毎日暑い日が続いていますね。今日はちょっと息抜きのテーマです。

■痛みの早いバナナ、どうやって保存する?

マラソン大会に参加すると、コース途中にバナナが置いてあったり、フィニッシュ後にもいただくことがあります。スポーツするのにとても必要な栄養が詰まっているということで、日常的に口にする人も多いことでしょう。実は私は子供の頃からバナナが大好きでした。マラソン始めてからは、毎日一本必ず食べ、日によっては2本食べることもあります。ところが毎年、この夏になるとバナナの痛みが早いので困っていました。そんな時、患者さんから教えていただいた保存方法がとてもよかったので紹介します。

まず、バナナを一本ずつバラします。
バナナ-1

スーパーでレジ通った後、袋詰めするテーブルの上に自由に使えるビニール袋がありますよね。それに一本ずつ入れます。
バナナ-2

そしてクルクルと空気を抜くようにしながらしっかり巻きます。これで完成!
バナナ-3

この状態で、冷蔵庫の「野菜室」に入れて保存します。この方法ならば、一ヶ月も保存できるそうです。私は毎日食べるのでそんなに長く置いたことはありませんが、よろしければお試しください。

■これはバナナ販売業者の知恵です

①常温保存していると、すぐ熟成してしまう。②そのままの状態で冷蔵庫に入れると、皮が真っ黒になってしまう。このふたつの悩みをこのビニール袋保存方法は解消してくれます。なお、この方法は、バナナを販売していた業者さんから教わったそうです。すでにご存じの人も多いかもしれませんが、私はこの方法を知った去年からとても助かっています。ちなみに、2~3本をひとつの袋に入れても大丈夫だそうですが、その時でも一本ずつバラした方が長持ちするそうです。

この方法を知ってから、スーパーの大売り出しで時々見かける「一房100円!」で、20本くらいついていてもちゅうちょせず買うことができるようになりました。昔は高級だったバナナも今では手軽に買える時代です。マラソンの力になってくれますので、バナナを食べて暑い夏を乗り切りましょう!
-------------------------------------------------
毎日新聞グループのマイナビニュースでコラムを書いています。
■肩こり解消のストレッチ
第1回/1分の簡単ストレッチでこり対策
第2回/肩甲骨と腕を意識するのがコツ
第3回/肩こりの原因は腕にあり?
第4回/肩こりの原因は首にもある! 
第5回/肩こり解消には肩関節の柔軟性が重要
第6回/肩こりの原因は腕と足首にあり!

■骨盤矯正ストレッチを学ぶ 
第1回/靴のはき方や歩き出しの順が身体の歪みを招く 
第2回/日常のささいな行動が身体のゆがみを招く
第3回/癖を意味する"生活習慣"を正すのは難しい
第4回/太もも裏と骨盤周辺の筋肉に効くストレッチ
第5回/筋肉を柔軟にすることが歪みにくい身体を作る
 
-------------------------------------------------
マイナビニュースのコラム、こちらもどうぞ。
目からウロコのらく~なランニング」(全10回連載)
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る 
出版社/学研パブリッシング 
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=====================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=====================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、4時間8分で、楽しく完走しました。当時48歳、マラソン歴半年です。きっとあなたにもできます!
=====================