マラソン、ジョギングで膝を傷める人がとても多いです。
何度もその対策や改善方法を書いてきましたが、
今回は映像を作りましたので、ご覧ください。

「自分の走っている姿を見たことがない」

きっと多くの人が見たことないと思います。
でも、走りながらチェックすることができる
ひとつの方法があるので、今日はそれを紹介します。

走っている時、基本的には前を向いてられると思います。
しかし、時々でいいので、目線を下に落としてほしいのです。
それを映像に撮りましたのでご覧ください。

1、自分目線~足がまっすぐ出ている(正常) 


2、自分目線~両方のつま先が外を向いている 


3、自分目線~片足だけつま先が外を向いている 


4、自分目線~つま先とひざ、どちらも外を向いている(ガニ股) 


膝を傷める人は、
2、自分目線~両方のつま先が外を向いている 
3、自分目線~片足だけつま先が外を向いている 
のどちらかになっている人が多いと思います。

4、自分目線~つま先とひざ、どちらも外を向いている(ガニ股) 
は、とんでもないフォームですが、
マラソン大会に行くと必ず数人見かけます。
これでもフル走れるんだろうかと心配になります。

いずれの場合も、「つま先とひざ」に注目してほしいのです。
今回は分かりやすくするために、
多少大げさにフォームを作ったつもりです。
ここまで横向いてないけど、微妙になってるかな?
くらいの人でも要注意です。

ひざはまっすぐな動きには対応できますが、
ナナメや横向きの動きにはとても弱いのです。
膝に悪影響を与えているのは「ひねり」
つま先が外向くと、膝を「ひねる」からダメ!

5kmや10kmでは大丈夫でも、
長距離、長時間、ひざに負担がかかり続けることで、
だんだん悲鳴を上げてくるわけです。
去年は大丈夫だったのに、今年になって痛くなった。
これも、徐々に進行してきた証です。
だから
「ほんの少し」でもつま先が横へ向いていたら、
その「ほんの少し」が
「積もり積もって故障」につながります。

自分目線でしたらいつでもチェックできますので、
走るたびにチョコチョコ見直してくださいね。

マイナビニュース(コラム)
目からウロコのらく~なランニング」

第7回「膝を痛めないように、足はまっすぐ出す
第6回「太い骨」に乗って走ると、楽に走れるようになる
第5回「膝の故障をしないためにも、重心の真下に着地する
第4回「筋肉消費を抑えるために、蹴らないで小股で進む
第3回「走らない」という意識をもって、
    「体重移動で進む」感覚を覚える」
第2回「故障リスクを減らすため、
     2本のレールをイメージして足をまっすぐ出す
第1回「整体師が発案するエンジョイラン走法」とは?

-------------------------------------------------
200万アクセス突破記念はこちらです。
今だけ約65%OFF!お早く!
200万アクセス突破記念、DVD特別価格!(数量限定!)
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================