着地音が大きい人の解決策、
今回は具体的な改善方法その2をご紹介します。

具体的な改善方法-2

まず下の写真を一気に5枚ご覧ください。
ピョンスト-1
ピョンスト-2
ピョンスト-3
ピョンスト-4
ピョンスト-5

片足でピョンと前へ飛び、着地したらピタッと静止することから、
この動きを、今日から「ピョンピタ」と命名することにします。

写真で見たままなので、説明するほどではありませんが、
一応手順を説明します。

まず写真1枚目は両足をそろえて静止しています。
どちらの足からでもよいのですが、
写真では右足からスタートします。

右足をピョンと軽く前へ出して、軽く飛びます。(写真2)

着地した瞬間、ピタッ!と止まってください。(写真3)
上半身が動いてもいけません。
右足裏全体で全体重を支えます。
このとき、左足は後ろに浮いています。
当然、後ろになった左足もふらついてはいけません。
すべてがピタッと静止してください。
できれば、3秒静止してほしいです。

同様に、左足もピョンと飛び、着地した瞬間、3秒静止します。(写真4、5)

これらの動きは、ゆっくり行ってください。
走るような速い動作ではありません。
あくまでも矯正エクササイズです。
10歩程度行ってくださいね。

慣れないうちは身体がふらつくと思います。
なぜふらつくか?

それは、片足だけで着地した瞬間、
安定していないからです。


そんな分かりきったことを!
と、思われるかもしれませんが、
そう思われるのなら、ぜひ試してください。

では、安定していないということは、どういうことか考えてみましょう。

着地した瞬間、必要な筋肉が必要なだけ動いていないからふらつく。

言い換えれば、
着地した瞬間、無駄な筋肉が動いているから不安定になる。

これでお分かりいただけますでしょうか?

走ると必ず片足着地です。
しかも、着地した瞬間、全体重を支えなければなりません。
その瞬間に無駄な筋肉の動きをなくし、
必要最小限の筋肉と骨で、全体重をしっかり支えること。
それができれば、安定した着地ができます。

ゆえに、無駄な足音がなくなるということです。

この「ピョンピタ」は、
足音が大きい人の矯正法だけでなく、
楽な着地をするための方法として活用できます。
楽に長く走れない人には、ぜひ試してほしいエクササイズです。
-------------------------------------------------

【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】
タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,260円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------




=============================
【 エンジョイランDVDも発売中 】
筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
DVD-Video収録:77分
定価:2,800円(税込)
=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================