「足の甲が痛い」「足の甲の痛み」などで来られました方、
はじめまして。
お困りですよね。

前回も同じテーマで書きました。
足の甲が痛い→その理由と予防策
今回はその2回目です。

マラソン本に良く載っている「タオル寄せ」をされていますか?
床にタオルを置いて、つま先でグイグイと引き寄せていくエクササイズです。
「やっている」という方は、足の甲が痛いのではありませんか?
そのエクササイズが必要だと思ってられる方は、
下の写真のような走り方をされていませんか?
つま先-3-1
つま先-3-2
つま先-3-3
つま先-3-4
つま先-3-5

この写真の中で、3枚目のつま先部分をアップにしました。
つま先-3-6
タオル寄せが必要だと思われている人は、
このように、地面をつま先でつかむように走られていると思います。
私はこうしませんので、ちょっとヘタな写真かもしれませんが、
「グッ」とつかむと、だいたいこのような形になると思います。
それで、つま先を支点にしてグッと蹴るんですよね。
マラソン本にはそうするように載っています。
これが、足の甲が痛む原因です。

このようにされますと、
足の甲にはものすごい力がかかっています。
上の写真ではすこし分かりにくいかもしれませんが、
第2指の形をよく見て下さい。
手の指で言うところの「人差し指」です。
グニュッと曲がっているのが分かりますか?
そして、足の甲に向かって少し指が上がっています。
この付け根辺りにものすごく力がかかるんです。

「中足骨は第2指が疲労骨折しやすい」
という原因がここにあります。
第2指が一番負担が大きいのです。
しかしこれは人それぞれの指の長さや、
土踏まずのカーブによって、個人差のあることです。

この走り方をされるのは、それなりのスピードを必要とされる人です。
あなたがもし、完走目的だったり、
4時間そこそこくらいのタイムをお考えでしたら、
この地面をつかむ方法を止めることをおススメします。

足の甲に負担のかからない走り方、
それが「エンジョイラン走法」です。

具体的な方法は前回のページをご覧くださいね。
足の甲が痛い→その理由と予防策

ぜひ、今日からエンジョイラン走法で進んでみて下さい。
楽に長く走るコツは、走らないことですから。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================