前回、私の想像だけで書いたやり方を試してみました。
4km速く走って、1km遅く走る、という交互のやり方です。

速度は人それぞれですが、私は、
4kmをキロ5分30秒で走り、
1kmをキロ8分で走る。
という予定でスタートしました。

最初に結論から書きますが、
今の私には5分30秒が速過ぎて20kmで終了しました。
30km試してみようと思ったのですが、
体力が持ちませんでした。

今年はケガ続きでほとんど5分台で走ることをせず、
6分30秒程度でしか走ってきていませんでした。
というのが言い訳になるかどうかわかりませんが、
去年と違って、今の私にとって5分30秒は速かったのです。

ただ、やってみた感想ですが、
1kmは多過ぎると感じました。
きっちり区切るならば、
4.5km+0.5kmというくらいでも良いと思います。

意図的に速度を落とそうとしても、
5分30秒からいきなり8分には落ちないです。
遅くしているつもりなのに、6分くらいだったりします。
身体が、
「おい!リズム良く走っているんだから遅くするなよ!」
と言っているかのように、調整が難しいです。

きっちり距離を決める方法よりも、
決めない方が良いかもしれません。
少し疲れを感じてきたら適度に遅くする。
というのが良いように感じました。

そもそも同じ速度で42.195km走りきれる人は
こんな愚劣な考え方は必要ありませんよね。
後半止まってしまうからこそ、
止まらず完走するための策のひとつです。
サブ4狙いの人もきっと必要無いです。

今回実行してみて思ったのですが、やっぱりこれですね。
失速しない走り方、方法
ずいぶん前に書いた記事ですが、
失速してからでは遅いので、
失速する前に速度を落とすのが良い。
これに尽きる気がしました。

そして、こちらの記事も頭に入れておいた方が絶対良いです。
フルマラソンにおける、体力低下イメージ

結論としては、
この記事に書いているように、
疲れる前に給水ポイントで休憩して、
体力を回復させてから走りだす。
これを繰り返すやり方が一番長く足が持ちそうです。

給水ポイントは、休憩ポイント。

この言葉の意味お分かりですよね?
4時間以上かかる人は、
給水ポイントで止まって水を飲む人が多いはずです。
一瞬でも止まったら、それはもう止まった事になります。
しかし、給水ポイントでまったく止まらずに
紙コップに入った水を走りながら取って、
走りながら飲むことできますか?

そのようなやり方をする人は、サブ4ランナー以上でしょう。
そもそも大きな大会だったら
一斉に大勢の人がコップを取りに行きます。
止まりたくなくても止まってしまうことが多いと思います。

給水ポイントくらい止まったって良いじゃないですか!
それは止まったうちに入らない。
としたら、やはり最高の作戦は、
給水ポイントでストレッチして体力を回復させること。
これが一番!
一回でも二回でも全部でも、それは個人差というものだと思います。
-------------------------------------------------
毎日新聞グループのマイナビニュースでコラムを書いています。
目からウロコのらく~なランニング」
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================