最近、お会いした人に良く聞かれる言葉に、
「上り坂はどうすれば楽になりますか?」
という問いがあります。
今日は「エンジョイラン走法における、上り坂の攻略法」を書きます。

まず下の写真をご覧ください。
自転車のギア
これは以前私が乗っていたロードバイクです。
後7段変速、前3段変速で、合計21段変速でした。
こんなにたくさんのギアではないにしても、
「自転車の変速ギア」を操作したことはありますか?

自転車のギアというのは、
小さいギアは、強い力が加わり速度を増すのに有効。
大きいギアは、負荷が少なく軽くして小さな力で進むことができます。
ギアは大きい方が一回で進む距離が少なく、
小さい方が、一回こぐだけでたくさんの距離を進むことができます。
私はちょっとした坂でもすぐギアチェンジして走っていました。
ようするに、坂の角度に応じて、選ぶギアを変えるということです。
余談ですが、私の車は今もミッション車です。
変速ギアを操作するのが好きなんですよ(笑)

ジョギングするにも、この変速ギアというのがあれば、
上り坂が楽になると思いませんか?

実はそれが可能なんです。
といっても、
自転車のギアを身体に取り付けるわけではありません(笑)
当たり前ですよね。

私は、3段切り替えのギアをイメージしています。
1、平地用
2、やや上り坂用
3、きつい上り坂用


走っていて、ゆるやかな上り坂になると、
2番の「やや上り坂用のギア」に入れ替えます。
さらに坂が急になると、
3番の「きつい上り坂用のギア」に切り替えます。

あくまでもイメージの世界ですが、
そのイメージと共に実際することもあります。
2番の「やや上り坂用のギア」は、前傾姿勢をややきつくして、
歩幅を少し狭くします。
3番の「きつい上り坂用のギア」になると、
前傾姿勢をさらにきつく倒し、歩幅をもっと狭くします。

何をしているのかと言いますと、
自転車のギアは大きくなると、負荷も少なくなります。
負荷が少ないという事は、1回こいで進む距離が短くなります。
ですから同じ速度で走り続けるためには、
回転数を速くする必要があります。

これは身体の中の「イメージのギア」も同じなんです。
前傾姿勢する角度を変えることで、負荷を軽くします。
そして同じ速度で進み続けるために、
歩幅を狭くして回転数を多くします。
足を出すテンポが速くなるということですね。

上り坂がやってきた時、
その角度に応じてギアチェンジをするという考え方。
いかがでしょうか?
「エンジョイラン走法における、上り坂の攻略法」
試してみてください。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================