?

◆1kg体重が増えると、1kmのハンディとなる

◆ボルタレンを服用するのは良いのか?

◆私の身体には「風邪センサー」が付いています

◆寒い日は踏台昇降で汗をかきます

◆脛骨疲労性骨膜炎(シンスプリント症候群)とは?

◆アキレス腱炎とは?

◆温度変化型全身浴のススメ

◆寒い日の朝は、ぎっくり腰に要注意!

◆何事も適度が一番です

◆納得しないことは受け入れられない

◆O脚とガニ股は違う

◆XO脚、X脚、OX脚の人もいます

◆日常生活によるクセが原因で歪む

◆無理、無茶、無謀

◆ストレッチのやり過ぎはよくないですか?

◆マラソンやっていると、本当に健康?

◆マラソンすると、肩が凝る

◆マラソンしているのに、血行不良が起こるとは?

◆生活習慣ってよく聞くけど、それってなに?

◆筋肉は左右偏りなく動かすと良い

◆筋肉は伸ばし、関節は回す

◆患者も身体の事について知識が必要だ

◆偏平足はダメなのか?

◆病院へ行くより、整体の方が即効性が高い

◆人間は自分の身体を自分で治す力がある

◆精神的にゆったりした気持ちになると、不調が取れる

◆自律神経とは?

◆「力まない」と、「脱力する」は違う

◆神経が誤動作する

◆呼吸の仕方で筋肉を緩める

◆骨?関節?ボキボキ鳴るのはなぜ?

◆ストレッチが分かった瞬間の言葉

◆筋肉痛解消用品

◆左右のバランスが悪い

◆患部に触りもしない医師

◆3軒目のレントゲンで骨折が発覚

◆足裏、土踏まずが痛い

◆医師も人間、間違いはある

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」(解決策その1)

◆足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」(解決策その2)

◆初フル後、10日経っても関節がまだ痛みます

◆睡眠中に足がつる

◆身体の後ろで両手が組めない

◆膝裏が痛い、自分で治すやり方

◆走りたいのに走れない人へ

◆なぜストレッチが続かないのか?

◆なぜストレッチが続かないのか?解決案

◆ストレッチは、効果が分かれば続けられる

◆あなたの筋肉も労働している

◆身体が硬い=背中が硬いのですか?

◆関節の可動範囲が大きい人は、身体が柔らかい

◆背骨の仕組み(脊椎)

◆身体の不調の大部分は、後ろ側にある

◆かかとが痛い・・・足底腱膜炎

◆かかとが痛い・・・踵骨骨底棘

◆「痛み」とは、身体が発する危険信号です

◆片側だけ痛むのは、悪いクセが原因

◆動けなくなるほどの痛みは危険です

◆テニスボールの弾力が身体ケアに役立つ

◆ジョギングしたのに、足がむくむのはなぜ?

◆むくみのメカニズム

◆リンパとは、ゴミ回収車のようなもの

◆疲労物質は急に止まらない!

◆寝る直前のストレッチを必ず行う

◆質の良い眠りへ誘導するためにストレッチを!

◆ツボの場所探しはとても難しい

◆ツボ押しよりストレッチが効果的

◆3ヵ月経っても痛みが引かない

◆熱中症とは?

◆体温調節機能で保たれている

◆痛風とは?

◆痛くてもホノルル走りたいけど、大丈夫?

◆オリンピックに影響されて、追い込み過ぎないように!

◆あなたは左右同じように、本当に動いていますか?

◆危険信号を早くキャッチしてください

◆足の甲が痛い→その理由と予防策

◆足の甲が痛い→その理由と予防策(その2)

◆健康のためのタイム目標でありたい

◆これから先、痛みや故障とならないために。

◆「足の甲が痛い」緊急調査!

◆そのうち、そのうちと思っている間に、大変なことになります

◆「足の甲が痛い」調査の分析結果

◆その程度でお帰りいただくわけにはいきません

◆自分の身体が教材であり、患者で先生でもあります

◆私は、20歳若く見られます!

◆病院へ行くべきかどうするべきか?

◆予防とは、検査に行くことでも、保険に入ることでもありません

◆背骨が曲がっている!

◆左手マウスで身体の歪み解消!

◆左手歯磨きで左右のバランスを整えよう!

