私が執筆しているマイナビニュースのコラムですが、新しい記事がアップされました。お時間ある時に読んでくださいね。→肩こり知らずになりたいときに使えるストレッチを学ぶ
-------------------------------------------------

■夏に頑張ることが、冬の身体を作る

毎日うだるような暑さが続いていますが、走れていますか?「夏をおろそかにすると負ける」と、誰かが言っていましたが、その通りだと私も思います。「負ける」というのは、マラソンシーズンにおける自分に負けるんです。暑い時期にしっかりトレーニングしておかないと、大会本番に身体がついてこない、というわけです。実際にそんな話もよく聞きます。夏は暑いからなかなか走れなくて、9月中旬くらいからトレーニング開始した年は、いい記録が出せなかった。あるいは、スタミナ不足になった、など。

先日の土曜日、雲ひとつないものすごい暑い日でしたが、午後2時頃に走っている人を何人も見かけました。「屋外での激しい運動は中止しましょう」とニュースで呼びかけているのに、走っている人がいるんです。実は私もわざと走るようにしています。走っている姿を見ても、その人のスピードや時間などの走り方すべてを見たわけではありませんから、絶対ダメとは言いきれない気もするんです。ちなみに私は、5km程度をゆっくりとキロ7分~8分程度で走ります。もちろん帽子とサングラス着用です。

■暑いからこそ、もっと暑く!

わざと炎天下に走るというのは、ものすごくよいトレーニングになると、私は実感しています。「スタミナが付く」「バテにくくなる」という言葉が合うと思いますが、後で自分が強くなれる気がしています。気のせいかもしれませんが、実際に同感だと言われる人によく会います。あるいは、暑い日だからこそスピードトレーニングするんだという人もいるかもしれません。そこは自分の身体と相談しながらになるでしょうが、なんとなく激しくない方が身体には良い気はします。

だからといって、炎天下でも走りましょう!と私は人に勧めるものではありません。人それぞれですから、適度に暑さの刺激も私個人的には必要と考えているだけです。何事も頑張り過ぎないのがいいと思いますが、どの程度が頑張っていて、そうでないのか?という境目は本人にしか分かりませんからね。他人からすると頑張り過ぎだと言われることもありますから、客観的に見ることも大切だと思います。夏は陽が落ちてからでもアスファルトに熱がこもっていますから暑いのは違いないです。だから陽が昇るまでに走るという人も少なくありません。ライフスタイルに合わせて、誰もが工夫して夏を乗り切っています。一番いけないのが、夏に何もしないことです。なんらかの刺激を与え、暑さに耐えられる身体作りをするチャンスが夏なんです。暑い夏を「暑いからヤル気が起こらない」とネガティブになるより、「暑いからこそ、もっと暑く!」とポジティブに行きましょう!

■夏の疲労は大きいから溜め込みやすい

夏のトレーニングでは、身体の疲労が大きくなることは確かです。必要だと思ったトレーニングであれば、それに見合った身体のケアもぜひ行ってほしいです。最近私の整体院に来院される人は、皆さん足にものすごい疲労を溜めこんで来られます。そして一様に「自分では気付かなかった」と言われます。 触られて初めて気付く足の痛さに本人も驚き、またその痛みに悲鳴を上げる人もあります。もちろんひとりひとりのお身体に合わせて施術するのですが、「擦っているだけ」で、痛い痛いと言われるくらいヒドイ人もあります。「ストレッチしてるんだけどな~・・・」と言われる人も中にはありますが、自分でする身体のケアには限りがあります。「気付かない」のではなく、ぜひ「気付く身体」にご自身で育ててください。マラソンしていて、整体院に行ったことないという人は、ぜひこの夏にはお近くの整体院へ行ってみてほしいです。きっと新しい自分に出会えるはずです。それが新しいマラソンライフの始まりになれば、とても素晴らしいことだと思います。
-------------------------------------------------
毎日新聞グループのマイナビニュースでコラムを書いています。
■肩こり解消のストレッチ
第1回/1分の簡単ストレッチでこり対策
第2回/肩甲骨と腕を意識するのがコツ
第3回/肩こりの原因は腕にあり?
第4回/肩こりの原因は首にもある! 
第5回/肩こり解消には肩関節の柔軟性が重要
第6回/肩こりの原因は腕と足首にあり!
第7回/肩こり知らずになりたいときに使えるストレッチを学ぶ

■骨盤矯正ストレッチを学ぶ 
第1回/靴のはき方や歩き出しの順が身体の歪みを招く 
第2回/日常のささいな行動が身体のゆがみを招く
第3回/癖を意味する"生活習慣"を正すのは難しい
第4回/太もも裏と骨盤周辺の筋肉に効くストレッチ
第5回/筋肉を柔軟にすることが歪みにくい身体を作る
 
-------------------------------------------------
マイナビニュースのコラム、こちらもどうぞ。
目からウロコのらく~なランニング」(全10回連載)
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る 
出版社/学研パブリッシング 
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=====================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=====================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、4時間8分で、楽しく完走しました。当時48歳、マラソン歴半年です。きっとあなたにもできます!
=====================