本日、累計50万アクセス突破しました!
書き始めから毎日更新して、338日目でした。
ありがとうございます。

=============================

女性でしたら、お顔の肌はとても気になることと思います。
最近は、男性用の化粧水や乳液も発売されていて、
綺麗な顔の男性がモテル時代になってきているのでしょうか?

数年前、ある人気歌手がテレビ番組で、
お顔のお肌の手入れの事を話されていました。
芸能人の「これといって何もしていないのよ」は、
あまり当てになりませんが、その人の話では、
お風呂から上がったら、すぐに化粧水などを付けずに、
そのまま放置するというのです。
ただその前にすることがあります。
お風呂から出る直前に、顔に冷たい水をかけるそうです。
それから「パンパン」と手の平で顔を数回叩いて、
お風呂から出てきても、タオルで顔を拭かないそうです。
そしてそのまま放置。

この歌手がこんなふうなことを言われていました。
「人の身体は自分で治そうとする力があるのよ。
 お肌に冷たい水をかけられると、
 体温に戻そうとする力が働く。
 さらに皮膚表面が乾燥してくるので、
 肌の奥から修正しようという働きが出てくる。
 ゆえに、新陳代謝が活発化するので、
 毎日それだけでお肌がツルツルになるのよ。
 化粧水を付けるのは、20分後くらいね。」

この話を聞いたあと、別なテレビ番組では、
有名な美のカリスマがお肌の手入れをレクチャーしていました。
「お風呂から出たら、20秒以内に化粧水を付けなさい。
 そうしないとお顔のお肌はボロボロになるわよ。」

この二つの説はあまりに両極端な話ですよね。
さて、あなたはどちらを信じますか?
あるいは、どちらをやってみますか?

一般論で考えると、歌手の話よりも美のカリスマを選ぶことでしょう。
先日から書いてきました「アイシング」ですが、
私はこのお肌の話と重ね合わせて考えることがあります。
いえ、アイシングだけに限らず、
世の中の物事は、ほとんど2面性を持ち、
表という人がいれば、必ず裏という人が現れます。
マラソンのフォームに関しても同じです。

「どちらが正しいか?」ではなく、
「どちらが自分に合っているか」なのです。

それを本当に検証するには、
どちらもやってみた上で判断するべきなのでしょうが、
なかなかそんなことができません。
ですから自分が取り入れやすい方を選ぶのだと思います。

それから、目的をはっきりさせましょう!
なんのためにアイシングするのか?
これまでは疲労回復を早めるための事として書いてきました。
それよりもっと切羽詰まっていて、
関節の痛みや腫れがあるのでアイシングしたい。
そういう方もあるでしょう。
そこには炎症を起こしている事に対する処置として
アイシングを必要とされています。
と同時に、「なぜそうなったのか?」も考えてほしいのです。
目の前にある痛みさえ取れればいいのではなく、
根本的な解決を見つけだせば、先々は痛みが出なくなるのですから。

痛みのある時は、一人で考え込まずに、
病院や整体院などへ相談してみて下さいね。
早めに行けば、解決も早いかもしれませんよ。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================