「ハンガーノック」「ハンガーノッキング」
という言葉はご存知でしょうか?
マラソンやっていると、一度は聞いたことがあると思います。
でも、なった人は少ないかもしれません。

ハンガーノックは、
簡単に言えば「エネルギー切れ」です。

30kmの壁でガス欠で身体が動かなくなる。
ということがありますが、ハンガーノックはまだその先。
完全停止、エネルギーの完全枯渇状態です。
ひどい場合には、意識を失うこともあるそうです。

実は私は日常的に、このハンガーノックを経験しています。
私の場合、血糖値がもともと低く、
エネルギーが切れてくると、まず手の先が震えてきます。
すると、文字を書いたり、細かい作業がしにくくなります。
そのままエネルギー補給をしなければ、耳鳴りがしてきます。
それでもまだ補給しなければ、耳鳴りが大きくなって、
思考能力が急激に衰え、視界が狭くなってきます。
それでもまだ補給しなければ、だんだん音が聞こえなくなってきて、
最悪状態は、意識を失って倒れます。

私の場合、震えることが日常的にあるので、
初期段階で、チョコレートを舐めればすぐ回復します。
ですので、チョコが必需品なのです。

こんなことを以前話しても、誰も信じてくれませんでしたし、
むしろ気持ち悪いとか、おかしいとか言われました。
でも整体師になって、またマラソンを始めてから、
同じような感覚の人に出会う事が時々あります。
これは分かる人にしか分からないと思います。
日常的にこういうことがある私ですから、
マラソンにおけるガス欠は特に注意しなければなりません。
日常と違って、運動している途中ですから、
それこそ倒れる可能性があります。

ある時、検査に行った病院で倒れまして、
周りにいた看護師や医師に助けてもらったことがあります。
心拍数が急激に落ちるみたいで、
気が付いたら心電図と点滴をしていました。
「心拍数が30くらいになってるからビックリしたよ」
と、後で看護師に言われました。

心拍数というのは、いわゆる脈拍数のことで、
健康な成人男性は60くらい、
マラソンしている人はもう少し低くて、50~55くらいです。
私の場合、元々心拍数、血圧、血糖値と
三つも低いようですので、気を付ける必要があるのでしょう。

実は一部の人だけ知っているのですが、
昨年の10月に、自宅のトイレで倒れました。
これは見事なほどに、意識が遠のいて
バタンと後ろ向きに倒れました。
朝一番のことです。

トップアスリートのトレーニング方法で、
朝起きてから、朝食を取らずにまずトレーニングするそうですね。
私にはとても危険なことです。
ほとんど毎日、朝起きた時の空腹がものすごいんです。
朝起きてすぐに水を一杯飲みますが、
時にはこの水が胃に負担がかかるくらい、
強烈な空腹感に襲われていることもあります。
私の朝一番は三拍子揃って低くなっているピークですから、
そんな状態で走るなんて、自殺行為そのものです。

と、私の身の上話が長くなりましたが、
ハンガーノックを防止するには、
早めのエネルギー補給です。
とくに、ブトウ糖や果糖のもので、
糖質補給をすることです。

そんな時に、アスリートが良く手にしている
「ゼリー飲料」が吸収も早くて良いと思います。

身体が止まる前に、そして倒れる前に、
栄養補給を心がけて下さいね。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================