マイナビニュースで執筆しているコラムですが、
第3回目の記事が掲載されました。
●骨盤矯正ストレッチを学ぶ 
第3回/癖を意味する"生活習慣"を正すのは難しい
ぜひ読んでくださいね。


私が以前に書いたストレッチで、
写真のようにうまくストレッチができない、
と、お困りのコメントをいただきました。
こちらのストレッチです。
ストレッチ・レッスン(太もも後ろ&ひざの裏)

写真では靴を履いて外のブロックを利用しています。
このストレッチを、家の中で壁を使ってやってみたそうです。
そうすると、足が滑ってできない。
新品の靴を履いてやってみても、力の配分が難しく、できない。
どうすれば良いのか?
という内容でした。

その言葉を見て私もやってみました。
確かにやりにくいです。

まず、靴下を履いて壁に足を上げると滑ります。
これは想像できましたし、確かに難しいです。
靴を履いてやってみますと、私の場合はできました。
そして何が問題なのかが分かりました。

身体の硬さは人それぞれです。
私のように床と平行に足を上げることができない人もたくさんいます。
今回の質問者さんは、私より身体の硬い人だと思います。
そう考えると、部屋の壁ではできなくて当たり前なのです。
そこで解決方法です。

家の中でこのストレッチをする場合は、
段のあるところを使ってほしいです。
壁ではなく、段です。
壁では足を支えることが難しいので、
段のあるところに足を乗せるようにするとうまくいきます。

例えば、階段。
下の写真のように使えば簡単です。
階段利用-1
足がまっすぐ上がる場合

階段利用-2
まっすぐ上がらない場合は一段低く

この写真は家の中ではなく、
マンションの外階段で撮影しています。
私の家の中には階段がないんです(涙)
家の中に階段がある場合は、こうすれば可能です。

では、階段がない場合ですよね。
家の中をぐる~と見回してください。
足を上げても丈夫そうな所はないでしょうか?
例えば、机、食卓テーブル、流し台、タンス、イス・・・
とにかく足を乗せても大丈夫なところで、
なおかつ叱られない物です(笑)
食卓テーブルや流し台に足を上げるなんてとんでもない!
って叱られるかもしれませんからね。

どうしても家の中で足を乗せるところがない!
と言われる方には、
次週、それに近いストレッチ方法を書きます。
ちょっとお待ちください。

あっ!
写真のように足の下にクッションなどを入れて保護してくださいね。
-------------------------------------------------
毎日新聞グループのマイナビニュースでコラムを書いています。
骨盤矯正ストレッチを学ぶ 
第3回/癖を意味する"生活習慣"を正すのは難しい
第2回/日常のささいな行動が身体のゆがみを招く
第1回/靴のはき方や歩き出しの順が身体の歪みを招く 
-------------------------------------------------
マイナビニュースのコラム、こちらもどうぞ。
目からウロコのらく~なランニング」
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================