先日からこのテーマで書いてきました。
フルマラソンを走りきるためのワザ(その1)
フルマラソンを走りきるためのワザ(その2)

今回はその3回目。

「脳を騙す」ということをお話しします。

「だます」というのは言葉は悪いかもしれませんが、
「気をそらす」という言い方の方が
分かりやすいかもしれませんね。

自分の足が自分ではないように感じ、
勝手に足と身体が動いていて、
脳と身体が分離したかのように感じることがあります。
このままどこまでも走ってられそうな気がする。
これが「ランナーズハイ」です。

これは走っているという状態から、
脳の気をそらした状態ではないかと思います。

日頃走りながら音楽を聴いている人ありますよね。
それは脳は音楽に集中させ、
身体を分離させようとする行為だと私は思います。
実際に音楽聴きながら走った方が、
疲れを知らずたくさん走れることもあります。
ただ、いつもそうできるとは限りませんよね。
それもうまくいく時といかない時があるだけであって、
うまくいった時には、とても楽しく走れます。

以前私はドラムを叩いていました。
バンドで演奏している時、
自分がドラムを叩いているのに、
叩いていないような気になって、
脳と身体が分離した状態になった事があります。
その曲が終わった瞬間、
メンバー全員が顔を見合わせて
「鳥肌立った~!」って全員が言ったんです。
驚きましたね~!
あの曲を演奏している時は、
全員が、脳と身体が分離した状態になったのです。
「音に入りこむ」という言い方をするんですが、
まさしく演奏者全員が音に入りこんだ瞬間だったのです。

脳というのは、うまく騙せばいいんだ。
という科学者もいるくらいですから、
自分で自分の脳をコントロールできれば、
どんな困難な状況だって乗りきれる可能性があるのです。

「ハイタッチしたら勇気もらえる」でしょ?
それは手と手を合わせることによって、
人の気をもらっているとも言えますが、
なによりも、瞬間的ではあっても気がそれています。
誰も手を上げていなくても、
しんどくなってきたら「ハイタッチ」を
自分から求めに行けばいいのです。
脳の気をそらすための作戦です。
走るということに集中するがあまり、
脳が単調になってしまってしんどくなっているのです。

高速道路を走ると眠くなる。
これも脳と身体が単調だからです。
音楽や会話、飲み物などで気をそらしますよね。
同じです。

折り返しで友人を見つけて声をかけた。
それだけで元気取り戻した。
ということもあるでしょ?

元気を取り戻す要素はコース上いろいろあります。
奈良マラソンでは、忌野清志郎のソックリさんで、
今ノ葉狂志郎さんが名物になっていますが、
出会えるとものすごく元気がもらえます。
中には出会うことを楽しみにしていて、
出会ったとたん、抱きついている人も見たことあります(笑)

フルマラソンを走っていて、
しんどくなってきたら歌を歌えばいい。
そんなことで脳を騙して、
走っているということから気をそらし、
しんどい状況を乗り越えてみてはいかがでしょうか?

単調な気持ちで単調に走っているだけでは、
疲れも早く来ます。
いろんな「気をそらす」要素があることで、
脳を騙し、疲れから元気に変化させているのではと考えるのです。
そう思いませんか?
-------------------------------------------------
毎日新聞グループのマイナビニュースでコラムを書いています。
目からウロコのらく~なランニング」
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================