今日の話は、内容を読まなくてもタイトルがすべてです。
しかし、日本語が読めても、
本当の意味までちゃんと分かっていますか?
故障を繰り返す人は、かみしめて読んでください。

何度も故障する人のブログを読んでいますと、
完全に回復するのを待たずに、トレーニングを再開されています。
それではまた故障しても当たり前です。

プロのスポーツ選手でも故障する人がよくあります。
どんな故障かは別として、その回復のさせ方はとても慎重です。
ワンシーズン出場しない選手だっています。
それは一年、棒に振ってでもその翌年を見据えての行動です。
生活もかかっていますから、きっとそれは必死のことと思います。

しかし、アマチュアの私たちはどうでしょう?
ある人のブログに書いてありましたが、
故障して整形外科へ行くと「3~6ヵ月走らないように」言われた。
と書いてあるのに、2週間後くらいにはもう走っています。
それでも本人は「痛みはあるけれども少しずつ」などと書いています。
実際の痛みというのは本人にしか分かりませんが、
少し痛みが減ってきたからといって、
完全に回復するまでに自己判断で再開される人は要注意です。
こんな人は必ず再発します。
同じ故障をしないまでも、違う箇所の故障を誘発します。

そもそも元を正せば、
こんな人は日常の中にダメなところがあるように思います。
日常的に痛みがあったにもかかわらず、
トレーニングを続けてきているのではありませんか?
多少の痛みくらい日常茶飯事。
そんな積み重ねがあったからこそ、
故障してしまったのではありませんか?

筋肉痛や疲労感があってこそのトレーニング。
そう考えている人も少なくありません。
その一生懸命な気持ちが裏腹に、故障を招いています。

先日こんなコメントをいただきました。
「多少苦しんで、翌日は筋肉痛になって、疲労感も残って、
 多少普通に過ごせなくなったとしても、
 タイムがいい方が楽しいですし、次への励みになります。」
こんな人がそのうち故障する人です。
この考え方が通用するのは、せいぜい30代半ばくらいまででしょう。
個人差はあるでしょうが、
40歳を超えても同じような考え方では故障する確率もあがります。
それは回復力が劣ってくるからです。

エンジョイランとしては、
筋肉痛を残さない、疲労感を残さないことを推奨しています。
またそのための方法をこれまでにたくさん書いてきました。
それは「すべては健康のためにありたい」からです。
多少の痛みくらい大丈夫。
そんな気持ちの積み重ねが
故障を招いていることに早く気付いてください。


今日お伝えしたいことはふたつ。
1、日常的な痛みがある場合はそのうち故障します。
2、故障から回復を待たずに再開すると、そのうちまた故障します。

「何か身体がおかしいぞ?」
この発見こそが、
故障からあなたを守るサインです。
そのサインを見逃さずにきちんと受け取って、
しかるべき対処をしてほしいです。

それでも、故障したのなら、
しっかり回復するまでトレーニングをせずに、
まず治すことを考えてください。
「多少の痛みくらい」という気持ちが命取りになります。
故障したら、まず回復が最優先です。
-------------------------------------------------
【 私の著書が出版されました!】
タイトル/痛み・故障ゼロ! がんばらないで楽に長く走る
出版社/学研パブリッシング
価格/1,260円(税込)
発売日/2013年06月26日
著者/鮎川良
サイズ/単行本
ページ数/128
ISBNコード/9784058000908
-----------------------------------------------
お近くの書店、またはネットでチェックしてくださいね!
楽天、アマゾンは、どちらも送料無料です。
-------------------------------------------------



=============================
【 エンジョイランDVDも発売中 】
筋肉痛改善! お風呂で毎日できる かんたんマッサージ
DVD-Video収録:77分
定価:2,800円(税込)
=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================

私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
=============================