◆身体と同じで柔軟な思考もお忘れなく!

◆湿布薬は効果あるのか?

◆足の親指が痛い!

◆「足の甲が痛い」解消法・・・シューズを変えてみる

◆ストレッチ不要論

◆知識があるとないの違いは大きい

◆ストレッチのし過ぎで痛めることはない

◆10/12(月・祝)FMラジオに出演します

◆なぜ筋肉痛になるのか?(ラジオ出演の補足)

◆整体は相性で効果が変わる


●自力整体

◆脛(スネ)が痛い

◆ふくらはぎが痛い

◆太ももや膝が痛い

◆足首・土踏まずが痛い

◆ひざが痛い→その1(お皿)

◆ひざが痛い→その2(太もも)


●膝(ひざ)ケア

◆走り始めの膝の痛み(その理由)

◆走り始めの膝の痛み(対処方法)

◆走るとなぜ、膝(ひざ)が痛くなるのか?

◆膝に痛みが出たらどうする?

◆膝の痛いところの解消法(押してみましょう)

◆膝関節のイラスト

◆体重が足の外側へかかるのは危険!

◆足がまっすぐ出るタイプ?出ないタイプ?

◆膝に悪影響を与えているのは「ひねり」

◆つま先が外向くと、膝を「ひねる」からダメ!

◆マラソンは膝のお皿に悪影響を与える

◆マラソンするなら、腸脛靭帯炎は知っておこう

◆走り始めに膝(ひざ)が痛い人の対処法

◆ひざを曲げると「ピキピキ」と音が鳴る

◆膝の屈伸テスト

◆膝の痛みを自分で治した方法

◆膝を痛めた原因は、太ももにあり!(外側)

◆膝を痛めた原因は、太ももにあり!(内側)


●関節の運動

◆ケガのないよう、注意して行って下さいね

◆肩関節の運動(その1、その2)


◆肩関節の運動(その3)

◆肩関節の運動(その4、その5)

◆足首の運動(その1)

◆足首の運動(その2)

◆膝関節の運動

◆股関節の運動(その1)

◆股関節の運動(その2)

◆股関節の運動(その3)

◆股関節の運動(その4)

◆股関節の運動(その5)

◆股関節の運動(その6)


●骨盤矯正

◆大元の原因は、骨盤にあり!

◆骨盤矯正は病院ではやってもらえない

◆骨盤矯正のホントの本当

◆骨盤矯正(骨盤歩き)

◆骨盤矯正(まっすぐ動かす)

◆骨盤矯正(横へ動かす)

◆骨盤矯正(平行に動かす)

◆骨盤体操-1

◆骨盤体操-2


●アイシングについて

◆アイシングとは?

◆アイシングの方法

◆アイシングの目的は冷やすことではない

◆アイシングが逆効果?

◆冷やす→温めるを繰り返すと、さらに良い

◆シャワーでアイシングする方法

◆アイシングの目的をはっきりさせよう


●コンプレッションウエアについて

◆痛みを道具でカバーするのは間違っている

◆筋肉の補助を外したら、また痛みます

◆レース用シューズ、レース用ウエア


●ストレッチに役立つ右脳の動かし方

◆「ジョギングがつまらない」という相談

◆感動する心が若さを保ち、ストレッチにも役立つ

◆筋肉にセンサーを動かしてみよう!

◆想像力を養う遊び(その1)

◆想像力を養う遊び(その2)

◆想像力を養う遊び(その3)

◆想像力を養う遊び(その4)

◆筋肉は浅いところと深いところがある


●楽に長く走る方法

◆楽に走りたければ、走らないこと・・・その真意は?

◆楽に走る方法(エンジョイラン走法)

