いつもエンジョイラン.comを見ていただきましてありがとうございます。
最近では週一回しか更新していないのに、
ますます閲覧数が伸びてきていまして、
一日約3000カウントを超える日もあるほど成長してきました。
毎日ものすごくたくさんの人に見ていただいていると思うと、
本当に嬉しく思います。
最近では、マラソンだけではなく、
他のスポーツをされている方も参考にされているようです。
「とても分かりやすい」とか、「こんなのを探していた」などと、
嬉しいメールやコメントも頂戴します。
ひとりでも多くの人にお役に立ちたいという想いが、
しっかり届いているのだと確信する言葉です。

しかしその反面、これだけ書いているのにまだ故障する人がいることに、
ものすごく胸が痛む想いで悲しくなります。

先日ブログ友達が、
あるマラソン大会(ハーフ)に参加されて、生死をさまよった人がいます。
今年3月にはサブフォーを達成したのに、ハーフでリタイヤされました。
トレーニング不足はあったと思いますが、
それよりも、生死をさまようほどまでなぜ頑張ったのか?
ということなんです。

15km地点で、止まり、座り、倒れました。
しばらくすると手足の先がしびれ出し、
そのうち手足全部がしびれ、
さらにお腹がしびれ出して、
「私は死にますか?」と、かけつけた救急隊員に尋ねたそうです。

なぜ、そこまで頑張ったのでしょうか?

幸い、点滴等で回復して帰られたそうですが、
お腹がしびれ出した時は、次は心臓が止まるんじゃないかと、
本気でそう思ったそうです。

マラソン大会では、死人が時々出ます。
健康のために走っているのに、死んでしまうなんて、
おかしな話だと思いませんか?

結局は「頑張り過ぎ」なんです。
せっかくトレーニングしてきたんだから、
というような理由がおそらく多いことと思いますが、
いつも以上に頑張り過ぎていることに気が付かないんでしょう。
ラストスパートをして、ゴール直後に倒れて死亡!
そんな人がとても多いそうです。
何も命がけで1分1秒を縮めなくてもいいのに・・・
そう思ってしまうんですが、当の本人には分からないんでしょうね。

これを読んでいる方すべての人に言いたいです。
頑張らなければ続けられないし、
目標を達成できないのは分かります。
しかし、もう少し早めに気付くようになってほしいんです。
15kmで倒れる前に、14kmで一度歩いているんですね。
しかし、きっとそれよりも、もう少し前に、
身体からの危険信号が出ていたはずなんです。
それをきちんと受け止めてください。
私からの願いです。

生死をさまようほどではなくても、
せっかくこのサイトを見ていただいているのに、
疲労骨折した人、アキレス腱断裂した人・・・
いつまで経っても防ぐことができません。
そうならないためにも書いているのに、
ぜんぜん伝わっていないことがとても悲しいです。

マラソンするなら、必ず身体のケアをしてください。
自分の身体が発する危険信号を早くキャッチできるようになってください。
そのためにも、ストレッチがとても大切なんですよ。

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================