整体師に学ぶ~中高年のランニングによる筋肉痛改善と、楽に長く走る方法(エンジョイラン.com)

楽しく健康に走りたければ、マラソン本を捨てなさい!また、楽に走りたければ、走らないこと。その真意は、このサイトの中に!

中高年になって健康やダイエットのため走り始めたのに、膝や足腰が痛い、疲れが取れないなど、良かれと始めた運動が逆効果で困っていませんか? 整体師だからこそわかる、筋肉や身体のケア方法や、筋肉痛知らずで、楽に長く走る方法、楽しいランニングノウハウも含めて、全部お教えします。

私のマラソンは、漠然とやっているのではなく、
ひとつひとつ検証しながら自分に合った方法を探してきたのです。
それで出来上がったのがエンジョイラン走法なのですが、
自分で作っておきながら、自分が間違ったことをしていた、
そんなことに最近気付き、そして修正できたことを今日は書きますね。

これまで発症しなかった痛みに突然襲われることはありませんか?
何年も走ってきて、一度もなかった痛みが出てくる。
そんなことあるでしょう。
私も4年目にしてこんな痛みは初めてでした。

一番多い原因は「オーバーワーク」ですよね。
経験が豊富になってくると、どんどん走り過ぎて、
あるいは速さを気にするがあまりに実力以上の練習をしたり。
これで痛みの出る人は、気持ち次第で改善できるかもしれません。

しかし、私のようにそんなに速く走るわけでもなく、
走行距離も月間100kmあるかないかというくらい。
これまでそんなに大きな痛みが出ることもなく走ってきました。
なのに痛みが出てくるという事は、
それまでのフォームと何かが違ってきていると考えてみましょう。

今回私自身のフォームの間違いは次の2点です。
1、内側に乗ることを意識するがあまり、
  内側に入り過ぎていたこと。
2、左右の歩幅が違っていたこと。

まず、1番の内側に乗る話ですが、
過去のこの記事をご覧いただきたいです。
膝下(前脛骨筋)に負担をかけない具体的な方法

これは、すねの骨は2本あって、
太い方に乗ることが楽に走るための秘訣だと書いた記事です。
しかし、私は偏平足なので土踏まずがほとんどありません。
内側を意識し過ぎると、
無いに等しい土踏まずをさらに無くしてまっていたのです。
それどころか、内側に倒れ過ぎていたことで、
間違ったフォームを作っていたのです。
過去の記事にも書きましたが、
内側に乗るというのはあくまでもイメージのことで、
土踏まずを踏みつぶしてしまっても良いうという意味ではありません。
実際には、足の中央に体重が乗ると思いますので、
皆さんも間違わないように気を付けてください。

それから2番目の左右の歩幅の違いですが、
これも過去の記事をご覧ください。
あなたの歩幅は、左右おなじ?

これは、ほんのちょっとの左右の歩幅の違いでも
なんらかの痛みや故障の原因になりますという記事です。
この記事を書いた時は、右足を出す時の方が広くなっていました。
言い換えると、左足に乗っている時間が長いということです。
だから意識的に、右足に乗っている時間を長くするようになったのでしょう。

それが今度は以前の反対のことが起こっていまして、
右足に長く乗ることを意識していたら、
右足に長く乗り過ぎていて、
間違ったフォームになっていたということです。

この間違ったことに気付いたので、
自分で修正して、痛みもなく今まで通り走れるようになりました。

あなたはいかがですか?
今回の私の話はあくまでも参考として考えていただき、
ご自身に置き換えて見直しをしてみてください。
もし何かの違和感や痛みがあるとしたら、
それは間違ったフォームが原因かもしれませんよ。
痛むには必ず原因があります。
それをご自身で探せるようになっておきましょう。
「今まで通り」「いつも通り」と思っていることが、
知らず知らずのうちに間違って変化しているかもしれませんよ。
-------------------------------------------------
【 私の著書が出版されました!】
タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,260円(税込)
著者/鮎川良
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
【 エンジョイランDVDも発売中 】
筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
DVD-Video収録:77分
定価:2,800円(税込)
=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. ひらひら
    • 2013年11月25日 21:48
    •  こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いております。
      左右の歩幅の違いについてですが、私はO脚ぎみなので
      常に外側着地してしまうので内側着地を意識して内股気味に走っています。
       1ヶ月の走行距離はりょうさんの半分くらいしかないので
      痛みは出ていないのですが、私も走っていて左右の歩幅が違うのではと常々思っています。内側着地を意識していましても、左足のカカト外側が右側よりもなぜかすり減ります。
      やはり歩幅が違っているのかな?とも思います。
       具体的に歩幅その計り方、アドバイスなどなどありましたら教えて頂けないでしょうか?

    • 2. りょう
    • 2013年11月26日 00:09
    • ひらひらさん
      左右の歩幅の違いをきちんと調べる方法は、
      正直言いまして、通常の生活の中にはありません。
      残念ですが、それが本音です。

      ですので「カン」を頼りにするしかありません。
      人に見てもらうというのもいいと思います。
      それでも人の見た目の「カン」に頼るしかないのです。

      「なんとなく違う気がする」
      と思われているのであれば、違うんだと決めて
      意識的に合わせてみてはいかがでしょう?
      そうすることで、確認することができます。

      映像に撮るという方法もあります。
      それを見て確認しても、実際計測するわけではありませんので、
      見た目の雰囲気で見るしかないですよね。

      ただ、先日個人レッスンに来られた方は、
      明らかに左右のテンポが違っていました。
      ですのですぐに指摘して修正しましたが、
      ひとりで確認するのは難しいことは確かです。

      でもめげずにやってみてください。
      きっと何か発見がありますよ。

    • 3. 六区
    • 2013年11月26日 22:13
    • 復活おめでとうございます!

      これからも頑張って下さい。

    • 4. りょう
    • 2013年11月27日 00:00
    • 六区さん
      どうぞ、お気遣いなく。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック