なぜ、寝る直前のストレッチが良いのか?
(昨日の記事→寝る直前のストレッチを必ず行う
それを考える前に、「寝る」とはどういうことなのか?
そこから考えてみましょう。

毎日必ず寝ますよね。
仕事の関係で今日は寝れないとか、あるかもしれませんが、
まったく寝ないまま一週間なんてことは不可能なことです。
人間だけではなく、動物であれば必ず寝ます。
その睡眠時間は、それぞれで違いますよね。
人の場合でも、6時間でいい人や、
8時間寝ないとダメとか、いや4時間でも大丈夫とか。
寝たいのに寝れない場合と、
寝なくても大丈夫というのは、ちょtっとニュアンスが違いますけど、
多かれ少なかれ、まず毎日寝ることでしょう。

ここで問題です。
子供って、すぐ大きくなりますが、
いつ大きくなっているかご存知ですか?
親せきの子供に久しぶりに会うと、
ものすごく大きくなっていてビックリすることありますよね。
でも、自分の子供でしたら、
そうビックリする瞬間はきっとないと思います。
毎日見ていると、いつ大きくなったのかわからないですよね。

前振りしているから、答えはお察しの通り、
「寝ている間に大きくなる」です。

寝ている間に身体の中ではいろんなことが起こっているんですよ。
そのひとつが、
「成長ホルモンの分泌」です。
女性でしたらきっとこの言葉に敏感だと思いますが、
お肌の修復を行ってくれる黄金タイムが、
夜10時~深夜2時と言われていますよね。
この間に寝ていると、成長ホルモンの分泌が活発なため、
同じ時間寝るのでも、黄金タイムに寝た方が
修復力が強いと言われています。
成長ホルモンと聞いて、大人には関係ないわ、
と思われたら大間違いなのです。

子供にはこの言葉通り、寝ている間の成長ホルモンの分泌により、
身体が大きくなるのです。
「寝る子は育つ」の意味がここに見えた気がします。

ケガや病気も同じことです。
風邪を引いたら、とにかく早く寝ること、たくさん寝ること。
そんの言われなくたって、きっと誰でも知っています。
寝ている間に、身体の中ではウイルスと闘い、
朝起きた時にはスッキリ!
そんな経験きっとあるでしょう?
だからこそ、「寝る」ということが、
元気を回復するためにとても重要だということは、
皆さんも良くご存じの事と思います。
ただ、そこには大人の事情があって、なかなか寝れない。
そうお困りの方も多いことでしょう。
でもその毎日の積み重ねが、明日のあなたの身体なのです。
一日の疲れを取るのは眠りです。
少しでも疲れを明日へ持ち越さないためにも、
「寝る」ということをもっと大切に考えていただきたいのです。
先ほどの黄金タイムに寝ることもひとつのノウハウですが、
寝る直前にストレッチをすることも、
「質の良い眠り」に導くためにとても必要なノウハウなのです。
ストレッチをしますと、血行が良くなり、
自律神経を整え、免疫力を高めることができます。
寝ている間に、いっぱい修復してもらいたいので、
質の良い眠りへ誘導するために、
私はストレッチが必要だと考えます。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================