◆1、二本のレールをイメージして進む

◆2、体重移動で身体を前へ進める

◆3、足はまっすぐ出す

◆4、身体の重心の真下に着地する

◆5、内股に体重を乗せる。

◆6、足首、つま先などを使ってキックしない

◆7、着地時に地面を押さない

◆8、前に出した足を引き付けるようにしない

◆9、身体は水平移動のイメージ

◆10、骨盤移動で前進する

◆11、呼吸は日常生活と同じ

◆11の2・・・6拍子呼吸法

◆12、腕は楽に力を抜く

◆13、きれいなフォームより、ケガをしないフォーム

◆13の2・・・正しい姿勢を目指す必要なし

◆膝下(前脛骨筋)に負担がかかる理由

◆膝下(前脛骨筋)に負担をかけない具体的な方法

◆2本のレールの上を進む具体的な方法

◆走るという、固定概念を捨てること

◆歩く時も走る時も、小股です

◆このコツさえ覚えれば、楽に長く走れる

◆筋力ではなく、技術でもなく、コツを覚える

◆後傾姿勢は効率が悪い

◆前傾姿勢を覚えるための、邪道なやり方

◆エンジョイラン走法における、上り坂の攻略法

◆膝の屈伸力で全体重をうまく受けると楽になる

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・1)

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・2 「ピョンピタ」)

◆着地の足音が大きい(改善方法・・・3「ひざを考える」)

◆マイナビニュースでコラムを書き始めました

◆なぜ、華奢な身体でも大丈夫なのか?

◆体軸のバランスをテストしてみよう!

◆マイナビニュースでのコラム第2回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第4回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第5回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第6回目UPされました

◆マイナビニュースでのコラム第7回目UPされました

◆6拍子呼吸法の詳細

◆マイナビニュースでのコラム第10回目UPされました

◆痛くても走るか?止めるか?その基準は?

◆つじつま合わせができると完走できる


●マラソン・ノウハウ

◆こまめな水分補給って、具体的にどれくらい?

◆梅肉チューブで塩分補給!

◆フルマラソンにおける、体力低下イメージ

◆なぜ、フルマラソンが完走できないのか?

◆身体の耐久力を鍛える?それとも・・・

◆耐久テストで現れた欠陥!

◆必ずコースの試走をする

◆長時間、長距離走を経験するべし!

◆徐々にタイムを縮める、少しずつ距離を伸ばす

◆完走できなかった悔しさが力になる

◆「フルマラソンを完走できませんでした」という相談

◆プロとアマチュアのフォームは違っていて当たり前

◆走り始めがしんどい

◆「練習では43km走るのに、大会ではリタイヤ」という相談

◆夜ランの灯り、ライトを持つ?

◆マラソンに、いろんな練習方法は必要なし!

◆マイペース走&マイテンポ走で、楽に長く走る

◆苦しい時には、自分のテンポ曲を思い出す

◆心拍数、スポーツ心臓とは?

◆有酸素運動、無酸素運動とは?

◆美容と健康のためにマラソンを!

◆脂肪が燃焼するって、どういうこと?

◆ダイエットするなら、空腹ランニング

◆ランニング中の鼻水、どうする?

◆寒い日になぜ鼻水が出るのか?

◆映像に撮ると「自分の走るクセ」が良く分かる

◆NHKテレビ「3か月でフルマラソン!」始まる

◆300kgの重りが、1時間で5,000回も膝に衝撃を与える

◆トレッドミルだけのトレーニングで、フル完走が可能か?

◆ウォームアップを必ず行う

◆路面から受けるストレス(路面の傾斜)

◆路面から受けるストレス(路面の凸凹)

◆路面から受けるストレス(路面の段差)

◆テレビ番組を鵜呑みするのは危険です

◆何も変えていないのに、肩が痛みだした

◆水分補給は、のどが渇いてから

◆塩分補給をこまめに

◆「低ナトリウム血症」で、死亡者も発生

◆発汗量と脱水率の計算方法

◆練習後は喉が渇いて、コーラをがぶ飲みして困っている

◆サブフォー達成ならず・・・

◆奈良マラソン2012の反省&分析結果の報告

◆RUNNET(ランネット)混雑時の必勝法

◆勝手気ままな、セルフ・トレーニング-1

◆9/29(日)奈良マラソンの分割試走(26.3km)に行きます

◆意図的に力を抜くという、逆転の発想理論!

◆つま先着地は、かかとを着けず、つま先だけで着地するの?

◆大切なのは、自分の本当のリズム

◆練習で、42.195kmを一気に走ることがありますか?

◆まっすぐ行く?行かない?

◆RUNNET(ランネット)先着順受付必勝のコツ

◆RUNNET先着順受付で「失敗しない方法」2015

◆ある日突然痛みが出た

◆自分目線で足の出方をチェックしよう

◆自分目線で足の出方を修正する方法

◆下り坂がなぜ膝に悪影響を与えるのか?

