右列を見ていただきますと、
「人気記事」という項目がありますよね。
ということは、このサイト内でよく見られている記事です。
最近の傾向としては、
足の甲が痛い~疲労骨折「中足骨」
が、ダントツで1位を確立しております。
カッコ内の数字は閲覧した回数ですので、
5400人ほどが困ってられるということです。

これは、たまたまこのページを開いたのではなく、
GoogleやYahoo!からの検索用語として来られます。
私にはあなたのお困りの声が分かるんですよ(笑)
「足の甲が痛い」「足の甲の痛み」などで検索されましたでしょ?

解決策としては、とにかく安静にすることなのですが、
しばらくして治ったとしても、また再発する。
そんな人もきっとあるはずです。
今日は予防策をお話します。

一度でも困ったことのある人は、
足の甲に負担のかからない走り方をおススメします。
それが「エンジョイラン走法」です。


写真を用意しました。
まず下の写真をご覧ください。
一般的に走る時の足の移動をコマ送りしました。
つま先-2-1
つま先-2-2
つま先-2-3
つま先-2-4
つま先-2-5
つま先-2-6


では、エンジョイラン走法の写真を見て下さい。
つま先-1-1
つま先-1-2
つま先-1-3
つま先-1-4
つま先-1-5
つま先-1-6

違いが分かりますか?

一般的な走法は、最後につま先で地面を蹴ります。
マラソン本にもそう書いてあります。
だって、小さい頃から走るというのは、
そうするものだと教えられてきたでしょ?
だから自然に蹴って走っているはずです。
それが長時間繰り返されるので、足に負担がかかるのです。

エンジョイラン走法は「走るのではなく、進む」と書いています。
だから蹴らない走り方です。

写真を並べてみますね。
並べると、この微妙な違いがお分かり頂けると思います。
上がエンジョイラン走法、下がつま先で蹴る一般的な走法です。
つま先-1-合成
つま先-2-合成
この写真で、とくに④⑤を見比べて下さい。
下の写真はしっかり地面をつま先で蹴っていますので、
つま先が「グニュッ」となっていています。

一方、上の写真のエンジョイラン走法では、
蹴らないので、つま先が「グニュッ」となりません。
それに、地面からつま先が早く離れるのがわかりますよね。
⑤ではもう離れかかっています。

マラソン本に書いてある「つま先で蹴る」ということは、
速く走るために必要なことのようですが、
つま先や足の甲にとても負担が大きいのです。
サブスリーを狙うのでしたら必要ですが、
4時間そこそこでの完走でしたら、
逆に無理せず、力を抜いて蹴らないことが必要です。

「止まらず、歩かず完走したい」
という方であれば、なおさらです。

あなたの走り方はどうですか?
「足の甲が痛い」と検索して来られた方、
今回のようになっていませんか?
ぜひ、今日からエンジョイラン走法で進んでみて下さい。
楽に長く走るコツは、走らないことですから。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================