私自身がひざを痛めて約5週間経ちました。
まだ走っていません。
先日少しだけ走ってみましたが、もう少し様子を見ることにします。
それは感覚です。
もう走っても大丈夫そうな感じはするんですが、
あと少し時間をかけようと思います。
おそらくこんな感覚だと、もう走り始める人はいると思います。
こんな感覚といっても、人には分かりませんが(笑)
再開するタイミングって、ものすごく難しいと思います。
だから言葉の上でも感覚になってしまいますが、
大丈夫かな?と思ってからも、
もう少し日数をかけた方が良いと思います。
あえて数字に表すとしたら、感覚的に、プラス一週間です。

故障すると、「焦り」がきっと出ることと思います。
実際、いま私も少しそんな気持ちもあります。
その焦りから、再開の時期が早くなってしまい、
また故障するということも少なくありません。
 
別にプロになるわけではないのですから、
一年くらい飛ばしても、どうってことありません。
その後、多少タイムが落ちても別に気になりません。
というくらいの気持ちを持つことも、いいんじゃないでしょうか。

数字を求めれば、数字で評価される。
ということを以前書きました。
目標だけではなく、過程を楽しむ!

タイムが落ちたって、友達から離されたって、
気にしない生き方ができるかどうかです。
それもまた、自分との戦いでもあるのではないでしょうか?

マラソンタイムを人と比べることがあると思います。
また過去の自己タイムとも比べますよね。
少しでも速くなりたい、上達したいと思うはずです。
若いうちはそう考えても良いと思います。
しかし、中高年になれば「老化」との戦いが一番大きいのです。
一年一年、身体は衰えています。
老化を止めることは不可能です。
なのに向上しようなんて考えは、ある意味すごいことです。

確かに60歳からタイムが伸びたという人もいるでしょう。
あるいは、70代になっても、まだタイム向上を狙っている人もいます。
そのためには、自分の身体を知ることも必要です。
若い時と同じ考えのままでは、そのうち故障します。
「適度に」という限度を知らず知らずに越えてしまって、
痛め過ぎてから後悔した人をたくさん知っています。
そうならないためにも、身体の変化に気付いてほしいです。

「マラソンは未来との戦い」だと私は考えます。

過去の自分を追いかけるのではなく、
未来の自分を考えながら走るべきです。

やっぱりキーワードは、「健康」です!
5年後、10年後の自分が健康であるために、
今走っているんだという自覚を持つと、
他人や過去のタイムは気にならなくなると思います。

諦めるなとは言いません。
違う考え方もあるんだということを認めてほしいだけです。
マラソンに対しても、生き方に対しても、
人それぞれですから、
他人がどうこう言えることはないかもしれません。
ただ「健康」であるかどうか?
という視点で考えてほしいのです。
あなたは今、健康的に走れていますか?

マイナビニュース(コラム)

目からウロコのらく~なランニング」
第9回「分かっているようで分かっていない水平移動の大切さ
第8回「6拍子呼吸法で楽に走る!
第7回「膝を痛めないように、足はまっすぐ出す
第6回「太い骨」に乗って走ると、楽に走れるようになる
第5回「膝の故障をしないためにも、重心の真下に着地する
第4回「筋肉消費を抑えるために、蹴らないで小股で進む
第3回「走らない」という意識をもって、
    「体重移動で進む」感覚を覚える」
第2回「故障リスクを減らすため、
     2本のレールをイメージして足をまっすぐ出す
第1回「整体師が発案するエンジョイラン走法」とは?

-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================