◆ママチャリでもトレーニングに使えます。

◆アンクルウエイトで負荷を加える

◆マラソンは未来との戦い

◆花粉症対策/鼻と目

◆花粉症対策/のど

◆マラソン大会のネット受付は、今のままでいいのか?

◆マラソン大会の収支はどうなっている?

◆レース当日の雨、あなたならどうする?

◆テーピングのお陰で、奈良マラソン2015完走しました

◆関節は硬い方が良いのか?

◆寒い日の走る前のウォーミングアップに踏み台昇降

◆フルマラソンが完走できないとのお悩みをいただきました

◆追い込んでいるのに結果がついてこない

◆初フル参加へのアドバイスお願いします

◆マラニックは疲れるのにおススメする理由

◆どうしてもサブ4達成したい!というご相談

◆GPS機能付ランニングウォッチの買い替え

◆天国か地獄か?その差ってなんですか?

◆ランニングフォームは何を信じたらいいのか?

◆スタミナ切れの原因

◆心拍数を抑えるために、6拍子呼吸法

◆人体を理解すると、動きやトレーニングにだいぶ差が出る


●ひとりでする、ランニングフォーム改善方法

◆改善方法(その1)

◆改善方法(その2~観察)

◆改善方法(その3~スロー)

◆改善方法(その4~意識化)

◆改善方法(その5~ひとつずつ)

◆改善方法(その6~左右対称)

◆改善方法(その7~足音を気にする)

◆改善方法(その8~わざと間違ってみる)

◆利き手、利き足の関係(その1)

◆利き手、利き足の関係(その2)

◆利き手、利き足の関係(その3)

◆一度聞いただけでできたら苦労しない

◆知らず知らずにランニングフォームが変わっていく原因

◆路面の傾斜が原因でフォームが変わっていく

◆フォームの修正は、クセの修正でもある


●故障からの脱出方法

◆年齢を考える


◆速度を考える

◆速度を考え直す

◆回復を待つ

◆隠さないで打ち明ける

◆故障の原因を探る

◆重心を考え直す

◆リハビリは、ウォーキングから再開する

◆知らず知らずのうちに、間違ったフォームになっている

◆痛みの原因を自分で見つけ出すと改善は早い

◆人は人、自分は自分!

◆負けても楽しい接し方

◆失敗から教訓を得る

◆習慣を変えるのは困難?

◆痛みが反対側に現れる!?

◆痛みのあるところに原因があるとは限らない

◆故障で走れない間はどうするのか?

◆転んでもただでは起きない

◆リハビリランは、「歩き」をたっぷり交える

◆膝が痛くなった原因を探ってみました

◆WALK&RUNで、楽に長く行ける!

◆WALK&RUNが楽な理由

◆2種類のRUNで、歩かず走りきる方法

◆実年齢と気持ち年齢のギャップ

◆故障から練習再開する際に注意することは?

◆マイナビニュースで「腰痛改善」コラムを始めました。

◆肉離れで全治3週間からの再開方法


●マラソン・ノウハウ(大会準備)

◆大会当日に初めて身に付けるのは危険

◆表を持って走り、通過タイムでペース確認する

◆あなたのトイレラップは何分?

◆時間計算の相棒

◆予想タイム表

◆ラップタイムをどこで計りますか?

◆私のマラソン大会・必需品

◆私のマラソン大会・必需品(その2)

◆レースでは何を身につけて走る?

◆ボトルポーチを改良して重量分散

◆レース直前は、栄養源を身体に蓄えよう!

◆マラソン大会にエントリーするのもネットから

◆参加賞と完走メダルは、本当に有難いのか?


●マラソン・ノウハウ(大会当日)

◆レース中にできるストレッチ

◆レース中の栄養補給に、ゼリー飲料持参

◆マラソン途中から足が動かない・・・解決法

◆ガス欠=スタミナ切れを起こさないために

◆失速しない走り方、方法

◆スタート前の寒さ対策

◆服が擦れて痛い、切れる、血が出る。

◆大会当日のウォーミングアップ

◆奈良マラソン、完走しました(休まず走り切ろうとすると失敗する)

◆私の奈良マラソン2011分析グラフ

◆ハイタッチで、お互い勇気をもらい合う!

