今日は私のもうひとつの趣味、卓球についてお話します。実は私の中では、マラソンと卓球には大きな相互関係がありまして、影響し高め合っているのです。あくまでも私の例ですので、今日のこの文から、あなたにとっての相互関係のあるものを再発見していただけたら嬉しいです。

■卓球が根暗からようやく脱出できそう

リオオリンピック以来、卓球が大きく注目を浴びていますよね。「泣きむし愛ちゃん」の愛称で親しまれてきた福原愛選手も結婚されました。愛ちゃんが日本の卓球界を大きく変えたことは誰も否定できないはずです。そして次世代選手も続々と現れ、先日中国で開催された「2017アジア卓球選手権大会」では、平野美宇選手が中国勢を破り初優勝しました。まだ17歳です。そしてエンタテインメントとしては、新垣結衣さん×瑛太さんW主演のロマコメ卓球映画『ミックス。』が2017年秋に公開されます!ようやく卓球が根暗を脱して日の目を浴びるようになったと、私は実感しています(笑)

■ゴールパフォーマンスはスポーツの大きな魅力

前置きが長くなりましたが・・・卓球の愛ちゃんがスマッシュを決めた時に「さー!」と、大きな声を出すのは有名ですよね。自分が得点を決めた時にスポーツ選手はいろんなアクションをします。テニスでは「カモーン!」と大きく叫ぶ選手は多いです。サッカーでは「ゴールパフォーマンス」と呼ばれ、ダンス、ジャンプ、走り回り、抱擁など、選手の個性が表れる楽しいパフォーマンスがあり、見ていても楽しいです。私のようなアマチュア卓球でも、得点を決めた時には大きな声を出すことがあります。それは苦しい時に決めた得点ほど嬉しさも倍増するもので、さらに大きな声が出ます。「倍返し」なんて流行語もありましたが、相手のスマッシュをスマッシュで打ち返して得点した時の気持ち良さ!それこそ倍返しなんですが、やった者にしか分からない爽快感と達成感! 周りで見ていた人も感嘆の声を上げたり拍手したりと賑わいます。プロじゃないので観客なんていないんですよ。次の試合を待っている人ばかりです。それでも人のプレーを見て喜んだり吸収したり、一日を楽しく過ごすわけです。

■大きな声を出すことはストレス解消にとても良い

あなたは日常的に「大きな声を出す」ことはありますか? 一般的に一番あり得るのはきっと「カラオケ」でしょうね。大きな声を出すと気持ち良いですからね。若い頃は週に3回くらい歌いに行っていた時もありますが、最近ではもう10年近くカラオケには行ってません。それは生活習慣や環境が変わったのが大きな要因です。歳と共にいろんな状況が変わることは当たり前です。子供の成長と共に行く所が変わるだろうし、することも変わります。私のように一人暮らしでいると、すべてが自分の時間ですから家族に降り回されることがありません。

カラオケはストレス解消になるという人が多いですよね。その時にはお酒も入り気分も変わるでしょうから、日常のうっ憤を晴らすためにはとても良い遊びだと思います。ストレスのない人なんてこの世にはいないし、現代病の大きな問題だと言われていた人がいます。確かにそうだと思います。同じ環境にいたとしても人によって受けるストレスの大きさは必ずしも同じではありません。だからこそストレスの問題は大きいと思います。電通社員の過労自殺に関してはまだ記憶に新しいですが、なぜ自殺しなければならなかったのか?会社を辞めればいいだけなのに、という声も多くありました。ストレスの受け方、受けた後の処理方法、すべてが一人一人違います。仕事に対する責任感も違うし、ストレス解消法も違います。きっとストレスをストレスとも感じないくらいマヒしていたんだろうと言う人もありました。

私が会社を辞めた一番の理由は人間関係です。会社という組織で仕事をしながらお付き合いしていくストレスに耐えられなかったからです。もっと自由に生きたい!その一心でした。会社を辞めても社会から逃れることは絶対できません。社会からも逃れたい気持ちの人が引きこもりになってしまっているのかもしれませんが、私が引きこもらずに外で動くことができたのは、音楽があったからでです。音楽が自分に大きな力を与えてくれました。と、その話はまた別な機会にしますが、卓球をするようになってから身体の中身が変わったかのようにスッキリしたのです。中学時代に卓球していたけど、40過ぎてから無性にまた卓球がやりたくなったんです。そこにはまったく理由はありません。アーティストが「歌詞とメロディーが瞬間的に舞い降りてきた」とよく言われますが、それに似た状況でした。本当に無性にやりたくなったんです。そして卓球を始めた時に、「卓球続けるなら足腰鍛えた方がいいよ」と言われたのがきっかけで走り始めました。そしたらちょうど奈良マラソンの第一回目があるというのでフルマラソン走ろうとなっただけです。

卓球は単発的にストレス解消できます。マラソンというか、日常のランニングですね、ランニングはサラ~っとストレス解消になります。これはあくまでも私の感覚です(笑) マラソンされている人は必ず周りから言われたことがある言葉に「なぜそんなしんどいことしてるの?」というのがあるでしょ? 答えは「楽しいから」に決まっているんですが、走ったことない人には走る楽しさは分からないものです。山男になぜ山に登るのかと尋ねると「そこに山があるから」と答える。という昔の言葉がありますが、この言葉は意外にも奥深いと思う反面、何か物事を始めるのに理由なんていらないとも受け取れます。

■二つ以上の遊びがあると生活が楽しい

私にとってマラソンも卓球も遊びです。日常の中で遊び、遊びの中から学んでいることが多いです。と書けば、それはもう子供そのものですよね(笑) そう、私は前から思っていたのですが、大人は遊びが少なすぎです。真面目に過ごしすぎです。もうちょっと遊んでもいいんじゃないですか? マラソンに熱中している人の中には、遊びすぎていて日本中、いや世界の大会まで参加している人も時々いますが(笑)、それだけ熱中できるというのはとても幸せなことだと思います。むしろ自分の思い通りに行かない人の方が多いです。だから私のマラソンと卓球の関係のように、ジャンル違いで遊べることを知っていると身体も気持ちも切り換えて楽しく過ごせることがあります。さて、あなたにとってマラソン以外に遊べること、熱中できることは何かありますか? しかもそれが大声を出して叫んだり笑ったりできることでしたら、なお最高だと思います。

 ↓ストレス解消にも、ランニングイベントに参加しませんか?
バナー 20170423バナー 20170521
-------------------------------------------------
私の著書です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

がんばらないで楽に長く走る [ 鮎川良 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/2/6時点)













=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================