月曜日の定期更新が設定ミスのために遅れまして失礼しました。
お待たせしまして申し訳ありませんでした。


今日からいよいよ骨盤矯正の紹介をしていきます。
まずはとっても簡単な骨盤歩きです。
これはすでにご存じの方も多いことだと思います。
ちょっと画像が暗くなりましたがご辛抱下さい。

両足を前へ出して座った状態から、
骨盤を右左と動かしながら前へ歩いていきます。
写真を連続してご覧ください。
骨盤歩き-1
骨盤歩き-2
骨盤歩き-3
骨盤歩き-4
骨盤歩き-5
骨盤歩き-6
骨盤歩き-7
骨盤歩き-8
骨盤歩き-9

途中で一枚、お尻の下に手を置いているのがありましたが、
お尻が浮いているのをお見せするために手を置きました。
両手を頭の後ろに回しても良いですが、ちょっと難しいです。
両手は上手にバランス取りのかじ取り役として使う事が
やり易くて楽しくできます。

では、骨盤で前へ移動するのを、
後ろから写真に撮ってみました。
この方が、骨盤が右左と浮き上がっているのが
よく分かりますよね。

骨盤歩き-うしろ-1
骨盤歩き-うしろ-2
骨盤歩き-うしろ-3
骨盤歩き-うしろ-4
骨盤歩き-うしろ-5
骨盤歩き-うしろ-6
骨盤歩き-うしろ-7
骨盤歩き-うしろ-8
骨盤歩き-うしろ-9

この写真でお分かりのように、
上半身はあまりブレていません。
しっかり上半身は立てたまま、
骨盤を動かして前へ前へと進んで下さい。

写真では前へ移動するのを紹介しましたが、
今度はその逆で後ろへも移動してみて下さいね。
後ろへの移動の方が簡単と言われる人もあります。
さて、あなたはできますか?

そうそう、足を使って移動する人もありますが、
あくまでも骨盤のための運動ですから、
骨盤を動かしたことにより、足が動くという状態がベストです。
足で移動して骨盤が後から付いてくるのは間違っていますので、
そこのところはお間違いのないようにやって下さいね。

そもそも、「足を伸ばして座ることができない」という方、
そういう人はこの運動は難しいですよね。
座ることすらできない人は、イエロ-カードです。
そんな人は骨盤が立っていませんので、
まずこれからやってみましょう!
新聞読みながら開脚ストレッチ(硬い人用)
骨盤そのものがかなり硬くなっていますので、
マラソンをするしない関係なく、健康上に問題がありますので、
早く改善するようにしましょう!

骨盤が柔らかくなれば、内臓の働きも改善されますよ!

=============================
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================