調子良く走ってますか?
私は寒いのが苦手なので、ボチボチです。
大会に出場する予定が無いので、
そんなに焦ることなく、マイペースで考えています。
だって、健康のためのマラソンですからね。

先日の東京マラソンで倒れたランナーがいましたよね。
コース上で倒れたらしくて、後ろからやってきた人が、
心臓マッサージをして、AEDの到着を待ったそうです。
その人は命拾いをされました。
助けた人も、同じお金を払って参加しているランナーです。
あなたなら、できますか?

このようなタイミングに出くわすこと自体、
おそらく少ない確率だと思いますが、
倒れた人にとっては確率の問題ではありません。
生きるか死ぬかの瀬戸際です。
また、助ける側にも勇気が必要です。
「本当に自分が何かの役に立つのか?」
「自分が止まらなくても、誰かがやってくれるはず」
「事務局の仕事だ」
「止まると、タイムが・・・」
きっと、こんな感じでしょうね。

もしその確率の低いタイミングに出くわした場合、
それは一瞬で判断しなくてはなりません。
多くの人は、考えている間に通り過ぎてしまうことでしょう。
今回助けた人は、表彰されていましたね。
それも、後になって出て行くべきか、出ないべきか・・・
悩む所です。
そもそも、表彰されたくて助けたわけではないでしょうからね。
「数年前に訓練を受けていたことを、とっさにやってみた」そうですが、
心臓マッサージを訓練などで見ることはあっても、
実際にやってみることなんて、一生に一回あるでしょうか?
記憶の扉を開けて、上手にできる自信がありますか?
ほとんどの人は、自信が無いから、
変に出しゃばると返って足手まといになる。
そう思われることでしょう。

こんなふうに書きながら、私にはできるのだろうか?
正直言って分かりません。

以前、出張整体の帰りに、道端で倒れている人を発見しました。
真っ暗なので最初は分からなかったのですが、
ただ休んでいるのではなく、倒れている事が分かった瞬間、
車を止めて駆け寄り、「大丈夫ですか?」と、声をかけていました。
その人は血だらけで、立てませんでした。
深夜だったために、通行人もなく、
私はすぐに救急車の要請をしたのですが、
私が119番と話している声が聞こえたらしく、
近所の人がひとり、ふたりと出て来られました。
私は仕事帰りでしたから、白衣を着ています。
しかし、看護師でも医師でもなく、整体師です。
とっさに私は、
「こんな服着ていますが、救急処置ができる立場にないんです」
と、言い訳をしてしまいました。
恥ずかしかったです。
こんな私では、心臓マッサージができないかもしれません。

東京マラソンで心臓マッサージをされた方は、
とても立派だと思います。
私はできることならば、そんな場面に出くわしたくありませんが、
もし万が一の時は、立ち止まれるような勇気と知識を持っていたいものです。


↓メルマガ登録はこちらからどうぞ↓
メールアドレスを入力して送信するだけです。
送信を押しますと、確認メールがすぐ届きます。
メールアドレスは、添付ファイルが開けるアドレスでお願いします。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
3回目の奈良マラソンでは、足がつってしまい止まりましたが、
4時間8分で完走しました。
=============================