こんな質問をいただきました。

【 質問 】

ジョギングを始めて2年になる20代の男性です。
健康のため、毎日仕事の後に走っています。
走るといっても、20分~30分程度です。
ゆっくり走っている事もあると思いますが、
走ることそのものは問題ありません。
しかし私が困っているのは、「水」が飲めないのです。
スポーツドリンクも苦手です。
とにかく「コーラ」が大好きなのです。
走った後のコーラがたまらなくおいしくて、
練習後にはコーラをがぶ飲みしてしまいます。
暑くなってきたこともあり、
練習後はとにかく喉が渇いて仕方がありません。
だから走った後にコーラを飲むのですが、
そうすると、ご飯が全然食べれなくなって困っています。
どうすれば解消できるのでしょうか?

【 回答 】

私にはまったく想定できない事柄の質問です。
実は、私はコーラがダメで、缶一本が飲めません。
子供の頃から「あの甘さと泡」が苦手で、
人生50年生きてきて、
いまだに一人で一本を飲んだことがありません。
質問者さんとは逆のパターンで珍しい存在だと思います。

話がいきなり反れていますが、本題に入ります。

まず最初に「健康のため」と書いてあります。
健康のためと思われるのでしたら、
コーラを控えるようにしましょう。
糖分、カロリー共に高いのはきっとご存じだと思います。
今はまだお若いですから、気にされていないと思いますが、
これから先々、きっと困ることになります。
いや、すでにお困りなのですよね。

でも質問内容からしますと、いま困ってられるのは、
「コーラを飲みすぎること」ではなく、
「ご飯が食べれない」ことですよね。
しかしご飯が食べれない原因は、
コーラを飲みすぎることにあることは自覚されています。
ですから、コーラを控えることが一番の解決法です。

そんなこと分かっているにもかかわらず、
こうやって質問をいただくということの真相は、
「水やスポーツドリンクが飲めないこと」
こちらに本当の原因があるように思います。

ジョギングをする時は、スポーツドリンクを飲み、
その後の食事をおいしく頂き、
それからお楽しみのコーラを飲む。
こうできればいいですよね。


「走ることの習慣化」はとても良いことです。
それはすでにできていますよね。
しかし「練習後のコーラの習慣化」は悪いことです。
どちらも習慣化なのですが、善と悪の違いは大きいです。

解決策としては、
片っぱしからスポーツドリンクを買って、
自分の好きな味を探すことですね。
マラソンをしていくには、コーラではダメなことは明白です。
これから距離を伸ばしていかれることを考えると、
スポーツドリンクは必要不可欠な存在です。
すべては「慣れ」です。
それから日頃から「水」を飲む習慣もつけたいですね。
ミネラルウォーターを片っ端から買って飲んでみましょう。
きっと好きな味が見つかるはずです。

走る習慣化のできる人なのですから、
スポーツドリンクも水もきっと可能です。
これから暑い夏がやってきます。
これはある意味チャンスです。
冷やせばおいしく味わえる飲み物に
きっと出会えるはずです。
最初はとにかく冷やして飲んでみて下さい。

「練習後に喉が渇いて仕方がない」
というところも問題ありです。
要するに走っている時、
すでに水分が枯渇してきています。
だから走り終えた時にがぶ飲みしてしまうのです。
お気に入りのスポーツドリンクが見つかれば、
ボトルポーチに入れて走り、
途中で少しずつ飲む習慣を付ければ、
走り終えた時の喉の渇き感はきっと解消されます。
そうすればおいしい食事を食べることができるようになります。
すべては健康のため。
チャレンジしてみましょう!


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================