骨盤矯正、今日は横向きに動かしてみましょう!
まず、基本系の確認です。
右の骨盤を動かす場合、
左ひざを床について(写真のように座布団などを敷いてね)
両手を前につきます。
骨盤ボール-横-7
(基本系)

では始めましょう!
右膝を支点にしながら、ボールを外へ出します。
下の写真のように、右足だけ平泳ぎような形です。
骨盤ボール-横-6

膝を基本系まで戻します。
骨盤ボール-横-7

次は先ほどと逆方向に、右膝が内側へ入るように動かします。
その時、右の足先は外へ向きます。
骨盤ボール-横-8

また基本系の真ん中に戻ります。
骨盤ボール-横-7

いかがでしょうか?
写真では分かりにくいかと思いますが、
ゆっくりとやってみて下さい。
ボールが転がりますので、最初のうちはギクシャクするはずです。
何度かやっていますと慣れてきますので、
この写真4枚の動きがスムーズかつ、リズミカルに動くようになれば、
右・左・右・左と動かすのを、1・2・3・4と数えれば、
左右運動を10まで行うのに要する時間は、たった10秒です。
慣れないうちは、ボールが逃げてしまいますので、
かなり時間がかかると思いますが、
ゲームだと思って遊んで下さい。

一連の流れを、少し角度を変えた写真も載せておきます。
足先の角度をよくご覧ください。
これでリズミカルさがお分かり頂けることと思います。
骨盤ボール-横-9
骨盤ボール-横-10
骨盤ボール-横-11
骨盤ボール-横-10

ポイントは、骨盤です。
骨盤が柔軟でなければ、この動きができない、
あるいは硬くてここまで横へ傾かない、ということになります。
右の足をボールに乗せた時は、右の骨盤に意識を集中させて下さいね。

左の足、骨盤も同様に行って下さい。

何度も書きますが、
骨盤矯正とは、骨盤を整えることではなく、
骨盤を柔らかくすることです。
このようなエクササイズにより、
骨盤周辺の筋肉をほぐし、柔らかくし、
そして骨盤が動きやすくなるのです。


=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================