私自身がひざを痛めて約12週間経ちました。
そして、膝を痛めてから初めてのロング走に行ってきました。
ロングといっても、歩きを交えたジョグです。

1km WALK
3km RUN

これを基本とした繰り返しです。
以前にも紹介しました、走りきらずに歩きを交える方法です。
以前、15kmまでは試したことがあったのですが、
その時に感じたのが「とても楽に長く走れる」ということです。
今回は、この繰り返しで、28kmに挑戦してきました。

実際には、多少距離を変えるところはありましたが、
WALK→RUN→WALK→RUN・・・
という繰り返すことは身体にとても優しいことが分かりました。

何事もやってみなけりゃ分からない!

そんな番組もありましたが、本当にそうです。
今回参加した人の中には、
「まだフルマラソンなんて無理!
 でも奈良マラソンのコースを走ってみたい」
という好奇心旺盛な人が参加してくれました。

この人は、自分では10kmマラソンまでしか参加したことがなく、
またそれ以上の距離を走った事もないという人です。
WALK・・・キロ9分30秒
RUN・・・キロ7分
この繰り返しで、22km付近までやってきた時、
「ものすごい楽です!未知の距離を来た気が全然しない」
と言われました。

今回のGPSウォッチの記録をご覧ください。
横軸が走行距離、縦軸が平均ペースです。
クリックすると別画面で大きく開きます。

20141103-2

ごそっと大きく凹んでいるのがお分かりいただけると思います。
ここが歩いた部分です。
分かりやすくするために、最初の部分だけ注釈入れました。
きっちり1km、3kmではないので、
多少距離の違いはありますが、
歩いたところと走ったところが、明確になっているでしょう?

実際の距離と、GPSの計測には誤差がありますけど、
GPSの記録では、
走行距離・・・28.05km
タイム・・・3時間33分07秒
平均ペース・・・7分35秒/km です。

このペースでフルマラソンに参加したとすると、
5時間20分で完走できる計算になります。
給水ポイントで数回休憩を取っても、
6時間の制限時間には間に合います。
(途中の関門は今のところ無視していますが)

これはあくまでもモデルケースだとお考えください。
これを参考にどう考えるかはあなた次第です。

1km、3kmの繰り返しではなく、
0.5km、4.5kmの繰り返しで行くとどうなるでしょう?
計算してみました。
最後の2.195kmも走るとして、
5時間05分22秒で完走できます。

でも最初っから歩くってどうよ?

こんな声が聞こえてきます。
確かに、スタート直後歩くのは気が引けますよね。
では、最初の10kmまでを歩かず、キロ7分で走ったとしましょう。
これで計算し直しました。
5時間02分52秒です。

時間的にはたった2分30秒しか変わりません。
ほんのちょっとですよね。

この話から何が一番言いのか?

「もうダメ!走れない!」
という限界まで走りきると、必ず足が止まります。
足が止まるということは、進まないということです。
時間ばかりが過ぎて行き、距離が伸びません。
当たり前のことです。
少し休んだら、少し歩きだして、少し走りだしたら、また止まって。
ヘロヘロになりながら、これを繰り返す人があると思います。

後半疲れてから歩くならば、
早い段階から、歩きを取り入れた戦略はどうですか?
という提案なわけです。


同じ歩くのでも何が一番違うか?
それは、
自分でコントロールできる
という利点にあります。

ヘロヘロになってからでは、それはもうコントロール不能です。
今回、未知の距離を来たという人の声がすべてを物語っています。
私自身も、膝はまだ完全ではなく、
途中で違和感がある時もありましたが、
28kmを終えても、ケロッとした状態です。

では、なぜ歩きを交えると楽に長く走れるのか?
その理由は次回に書くとしましょう。
そして、それを踏まえた上で、
歩かず走りきるための可能性を模索してみたいと考えます。
本当はその方が知りたいのでは?

マイナビニュース(コラム)
目からウロコのらく~なランニング」
第10回「上り坂を楽に走るには
     「3段ギア」をイメージすることがコツ」
第9回「分かっているようで分かっていない水平移動の大切さ
第8回「6拍子呼吸法で楽に走る!
第7回「膝を痛めないように、足はまっすぐ出す
第6回「太い骨」に乗って走ると、楽に走れるようになる
第5回「膝の故障をしないためにも、重心の真下に着地する
第4回「筋肉消費を抑えるために、蹴らないで小股で進む
第3回「走らない」という意識をもって、
    「体重移動で進む」感覚を覚える」
第2回「故障リスクを減らすため、
     2本のレールをイメージして足をまっすぐ出す
第1回「整体師が発案するエンジョイラン走法」とは?

-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================