私の整体院には、毎日いろんな人が来院されます。
先日来院された方は「右のふくらはぎが痛い」と言われました。
順番に触っていくと、右の太ももも痛いとも言われました。
しかし!
一番よく張っていたのは、左足です。

右に症状があるのに、原因は左にある!

マラソンやっている人にとても多い傾向にあります。
本人は右足に違和感を感じているのに、
実は左足の方がよく張っているのです。
このような状況になると皆さんビックリされます。

マラソン、ジョギングというのは、左右対称に身体を動かします。
だから、右と左は同じ力で動かせばよいはずです。
ところが、なかなかこれができないのです。
原因は、身体の歪みです。

自分では同じように動かしているつもりでも、
左右に差が出てしまいます。
それに自分が気付けばいいのですが、
気付ける人はとても少ないのです。
だからこの人のように自覚が反対に現れます。

左足をかばうように右足が動いた時に、
このように自覚が反対に現れることがあります。
本当は左足の方が疲れているのです。
そのことに早く気付いてほしいです。

そのまま施術していくと、
この人は全然痛みを感じていなかった左足では
「痛い!痛い!」と言われます。

「なんで痛みを感じなかった足が、こんなに痛いの?」
と驚かれます。


本当はずいぶん前にその痛みの兆候があったはずなのです。

それに気付くことができなかったため、
反対の足がかばうようになって、
左右のバランスがずいぶん崩れて痛みが出たときに、
ようやく来院されたということになります。

早く気付くことができれば、早く回復できます。
でも遅ければ、回復も遅くなります。
自分では気づかないことを発見してあげるのも私の仕事です。
今のあなたはいかがですか?
「整体にはこれまで一度も行ったことがない。」
そんな人もまだまだ多いことと思います。
「たんなるマッサージでしょ?」
こんな間違った解釈をされている人もとても多いです。
そんなことも含めて、気付いた人から身体が楽になっていきます。
「整体どころか、ストレッチすらやってない」
こんな人は、そのうち故障しますからお気を付けください。

私は「身体のメンテナンス」という言い方をします。
ぜひ定期的に「身体のメンテナンス」をお近くの整体院でどうぞ。
自分では気づかなかったことを発見してくれるはずです。

-------------------------------------------------

マイナビニュース(コラム)
目からウロコのらく~なランニング」

第4回「筋肉消費を抑えるために、蹴らないで小股で進む
第3回「走らない」という意識をもって、
    「体重移動で進む」感覚を覚える」
第2回「故障リスクを減らすため、
     2本のレールをイメージして足をまっすぐ出す
第1回「整体師が発案するエンジョイラン走法」とは?

-------------------------------------------------

200万アクセス突破記念はこちらです。
今だけ約65%OFF!お早く!
200万アクセス突破記念、DVD特別価格!(数量限定!)
-------------------------------------------------
【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】

タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,296円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================