最近、ランニングの個人レッスンをする機会が増えました。
これもブログと本のお陰と感謝しています。
まだメニューとしてきちんと載せていませんが、
興味のある方は質問フォームから入力してくださいね。

さて、先日のレッスンでのこと。
「体重移動で進むと、ものすごいスピードがついてしまうんですけど?」
と言われました。
その内容はこちらをご覧くださいね。
このコツさえ覚えれば、楽に長く走れる

はい、確かにものすごいスピードが出てしまいます。
だからスピードを殺す術が必要なんです。

と、これだけ読めば「意味分からん!」
と思われる方もあることでしょう。
しかし実際にトライされた方はこの意味が分かるはずです。

「走る」ということは、蹴って前へ進むこと。
と思いこんでいる方にとっては、理解が難しいと思います。

「進む」ということは、前傾姿勢で上半身が先に前へ行くので、
身体が倒れないために足で支えます。

この違い分かっていただけるでしょうか?

足を前へ前へと考えるのではなく、
着地、着地の連続だと考えるのです。
その違いが分かると、走ることがものすごく楽になるのです。
だから私は「走る」ではなく「進む」と呼んでいるわけです。

ただ、先日の方は日常的はスピードが、
1km当り7分30秒くらいの人でした。
実はこのくらいのスピードでは、
「前傾姿勢で進む」ということが体感できません。
6分30秒より速いくらいじゃないと無理なんです。
しかしこれまでレッスンしてきた感触では、
1km当り6分程度で皆さん走れるようになります。
(そのまま何キロ走れるかは個人差があります)

なぜなら、最初の質問にあったように、
前傾姿勢で進もうとするとものすごいスピードがつくので、
逆にセーブする必要が出てくるわけです。
そこで多少必要とするのが、膝の屈伸力です。

片足になる瞬間がありますよね。
そのときに、うまく体重を支える必要があるということです。
そのために、膝の屈伸力が「ある」と「ない」とで、ずいぶん変わります。
単純に考えますと、太ももの前側の筋力が
「ある」か「ない」かで考えがちですが、
一概にそうとは言えないと思います。
確かに筋力がある人の方が習得は早いかもしれませんが、
それより求められるのは、「コツ」です。
ここからは文章にするのはちょっと難しいので、
想像してほしいのですが、
片足に全体重が乗る瞬間に、
うまく膝の屈伸力で受け取ってほしいのです。

それができると、劇的に楽になります。
ぜひお試しください。
-------------------------------------------------

【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】
タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,260円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------




=============================
【 エンジョイランDVDも発売中 】
筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
DVD-Video収録:77分
定価:2,800円(税込)
=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================