「コンプレッションウエア」というのがありますよね。
最近では各社いろんな商品が出ていまして、
ちょっと高いけど、機能性が良いイメージですし、
有名選手がCMやっているし、なによりもデザインがカッコイイ!
そんなこんなで、1枚くらいはだれしも持っていることと思います。
私も買いました。
しばらく使って、今はまったく使用しなくなりましたけどね。

「コンプレッション」とは、「圧迫」の意味で、
「適度に身体を包み込み、筋肉をサポートすることで、
運動機能が支援できる」と、されています。
筋肉疲労を軽減したり、パワーアップ効果を発揮する、
とも書かれています。

その理由は、「必要のない筋肉の振動を抑制すること」にあります。
これは、パフォーマンスを最大限に発揮するために
考えられた商品ですから、
「必要のない筋肉」とされているのであって、
「余分な筋肉」や「余分な脂肪」とは書かれていません。

そこんとこが間違いやすいです。

トップ選手になれば、
その競技ごとの引き締まった身体になっていきますよね。
しかし、私たち市民ランナーはそうではありません。
基本は仕事や家事で、スポーツはあくまでも趣味です。
ですから、マラソンをやり始めて痩せた、
という人は多いと思いますが、
マラソン体系になった、という人は少ないと思います。

マラソン体系・・・トップランナーの体系を想像して下さい。
男子も女子も、みんな華奢で、どこに筋肉付いているの?
と尋ねたくなるほど、みんな細いです。
コンプレッションウエアを着れば、そんな身体になる。
そう思うのは間違っています。

また、テーピング効果を狙ったサポーターと、
コンプレッションの効果は異なります。
ここがまた勘違いしがちなのですが、
テーピングというのは、特定の筋肉の動きをサポートしてくれるもので、
コンプレッションは身体全体を引き締めるものです。
それらが合体した商品もあります。

トップ企業が開発している商品ですから、
それなりの効果はあるはずです。
それらを私が否定できるものではありません。
ですから消費者である私たちが、
もっと勉強する必要があると考えます。

購入する時に、目的をはっきりさせることです。

膝への負担を少なくしたい。
ふくらはぎの張りを防ぎたい。
走る姿勢を良くしたい。
などなど、人それぞれに目的が違うはずです。

例えば、「膝が痛い」という理由から機能性タイツを履いたとします。
テーピング効果により、おそらく楽になることでしょう。
しかしそこには「なぜ膝が痛くなるのか?」
という疑問を解消したわけではありません。
膝が痛くなるにはそれなりの理由があるはずです。
足の出し方が悪いのか、着地の仕方が悪いのか、
何が悪いのか分かりません。
それをタイツ一つで、本当の原因を分からなくしてしまいます。
本当にそれで良いのでしょうか?

商品説明を良く読んでみて下さい。
「運動時の関節への衝撃を和らげる」とは書いていますが、
「痛みを無くす」とは書かれていません。


ここが良く間違うところです。
痛みがあるから、その痛みを取り去りたい。
その気持ちはよく分かります。
しかし痛みの原因を追求せずに、
道具でカバーしようとするのは
間違っています。


道具は便利に使うもので、
道具に頼った運動は危険だと思います。
あくまでも補足的に筋力を補ってくれたり、
安全に守ってくれるために道具を利用することです。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================