◆給水ポイントのテーブルは複数ある

◆給水コップの上を鷲掴みすると、楽に飲める

◆名前入りゼッケンは、元気100倍!

◆リタイヤした場合、そのまま自宅へ帰ってもいい?


◆マラソン大会途中、前を行くランナーが倒れた!どうする?

◆給水ポイントで体力回復を狙うのが一番

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その1)

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その2)

◆フルマラソンを走りきるためのワザ(その3)

◆ビニール袋2枚を重ね着して防寒対策で成功


●靴の履き方・選び方、インソール

◆あなたの靴の履き方は間違っている

◆靴の選び方

◆マラソンシューズの寿命はいつ?

◆靴下はどんなのを履く?

◆足の甲が痛い/靴の履き方で解消するワザ

◆インソールを入れ替える必要はあるのか?

◆インソールを途中で入れ替えると、シューズの寿命は延びるのか?


●折れない心の作り方

◆コース作り

◆同じコースを何度も走る

◆ペースを落とす

◆タイムを記録する

◆悪魔のささやきを断ち切る

◆お願いしたら、お礼に行くのが礼儀です

◆目標は他人に宣言するから達成できる

◆楽しさを見いだせなくなったら、お散歩ラン!

◆他人は他人、自分は自分。


●三日坊主からの脱出方法

◆1・記録を付ける


◆2・ぼちぼちやりましょ

◆3・とにかく出てみる

◆三日坊主は、三日やるから続かない

◆動機は不純な方が続きやすい

◆継続するには、目標を設定すること

◆マラソン始めたら、周りに言い触らしましょう!

◆通勤ランをする人

◆休日ランだけで、サブフォー達成した人

◆深夜ランのライフスタイルしかできない

◆早朝ランで規則正しく

◆寒さと億劫で走る気力がない時の解決法


●栄養、食事

◆スポーツドリンクは飲みにくい?

◆アイソトニック飲料とハイポトニック飲料とは?

◆人の体液と同じ浸透圧だから吸収率が早い

◆サプリメントは必要?それとも無駄?

◆ミネラル不足とは?

◆疲労回復のために、タンパク質を摂る

◆BCAAとは?

◆アミノ酸を摂り過ぎると太る?

◆プロテインは必要か?

◆ハンガーノックとは?

◆栄養ゼリー1本で17分

◆栄養ゼリーは薄めると飲みやすくなる

◆ミネラルウォーターで、ミネラル補給ができる

◆塩分補給には、天然塩がおススメ!

◆鉄分とは?

◆カルシウムをサプリメントで摂り過ぎると危険

◆バナナの保存方法


●夏対策

◆汗でベトベトにならない夏仕様ボトルポーチ

◆夏をおろそかにすると負ける

◆熱中症の原因

◆吸汗・速乾のポリエステル100%と、綿100神話


●ランニングイベント

◆第一回・奈良名所巡りエンジョイランニング~秀吉献上の餅を食べて法隆寺へ

◆第二回・奈良名所巡りエンジョイランニング~奈良市内で訪れたい観光名所を欲ばりチョイス!

◆「第一回・奈良名所巡りエンジョイランニング~秀吉献上の餅を食べて法隆寺へ」 開催しました

◆「第二回・奈良名所巡りエンジョイランニング~奈良市内で訪れたい観光名所を欲ばりチョイス!」 開催レポート

◆第三回・奈良名所巡りエンジョイランニング~原始林のマイナスイオン森林浴と芝生の三重奏

◆「第三回・奈良名所巡りエンジョイランニング~原始林のマイナスイオン森林浴と芝生の三重奏」 開催レポート

◆第四回・奈良名所巡りエンジョイランニング~矢田丘陵から大和の国を見下ろす絶景と斑鳩の里

◆9/19(月・祝)第四回奈良名所巡りエンジョイランニングは雨天中止

◆第5回・奈良名所巡りエンジョイランニング~箱庭のようなのどかさ満喫の柳生街道と石仏の名作


●エンジョイラン・販売物

◆エンジョイラン商品化第1弾!DVD 5/1発売!

◆DVDの感想をご紹介します

◆エンジョイラン、ついに書籍化決定!

◆私の本、amazon「売り切れ」でご迷惑をおかけしております

◆私の本、楽天ブックス・デイリーランキング第1位!!

◆今日も、私の著書がランキング第1位です!

