マイナビニュースに執筆している「腰痛改善コラム」に新しい記事がアップされましたので、こちらも読んでくださいね。→腰痛改善につながる「寝たまま体側ストレッチ」 - 遊び心が長続きのコツ
=============================
「知らず知らずのうちにランニングフォームが変わってきている」ということを前回書きました(前回の記事→一度聞いただけでできたら苦労しない)。しかしその内容を深く掘り下げず、「自分ひとりで学ぶことは難しい」という話にまとめました。ですので今回は変わっていくフォームについて私なりに書いてみますので、参考になりましたら嬉しいです。

■変わっていく原因を探るため、最初から思い出してみる

私がマラソンを始めたのは2010年の春です。そして約半年後の初フル(奈良マラソン2010)を、4時間8分で完走しました。給水ポイントで6回足を止めて水分補給しながらストレッチし、トイレには3回行きました。もし一回も止まらなかったら・・・という思いで翌年の奈良マラソン2011では、ぜんざいを食べるのに1分止まっただけで、給水ポイントも止まらず走りながら水分補給し、トイレは我慢しまして行きませんでしたが、4時間6分でした。たった2分しか時間短縮できなかったんです(その記事→奈良マラソン、完走しました)。

このことをふまえて2012年からどうすればもっと楽に速く走ることができるか?自分なりに考えながら走ってきました。しかし速くなるどころか、身体に痛みが出てきたわけです。私自身の痛みについて多くは書いてきませんでしたが、今日は新しい年の節目として、そして自分自身にもはっきりさせるために書いておきたいと思います。

■記録更新したい欲求が落とし穴になる

今から考えると、マラソンを始めた年が一番楽に走っていたのではないかと思います。始めてから3~4年すると故障しやすいという統計があるそうなのですが、なんとなくうなずけます。慣れてくると余計な力が入ってくるということなんだと思います。大会慣れすると精神的な緊張感は薄れる半面、速く走りたいという欲求が強くなるのもまた3~4年目からでしょう。そして、練習の成果が大会記録としてきちんと数字に表れると、やっていることが合っていると思いがちです。いわゆる「記録更新」という言葉ですね。そこが大きな落とし穴でもあるのでしょう。

■筋肉疲労が蓄積されると、身体の動かし方が変わってくる

私は整体師ですから、身体が慣れてくるからこそ身体のケアが必要だといつも言っています。経験を積んでくると筋肉の使い方も変わっていきます。大会後の痛みが数日あってもしばらくすると無くなりますよね。それがちゃんと筋肉が修復して治ったと思いがちなのですが、必ずしもそうではなくて疲労はどんどん蓄積していきます。やがて蓄積された部分に負担をかけないように筋肉が動き始めると、知らず知らずのうちにランニングフォームが変わっていくと私は考えています。残念ながらそのことに本人は気付かないのです。

私自身も走ることに慣れてくるとストレッチを簡単に済ませるようになっていました。10kmくらいまでならストレッチしなくても走れるし、走った後もちょいちょいって簡単に済ませても翌日に響くこともありません。そんな日がどれくらい続いたことでしょう。自分で書いておきながら恥ずかしいのですが、身体のケアがおろそかになっていたんです。だから痛みが出たと考えます。

■痛みをシューズのせいにしたのは間違い

最初に痛みが出たのは、右足の甲です。ここは以前にも書きましたが交通事故の後遺症があるためにそれでなくても気をつけなければならない所なんです。それを後遺症のせいにして大事なことを忘れていたわけです。その後に出てきたのが、同じ右足の内くるぶし下の痛みです。この時も後遺症との関連を考え、改善策としてシューズを変えました。これは皆さん経験あると思います。靴が合わなくなってきたから痛みが出た。あるいは速く走りたいためにシューズを変えたが痛みが出た。といった感じです。どうしてもシューズのせいにしがちなんですが、実はフォームが変わってきていることに、この時はまだ気付いていませんでした。

右足の痛みをかばうためにはテーピングもしました。それが2013年の事です。そしていよいよ2014年には、左ひざ痛がきました。この左ひざも交通事故の後遺症があるのでそのせいに考えることもありましたが、それもシューズが原因だと考え、最初のシューズメーカーに戻し、テーピングでフルマラソンを乗り切りました。これで一旦痛みは引いたのですが、さらに2015年にも同じ左ひざ痛で悩まされることとなりました。それまでなんとなく違和感のあった左股関節からハムストリングスに筋肉疲労を感じていました。それでもテーピングでなんとかしのぎましたが、前年より自分の中では深刻に考えるようになりました。「自分は楽に長く走る方法~エンジョイラン走法だから痛みとは無縁」と考えていましたから。ところがそのエンジョイラン走法ができていなかったというわけです。知らず知らずのうちにランニングフォームが変わってしまったその原因が、筋肉疲労にあるということです。

■筋肉疲労を取ればフォームも変わる

あなたがもし、なんらかの痛みを感じているのでしたらまず筋肉疲労を取ることを心掛けてください。また、シューズが合わないなどと、道具のせいにしている人も同じです。着地の問題、重心の問題、いろいろあります。もちろん、そもそもフォームが間違っている人もいます。その間違いも、元を正せば筋肉疲労が原因である事も考えられます。だから筋肉疲労を取ることができれば、ランニングフォームを変えることも可能です。筋肉疲労を取るために自らストレッチをし、定期的に整体をしてもらうことが良いでしょう。筋肉も思考も柔軟であれば大丈夫です。私ももう大丈夫です。しっかり身体のケアをして痛みが無くなり、楽に長く走れるようになってきました。「ああ、最初こんな走りだったわ!」と、思いだしたくらいです。やっぱり一年目が一番楽に走っていましたので、今年は初心に帰ります。
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------


=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================