先日こんな言葉を聞きました。

「ろくに走れもしないヤツがフルマラソンに出て俺は迷惑している」

あくまでもひとりの意見です。
それも聞いた話で、直接本人から言われたものではありません。
この言葉を聞いたときに、私はゴルフを思い出しました。

実は高校3年間、ゴルフ場でキャディのバイトをしていました。
「プロ目指してるの?」
とよく聞かれましたが、まったくそんな気もないどころか、
クラブを振った事もなく、あくまでも仕事として働いていただけです。
遅く出勤し早く終わる、とても割りの良いバイトだったからです。
話が逸れましたが、その時にある人が言われた言葉があります。

「まだまだこいつらラウンドするには早過ぎ!
 もっと練習してから来い!」


ようするに、見るに堪えないプレーなわけです。
上手か下手かで分けると、下手です。
素人が楽しんでやっているんだから、感知しなければ良い。
私はそう思いましたが、その人には目障りだったのです。
でもその人がすごいなと思ったのは、プレーが乱れなかったことです。
目障りな人を見て、ブツブツ言ってましたが、
精神的に惑わされることもなく、スコアは安定していました。

マラソンの話に戻しますが、
この二つの話は、同じ種類だと思ったんです。
ただ違うのは、マラソンの場合は、
抽選に外れたら参加ができないところです。

「走って完走もできないようなド素人がエントリーするから、
 俺のようなちゃんと走れる人が参加すらできなくて困っている」


という解釈になるのでしょう。

日々練習してその成果として大会に出たいのに、
「にわかランナー」が多すぎて、
ろくに走りもしないでお祭りのように参加する人が多すぎる。


こんな解釈もできるでしょう。

今はマラソンブームです。
それは時代の流れですから仕方がありません。
そのブームに乗ってエントリーする人もいるでしょう。
「止まらず歩かず完走したい」
という気持ちはきっとみんな持っているはずです。
ただ、残念ながらうまくいかない人がいるだけです。

後半ボロボロになってでも、制限時間内にフィニッシュし、
それで大満足の人もいるはずです。
途中で関門に引っかかって走れなかったとしても、
足を痛めてリタイヤしても、
ひとりひとりのドラマがそこには存在するはずです。
走る意味も目的も人それぞれです。

さて、あなたはどう考えますか?
-------------------------------------------------

【 私の著書が初版から約半年で、増刷決定!(第2版)】
タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,260円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------




=============================
【 エンジョイランDVDも発売中 】
筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
DVD-Video収録:77分
定価:2,800円(税込)
=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================