ランニングフォームを改善するためには、無意識でやっている動きを意識化する必要性を前回書きました。
ひとりでする、ランニングフォーム改善方法(その4~意識化)
今回はその具体的な方法です。

と、その前に、私がマイナビニュースに執筆しているコラムの新しい記事がアップされましたので、こちらもご覧ください。
肩こり解消のためのタオルストレッチ - 肩甲骨と腕を意識するのがコツ

では、今日の本題です。無意識にやっている事を意識的に動かすということは、クセを直すということにも少しつながります。なぜなら、クセというのも無意識ですから、その無意識に気が付けば改善は可能だということになります。しかし日常のクセというのは本当に自分では気付かないし、人から指摘されてもその言葉を疑ってしまうほど、自分では信じられないようなこともありますよね(笑)

「女を口説き落とす方法」や「浮気を見破る方法」など、人の仕草からその心理を読み解き、自分が有利に持っていく方法は時々話題になります。しかし現実はそううまくいかないもんですよね。って、実は私もいくつか試したことあるんですが、簡単じゃないです(笑) だって、人のことなんて、やっぱり分わかんないですよ~!と書けば、自分のことだって分かってないじゃないか?と突っ込まれそうですが、そうなんです。結局、人のことも自分のことも分かってない。じゃ~、何が分かってるの?・・・・難しいですよね。

■ひとつひとつ分かりきった事を言葉にする

私は以前、舞台監督をしていた事がありまして、台本をよく書いていました。舞台で誰がどのようにどのタイミングで動くかが、時間の流れに沿って細かく書いてあるのです。例えば、出演者Aが終了すると、司会者が下手(しもて)から登場、C点に立つ。舞台は青転(あおてん)、BGM-1をON、C点にスポットライト、司会者のマイクON、出演者Aは上手(かみて)からハケ(退場)、出演者Bが下手から舞台へ・・・・、などとひとつひとつ分かりきっているようなことを言葉にして、というより記号のように書いていくのです。それを分かりやすく時間と共に書いてあるのが台本です。映画やドラマの台本とは少し違いますが、私がやっていたのは主に音楽物ですから、まだ簡単な方です。今回この話を例に出した理由が今日のテーマです。

5、ひとつずつ考えながら走ってみる

マラソンフォームを改善するということは、言い換えれば、身体の使い方を見直すということです。身体の部位すべてが連携して動いています。そこには無意識があり、クセがあります。それを先ほどの舞台の例のようにひとつひとつ分解してみてはいかがでしょうか?とはいえ、右大腿部が動く時あ~でこうで・・・なんて書いていっても理解に苦しむだけです。もっと分かりやすく誰にでも分かるような分解の仕方が必要です。ではこんなのはどうでしょう?

今日は、腰の高さに注意して走ってみる。
今日は、身体が上下に動かないように注意しながら走ってみる。
今日は、肘が後ろへ動くよう注意しながら走ってみる。
など。

今日のテーマを決めて、そのひとつに集中し走ってみる。これなら誰でもできる分解方法ではないでしょうか?

■考えているはずが、すぐ忘れる

ところが、すぐ忘れる!今日のテーマはこれと決めて出たのに、ほんの1分しないうちに忘れてます(笑) もうこれはしょうがないです。だから、忘れる~思い出すの繰り返しを私はしました。走りながら「今日のテーマは?」と自分に問いかけて思い出します。1分が2分になり、3分になりと、だんだん意識が長く続くようになっていきますが、やっぱりまた忘れています。正直、私はひとつのテーマをずっと忘れず5km走りきった事はありません。でもそれでもいいと考えています。ゼロではない。そう思うと気が楽だと思いませんか?

■ひとつできたら、もうひとつ足してみる

ひとつのテーマがちょっとできたかな?と思ったら、違うテーマに移ります。今日のテーマは「肩甲骨」、今日のテーマは「腰」、今日は「かかと」、今日は「肩」などなど・・・。そうやってひとつひとつ考えながら走ってみましょう。どの程度、テーマを忘れず走れたらOKなのかは自分次第です。フォームが改善できたかどうかというのは、正直言って自分では分かりにくいと思いますので、テーマを忘れずに思い続けながら走れるかどうかに重点を置いてほしいです。ある程度やってみたら、次はテーマをふたつにします。今日は「肩甲骨と肘」、今日は「腰とかかと」などです。こうやって二つが三つになり、四つになっていくと、身体のいろんな部位が連携して動いているという実感が分かってきます。その時には、きっとフォーム改善ができていることでしょう。なぜなら、無意識を意識化できたからです。こうやってひとつひとつ意識化できたら、人からフォームを注意されても修正ができるようになります。すでに頭で考え、身体の動きを細分化し、自分の身体のことを自分が把握できるようになっているからです。
-------------------------------------------------
-------------------------------------------------
マイナビニュースのコラム、こちらもどうぞ。
目からウロコのらく~なランニング」(全10回連載)
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=====================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=====================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、4時間8分で、楽しく完走しました。当時48歳、マラソン歴半年です。きっとあなたにもできます!
=====================