1月17日は神戸へ行きました。
私は、阪神・淡路大震災で被災しましたので、
毎年この一日は神戸で過ごすようにしています。
(関連記事→生きているからこそ走れる

1月17日は、「ひょうご安全の日」と定められていまして、
ここ最近は、メモリアルウォークというイベントに参加しています。
(関連外部記事→ひょうご安全の日のつどい

私は西宮から15km歩くコースに参加しました。
今年も平日でしたので、参加者は高齢者が多かったです。
たくさんの人が歩きますので、
たくさんの人の歩くフォームを見ることができました。

悲しいことに、足がまっすぐ前に出ている人は、ほとんどいません。
15km歩こうというんですから、
日頃からそこそこ歩くことができている人です。
中には、登山してそうな人や、マラソンしてそうな人もいます。
着ているものや背負っているリュックなどで分かりますよね。
このエンジョイランを書いていて、
常に中高年のマラソンランナーを意識してきましたが、
今回のイベントで「足の出し方」に衝撃を受けました。

マラソンしている人で、
膝を痛める人や、股関節、足首・・・
いろいろお困りの人が多いですよね。
基本は「足をまっすぐ出す」ということくらい、
どこでも書いてあるし、誰でも知っていると思います。
なのに、まさか自分が「歪んでいる」とは思いもしないんだと思います。
そこに今回は気付かされました。

たとえば、ものすごいO脚の人がいました。
その人は、長年歩く自分のクセから、
そのようになってしまったと、きっと思っていません。

たとえば、左足のつま先が外を向いている人がいました。
その人は、自分が左右対称にきっちり足が出ていないことに、
きっと気付いていません。

そう、自分では気付かないうちに長年経ってしまった結果なのです。
もっと若い頃に誰かが指摘して、
自分でも気付いて、改善しようという試みがあれば、
あの人たちは晩年になって膝や股関節の痛みに
悩まされることはなかっただろうと思います。

いまマラソンをしているあなたはいかがですか?
自分で自分の姿を見たことがありますか?
自分のフォームを誰かに指摘されたことはありますか?
自分の悪い所に気付いていますか?
なにも気付かないまま、よかれと思ってやっていることが、
晩年になってから痛みや故障となって現れる可能性があります。

エンジョイラン走法のクリニックを行うために、
今回のことはとても良い参考になりました。
私の使命は、ひとりでも多く、
痛みの無い楽な走り方を教えることにあると確信しました。

第1回エンジョイラン走法・クリニック(フォーム中心)を開催します

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
3回目の奈良マラソンでは、足がつってしまい止まりましたが、
4時間8分で完走しました。
=============================