◆ウイークリーランキングで、第1位を獲得しました!

◆書店では、面陳列、平積み店も多数あります!

◆私の声でエンジョイランを聴いてみませんか~国立FM

◆増刷決定!発売から約半年です!

◆200万アクセス突破記念、DVD特別価格!(数量限定!)

◆300万アクセス突破記念、DVD特別価格!(期間限定!)

私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ロゴ enjoyrun
管理人:りょう
奈良市在住の整体師

このサイトは、こんな人が対象です。
1、健康やダイエット
  のために走っている。
2、楽に長く楽しく走りたい。
3、フルマラソンを止まらず、
  歩かず、完走したい。
4、筋肉痛になりたくない。
  また、すぐ改善させたい。
5、疲労を溜めたくない。
  また、すぐ回復させたい。
6、怪我、故障をしたくない。

RYO整体院ロゴー中
奈良市南登美ケ丘14-12
グリーンヒル学園前105号
RYO整体院
TEL.0742-44-8667

奈良マラソンを走ろう バナーロゴ


アクセスカウンター(TOTAL)
  • 累計:

300万アクセス突破!
   →2015年10月27日

200万アクセス突破!
   →2014年4月24日

100万アクセス突破!
   →2012年12月19日

スタート
   →2011年7月5日

バナー お問い合わせ

バナー メルマガ登録始めました



DVD発売中!

お風呂で毎日できるかんたんマッサージ/ジャケット
筋肉痛改善DVD
好評発売中!

facebookはじめました

最初から毎日書き続け、7/3で365投稿達成しました。今後は、毎週月曜日更新+αくらいで書いていきます。日付の上にマウスを持っていくだけで(クリックしなくても)、その日のタイトルが表示されます。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,296円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


ギャラリー
  • マラソンも人生もゴールではなく過程が大切
  • マラソンは体に毒?
  • マラソン完走図
  • マラソン完走図
  • マラソン完走図
  • つま先を下向きか上向きにしてみる
  • つま先を下向きか上向きにしてみる
  • つま先を下向きか上向きにしてみる
  • つま先を下向きか上向きにしてみる
  • つま先を下向きか上向きにしてみる
  • つま先を下向きか上向きにしてみる
  • つま先を下向きか上向きにしてみる
  • つま先を下向きか上向きにしてみる
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 「第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望」開催レポート
  • 老廃物を早く排出させるためにストレッチが必要
  • 老廃物を早く排出させるためにストレッチが必要
  • 第20回・奈良観光ラン/大和は国のまほろば、藤原宮跡のコスモスと大和三山の眺望
  • 第19回/奈良観光ラン~案山子ロードから稲渕の棚田と彼岸花
  • 第19回/奈良観光ラン~案山子ロードから稲渕の棚田と彼岸花
QRコード
QRコード
走った距離時間を記録するサイト

時速と、1km当りの距離数は
どちらも自動計算してくれます。

RUNNET
■大会へのエントリー可能
■日常の記録を残す
・距離、高低差の表示可能
・自動計算
・グラフ化

JogNote
■日常の日記を残す
・距離表示可能(高低差表示なし)
・自動計算
・グラフ化

著作権について
●「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」に掲載されている文章や写真、イラスト、画像などの著作権は、管理人「りょう」にあります。 ●「私的使用のための複製」や「引用」などの著作権法上認められた場合を除き、無断で転用・引用することはできません。 ●利用許諾については、メールにてお問い合わせください。
当サイトへのリンク
●「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」へのリンクは、原則としてご自由に設定していただいてかまいません。承認のための連絡は不要ですが、コメント欄、もしくはメールにて報告いただけますと幸いです。●トップページ以外へのリンクは予告なしにファイル名を変更することがありますのでご注意ください。トップページのアドレスは、http://enjoy-run.comです。 ●リンクを設定する個所には、「整体師に学ぶ~マラソンによる筋肉痛改善方法と、フル完走ノウハウ(エンジョイラン.com)」へのリンクである旨を明記してください。
私の著書出版物です

エンジョイラン.comが
書籍になりました!
増刷決定!
楽天、amazonでは、
送料無料です!

痛み・故障ゼロ! がんばらな...

痛み・故障ゼロ! がんばらな...
著者:鮎川良
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


  • ライブドアブログ