昨日はコンプレッションウエアに対しての私の考え方を書きました。

昨日の記事を要約しますと、
膝が痛いという理由から、機能性タイツを履き、
痛みを無くすという道具の使い方は間違っている。
なぜ、膝が痛くなっているのか、という原因を追求せず、
原因を分からなくするだけだ。
というような内容を書きました。

それに対して、とても良いコメントをいただきましたので、
今日は記事としてご紹介したいと思います。
(昨日の記事→痛みを道具でカバーするのは間違っている

【 コメント&質問 】

うーん 難しいなー^^;
実は購入を検討してます。
今「少しでも長い距離を走りたい」という思いがあり、
「購入したい」という誘惑に負けそうなのです^^

確かに、根本的な痛みの原因は
解らなくなると思うのだけれど、
それはそれで良いのではないかとも思います。
だって、普通の市民ランナーは
痛みの原因が「わかる」のが目的ではなくて、
「楽しく(痛みなく)」走るのが目的なのですから・・・
楽しく走れれば、原因なんてどうでも良いとも言える
と思うのですが・・・どうでしょう?

【 回答 】

このご意見、考え方は、とても一般的な考え方だと思います。
その考え方に対して、私は何も強制力を持ちません。
ですので、ご自身の考えで決定されれば良いと思います。

機能性タイツは、テーピングの役割を重要視した商品です。
膝の上と下でクロスになっていますでしょう?
その理由は、膝をがっちりガードして横ブレを防ぎ、
太ももの筋肉を助ける役目で、その構造になっています。

太ももの筋肉とひざ関節を助けてくれる役目をしているということは、
言い換えれば、補助をしてくれているのです。
補助があるということは、本来は強化されるべき筋肉や関節が、
強化されにくくなっているということです。

例えば、足を骨折をしたとしましょう。
直後から入院、ギブスをしてベッドで寝たままです。
しばらくすると松葉杖を使って立てるようになります。
少し歩けるようになって、
その後は松葉杖を手放さなくてはいけません。
一生、松葉杖を使うわけにはいかないからです。
きちんと自分の足で歩けるようになる必要があります。
そう、ハイジに登場するクララのように。
歩けるようになるためには勇気が必要です。
道具に頼っていてはいつまで経っても一人で歩けません。
人生にたとえても同じです。
いつまでも親を頼ってにいてはいけません。
いつかは一人立ちしなければならないのです。
それをクララが教えてくれました。

ものすごく大袈裟なたとえ話になったように感じますが、
今回の機能性タイツにおいても、私は同じだと考えます。

補助に頼らなければならない年齢であれば、
私は安全のためにお勧めします。
しかし、この質問者さんは、
フルマラソンを自分の力で完走したいという気持ちの人です。
止まらず歩かず完走したいと願っている人です。

私は以前、マラソンには筋トレが必要でないことを書きました。
それは日常的に走ってさえいれば、
フルマラソンを完走するために必要な筋肉が自然と付くからです。
筋トレしても余分な所に筋肉が付くのでしたら、
しない方がマシだと書きました。
(以前の記事
  →マラソンに、筋トレは無駄で必要なし!
  →マラソンに筋トレはやっぱり不要!

この機能性タイツを、
一時的に使用するのは良いと思います。
しかし、使い続けることで、
筋肉の強化の妨げになることを私は懸念いたします。


長く使い続ければ使うほど、
補助を外した時にかかる負担が大きいです。

膝がブレないようにタイツが守ってくれていました。
膝に負担がかからないようにタイツが守ってくれていました。
太ももの筋肉の補助をタイツがしてくれていました。
それらひとつずつ順番に補助が外れるのではなく、
一気に外れるわけですから、
きっとまた膝の痛みが出ることでしょう。
だって、根本的な解決がされていないのですから。


ですから、道具に頼るのではなく、
便利に使用してほしいと考えます。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================