この春から就職された方、五月病は大丈夫ですか?
と聞きたいと思いましたら、
最近は五月病というのが死語のようになっていて、
現実的にもあまり存在しないようです。
それは、無くなったのではなく、蔓延して年中五月病になっている。
とも言われているようですね。

五月病とは、新社会人に多く見られましたが、
4月からの新しい生活になじめず、
一か月経った5月に入るとイヤになって、
軽いうつのようになる症状のことです。
と、文章にしてみれば、
年中五月病と言われるのも、うなずけますよね。

ところで社会人ともなれば、仕事中心で生活が動きます。
ジョギングしたいのに時間が無い。
そんなお悩みの方もあることでしょう。
私のサイトにも、
「サラリーマン ランニング 何時 忙しい」
「仕事 忙しい いつ走る」
というような検索用語で来られる方があります。
忙しい中でどのように時間を作っているのか?
他の人はどうやっているのか?
何かヒントは無いか?
きっとそんな想いなのでしょう。

今の私は、自宅でしかも自営の仕事をしていますので、
通勤することもなく、仕事の付き合いで飲みに行くこともありません。
そんな私がこうすればいいとか、
こんな方法もあるとか書いてもまったく説得力がないと思います。
ですので、私の知っている人の話を書きます。

通勤ラン
文字通り、通勤時間を利用して走ることです。

その人を仮にAさんとしましょう。
Aさんはサラリーマンで、毎日スーツを着て仕事をされています。

まず、スーツと革靴とカバンを、
会社のロッカーに置きっぱなしにするそうです。
そして、朝出る時は、ジーンズにラフなシャツ。
背中にはリュック。
このリュックの中に、カッターシャツとネクタイ。
さらにランニングウエアです。
足にはランニングシューズを履いて行きます。
こんなスタイルで朝の通勤をされます。
会社の到着したら、スーツに着替えて仕事です。

帰りには、ロッカーで朝来た服に着替え退社。
途中の駅で下車して、トイレでランニングウエアに着替えます。
ジーンズをリュックに詰めて公園でストレッチ。
それからリュックを背負って、約60分のランニング。

自宅に着いてからストレッチしてシャワー浴びて晩ご飯。
翌日もまた同じように、
新しいカッターシャツとネクタイをリュックに入れて出勤。
これを基本的には毎日繰り返すそうです。

しかしサラリーマンですから、
飲みに行く機会や取引先から直帰ということもあります。
スーツで家に帰った時は翌日もスーツで行かなければなりません。
そんな時に、スーツを違うものに替えるそうです。

いかがでしょう?
あくまでも私の知人の話です。
いろんな事情からできない人もあることでしょう。
しかしこの中に何かヒントをつかんでもらえれば嬉しいです。

このAさんは、上司にラフな服装を見られたくないという理由から、
会社では朝一番に出勤するようになったそうです。
お陰で仕事がテキパキとはかどるようになったと、
とても喜んでられました。

女性ではなかなかこうはいかないと思います。
しかし、時間が無いのは誰でも同じことです。
それでも自分のライフスタイルの中から、
独自の方法を考えて、なんとかしている人が大勢います。
諦めないで、自分の法則を創りだして下さい。

サラリーマンの人たちは本当に大変だと思いますが、
どうぞ身体を壊さない程度に、頑張り過ぎずに走って下さいね。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================