私自身がひざを痛めて約10週間経ちました。
まだ10kmを超える長距離は走れない感じですが、
焦らず少しずつという気持ちです。

もしかしたら、今の私は慎重過ぎるのかもしれません。
でもいいんです。
自分で納得してゆっくりやっていますので、
これで良いと信じています。
とくに焦りはありません。
今年の大会より、もっと先を考えていますので。

今回私が膝を痛めたことで、一番ケアをした場所は、
膝ではなく、太ももです。
太ももに疲労を溜め過ぎますと、
膝に悪影響が出るということを、
今日は皆さんにも知っていただきたいと思います。

私の左足を写真に撮ってアップしましたのでご覧ください。
20141020-2
太ももの上から外側が分かるような角度で撮りました。
筋肉に2本の段差というか線と言いますか、
入っているのが分かりますか?
たぶん分かると思いますが、念のため赤線を入れてみました。
上と下を比べてくださいね。
20141020-2-2
 ↑これでわかるでしょ?

とくにしっかりケアしてほしいのは、この2本線の場所です。
といっても、実際には線はありませんので、
ご自身の筋肉を触って、この二本を探してください。
上側は、下の写真のようにつかむことができますから、
おそらくすぐ分かると思います。
20141020-4
この2本線こそが、太ももの筋肉の分かれ目、
太ももの上側、外側、うしろ側の境目なのです。

自分の指で押した時、痛みがあるようでしたら要注意です。
先日紹介しました方法で、ケアをしてほしいのです。
膝の痛みを自分で治した方法

押す時に大切なことは、
1、筋肉に対して垂直に押すこと
2、痛いのが我慢できないほど押してはいけない
3、絶対に呼吸を止めないこと


さらにしっかり押してほしいのが、ひざの斜め上あたりです。
下の写真をご覧ください。
20141020-6
先ほど印ました赤線の端がこの辺りです。
人によっては強烈な痛みがあるかもしれません。
もしあれば、膝を痛める日が近いと思った方がいいです。

日頃は痛みなどなく、問題ないように思えていても、
疲労はどんどん溜まっています。
例えは悪いかもしれませんが、
地震や噴火のように、
ある日突然、大きな被害をもたらすようになります。

ご自身の身体がそうならないように、
日頃のケアをしっかりしていただきたいと思います。
私自身もやっているようで、実はできてなかったわけですから、
今は反省しながら、しっかりケアをしています。
もしやり方が分からないようでしたらお気軽にお尋ねください。
文字では説明が限られますので、来院していただいた際には、
わかりやすく方法をお伝えいたします。

マイナビニュース(コラム)
目からウロコのらく~なランニング」
第10回「上り坂を楽に走るには
     「3段ギア」をイメージすることがコツ」
第9回「分かっているようで分かっていない水平移動の大切さ
第8回「6拍子呼吸法で楽に走る!
第7回「膝を痛めないように、足はまっすぐ出す
第6回「太い骨」に乗って走ると、楽に走れるようになる
第5回「膝の故障をしないためにも、重心の真下に着地する
第4回「筋肉消費を抑えるために、蹴らないで小股で進む
第3回「走らない」という意識をもって、
    「体重移動で進む」感覚を覚える」
第2回「故障リスクを減らすため、
     2本のレールをイメージして足をまっすぐ出す
第1回「整体師が発案するエンジョイラン走法」とは?

-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================