先日は、左手でマウスを操作すると良い。
という話を書きました。
左手マウスで身体の歪み解消!
今日はその第2弾!

左手で歯磨きをしてみよう!

一度挑戦してみてください。
ただし、ゆっくりね。
おもしろいくらい、口の中を突きます!
それはそれは、自分で笑えますよ。

リズミカルに動きません。
綺麗な振幅運動ができません。
微妙は動きができません。
思い通りに磨けません。
すぐに手が疲れます。

実は私が20歳になった時、ドラムを始めました。
それはどうでもいい話なのですが、
ドラムレッスンに行った時、先生から初日に言われた言葉です。

「今日から歯磨きは左手でしましょう!」

前にも書きましたが、
ドラムという楽器で一番難しいのは、
右手と左手を交互に打った時、
音にバラつきなく、同じ強さで叩くことができるかどうかなのです。
そのためにも、利き腕は力が強く、
もう片方の腕が弱いというのはダメなのです。
均等な力で叩けるようにするためにも、
まず歯磨きから練習しましょう。
ということだったのです。

私は右利きですから、
それ以来、左手で歯磨きをするようになりました。
しかし、ドラムをやめてからすっかり忘れていました。
整体師になって思い出したように今では毎日やってます。

私の弟は右手の骨折がきっかけで、
左手で箸が使えるようになりました。
なんと素晴らしいことでしょう!
これこそ、マイナスをプラスにする考えですよね。

ここまでは私はできませんが、
できるだけ左右の違いなく使いたいといつも考えています。

さて、あなたはどうですか?
左利きの人は相対的に器用な人が多いと言いますよね。
私の整体院に通われている人の中にも
左利きの人がいますが、
箸は左、ペンは右、と言われます。
学生時代から苦労されていたみたいですが、
左利きと言いながら、何かしら両利きで使える人が多いです。
残念ながら、右利きの人は本当に右しか使えない。
そんな人ばかりですよね。

今やアメリカメジャーで大活躍中のダルビッシュ投手。
右投げ投手で、最速は159kmだそうです。
ところが、左で投げても、130km出せるんです。
左右のバランスが良い証拠ですよね。

こんなスーパースターと比較してはいけませんが、
私たちも少しでも左右のバランス差を
縮めることを心掛けましょう。

そのためにも、利き腕ではない腕で、
できることからコツコツと。
-------------------------------------------------
毎日新聞グル-プのマイナビニュースにて
コラム第6回目の記事がアップされました。

マイナビニュース(コラム)
目からウロコのらく~なランニング」

第6回「太い骨」に乗って走ると、楽に走れるようになる
第5回「膝の故障をしないためにも、重心の真下に着地する
第4回「筋肉消費を抑えるために、蹴らないで小股で進む
第3回「走らない」という意識をもって、
    「体重移動で進む」感覚を覚える」
第2回「故障リスクを減らすため、
     2本のレールをイメージして足をまっすぐ出す
第1回「整体師が発案するエンジョイラン走法」とは?

-------------------------------------------------

200万アクセス突破記念はこちらです。
今だけ約65%OFF!お早く!
200万アクセス突破記念、DVD特別価格!(数量限定!)
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================