私自身がひざを痛めて約8週間経ちました。
先週からジョギング再開しています。
 前回記事→リハビリランは、「歩き」をたっぷり交える
今も、WALK & RUN交互に実行しています。
もう少ししましたら、長く走ってみようと考えています。
無理はしません。
ちょっとずつです。

今日は、膝が痛くなった原因について書いてみたいと思います。
がしかし、はっきりとした原因は今も分かりません。
ただ、痛くなった経緯は覚えていますので
書き残しておきたいと思います。
また同じようなことが起こるかもしれませんし、
同じようなことで思い当たる人もあるかもしれませんので。

この記事を書いている今の私は、52歳です。
今年に入ってからいろんなことが起こりました。

まず最初に身体の異変があったのは、3月頃です。
手の指の関節がものすごく痛くなりました。
何もしていなくても痛いので、
反対の手で指の関節をグ~っと押さえると
少し痛みが和らぐのですが、
それもつかの間、またすぐに痛くなります。
しかし10分くらいもすると、痛みは無くなります。
それが何度も起こるのです。

それから私は左手の中指に交通事故の後遺症がありまして、
この指は、2~3年に一度くらい、
大声を上げたくなるほどの痛みが出る時があります。
それが今年に入ってから何度も痛みました。

4/30、階段で滑って背中、左肩、左頭部を強打。
一瞬息が止まりましたが、すぐに歩けました。
近くのスーパーで氷を買い、すぐにアイシング。
ろっ骨にヒビが入っているといけないので、
一週間ほど、「さらし」を巻いて生活しました。
「ぎっくり腰」になった人気持ちがよく分かりました。
同じような症状になりましたから、
寝転ぶのも大変、寝返りは打てず、起きあがるのも辛い。
約半月、ジョギングも卓球も休みました。

5/18から軽く走り始め、卓球も再開したのもつかの間、
6/8、J-ボードで転倒し、右ひじ、右手首、右腰を強打。
J-ボードというのは、スケートボードのような遊びです。
右手でスプーンすら使えなくなり、顔を洗えない、頭洗えない、
何をするにも左手優先の生活になりました。
また、ジョギング、卓球をお休み。
6/14から少しくらいなら走れるようになりましたが、
腕に力が入らないので、卓球はダメ。

そして、6/18から下痢になりました。
痛みはないのですが、一日に20回くらいトイレで座ります。
それが実に8日間も続いたのです。
外出も危険なほど大変でしたが、食欲はあるし、
他には困ることもなかったので病院には行っていません。

6/26から少しずつ卓球再開。
7月に入って、ジョギングも続くようになりました。

7/28、走った時に少し左股関節に違和感を感じました。
それ以来、念入りにストレッチをしていましたが、
左足首にも違和感が出るようになったのが、8/5。

8/6になって、両ひじに違和感が出ました。
とくに右ひじの違和感は、ラケットが振りにくく感じるほど。
8/9は、ラケットが思うように触れず、
右腕に力が入らなくなり、
右ひじ関節に痛みを感じるようになりました。

そして8/10、ジョギング中に左ひざが痛くなり、
危険を感じたので、途中で走るのを止めました。
それでもじっとしていればとくに痛みは出ないので、
8/14卓球をしましたら、右ひじに強烈な痛みを感じ、
まったくラケットを振ることができなくなり、途中で止めました。

少し長くなりましたが、私が膝を傷めた経緯です。
私なりの推測ですが、
「関節」になんらかの原因があるように思います。
「ひざ」という特定したところではないのです。
そして今現在、一番違和感を感じるのは、足の指の関節です。
少し走れるようになりましたし、卓球も以前のようにできます。

「病院行ったの?」と聞かれますが、行っていません。
今回の痛みを自分自身で取る努力をしました。

これまでに少しだけ書いたこともありますが、
私は交通事故の後遺症を、左手の指だけではなく、
左の膝、右足の甲と、3か所にあります。
今回膝が痛くなったことは、後遺症との関係を考えましたが、
膝だけの痛みなら疑ったでしょうが、
他の関節も痛くなったことから無関係と考えました。

今回違和感を感じていたのは、
ひじの関節、股関節、ひざ関節、足首、足の指の関節、
と、いろんな関節に痛みを感じたのです。

下痢ももしかすると無関係ではないかもしれません。
いろいろ調べましたら、
「多発性関節炎」、「ウイルス性多関節炎」という病気があります。
他にも「膠原病」「リウマチ」などもありますが、
私自身では、軽い「自己免疫疾患」ではないかと今では考えています。

腫れや熱、見た目の変化があった場合は危険を感じますが、
今回はいずれもなかったので、病院に行きませんでした。
とはいえ、単なる老化によるものであって、
関節や筋肉が弱っているだけなのかもしれません。
あくまでも自己判断ですから、読み流してください。

今回膝を痛めて、太もものストレッチの重要性も大きく感じました。
自分自身がおろそかになっていたと自覚したのです。
ですので今では、日頃の施術に生かしています。
ランナーの皆さん、太ももの筋肉痛を残していませんか?
その筋肉痛が、ひざの痛みを発症するかもしれませんよ。

どんな痛みでも、ある日突然起こることはありません。
必ず、引き起こすまでの蓄積がありますからご注意くださいね。

マイナビニュース(コラム)
目からウロコのらく~なランニング」
第10回「上り坂を楽に走るには
     「3段ギア」をイメージすることがコツ」
第9回「分かっているようで分かっていない水平移動の大切さ
第8回「6拍子呼吸法で楽に走る!
第7回「膝を痛めないように、足はまっすぐ出す
第6回「太い骨」に乗って走ると、楽に走れるようになる
第5回「膝の故障をしないためにも、重心の真下に着地する
第4回「筋肉消費を抑えるために、蹴らないで小股で進む
第3回「走らない」という意識をもって、
    「体重移動で進む」感覚を覚える」
第2回「故障リスクを減らすため、
     2本のレールをイメージして足をまっすぐ出す
第1回「整体師が発案するエンジョイラン走法」とは?

-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================