毎週月曜定期更新の一回目です。
毎日書き続けて365日経ちましたので、
これからは毎週月曜+αで書いていきます。

マラソンをしているとこんな言葉を良く聞きます。
「なんでそんなしんどいことやってるの?」
この言葉に対してあなたはいつもどう答えていますか?
よろしければ私に教えて下さい。

今日ご紹介するのは、
先日メールで相談をされました、50代の女性の話です。

まったく運動をしないまま人生を生きてきて、
2年前に膝を痛めたそうです。
右の前十字靭帯が伸びてしまい、
半月板も外側が一部かけているため、
整形外科の先生からは手術を勧められたそうです。
しかし本人は、3ヵ月も入院するのがイヤだと断り、
解決策として「太ももに筋肉を付けるように」と、
指導されたそうなのです。

それからジムへ通い出したところ、
「ジョギングの魅力にハマった」そうです。
ところが最近では、左の膝も痛み出し、
右よりもむしろ左の方が痛みがひどい。
それなのに今年の「ホノルルマラソン」には
参加したいそうなのです。

マラソンにハマるきっかけというのは千差万別です。
しかし多くの人は「健康のため」
という大きなくくりではないでしょうか。
またどんなスポーツでも基本は走ることです。
プロ野球選手ですら、
走り込んで足腰を鍛えると言います。
ミュージシャンもまた走ることを基本としている人がいます。
2時間や3時間のステージをこなすには、
体力が必要なのです。
プロとしての目的のためであり、
走ることそのものが目的ではないわけです。

では私たちはどうでしょう?
あなたは何のプロですか?
営業のプロ?
接客のプロ?
製造のプロ?
修理のプロ?

私たちには仕事や家事があり、
何かをしてお金を得て生活をしています。
お金を得ている以上は、「その道のプロ」なわけです。
仕事はしていなくても、
家事を収入に例えると年収○○万円になる、
というニュースを見たこともあります。
関節的ではありますが、
専業主婦というプロなわけです。

「好きになるのに理由はない」
ということもよく聞きます。
好きなんだからしょうがないじゃない!
そうなんです。
その通りなんです。
しかし、どんなにスイーツやお菓子が好きだからといって、
毎日いっぱい食べていると、
それはそれは恐ろしいことになりますよね。
食べることが好きだからといって、
容赦なく食べ続けて太ってしまってから、
「どうすれば痩せれますか?」
と尋ねられても、原因は本人にあるのですよ。

走ることが好きになったんだからしょうがないじゃない!
でも、ちょっと待って下さいね。
その膝で走り続けますと危険です。
手術が必要だと言われるくらいヒドイわけです。
まず膝を治してから走ることにしましょう!


あなたは日頃走っていて「痛み」はありませんか?
痛みは身体からの危険信号です。
せっかく身体がサインを出しているのですから、
きちんと受け止めて下さいね。
痛むには必ず理由があります。
その理由を早く見つけ出して、
早く解決するように心がけましょう!
病院へなかなか行けない人多いでしょ?
だからこそ、私が持っているノウハウを書いているのです。
あなたのその痛みの原因は、
このサイトの中にもあると思います。
============================= 
「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================