先日コメント欄から、とても貴重なコメントをいただきました。

日曜日にハーフのレースを走ったのですが
少し頑張りすぎたようで、
昨日から太ももにひどい筋肉痛が出ていて、
まだ今も残っている状態です。
レース後ストレッチしたのですが、どうも足りてなかったようです。
遠征のレースだったので、それもあったかもしれません。
そんな脚の状態で今日は仕事が忙しく
歩数が15000歩を超えてたのですが、夕方頃からパンパンに…><
今日もお風呂でのマッサージと
お風呂上りのストレッチをしっかりしてみます。

このような内容です。
とても興味深いところは、
「レース後ストレッチをしたのに、足りていなかったようだ」
という部分です。
確かに、他にご質問やお問い合わせをいただく中でも、
「ストレッチ不足ですね」、と返答することが多いです。
今日はこのストレッチ不足の意味を解決しましょう!

当然のことながら、マラソンをすれば疲労物質が発生します。
(以前の記事→マラソン途中から足が動かない・・・解決法
今回のコメント者のように、
ハーフマラソンを走ると、2時間~2時間半くらい走ったということです。
その間、疲労物質が発生するわけですが、
走り終えると、そこで発生は止まるのでしょうか?
ゴールして足を止めたからといって、
そこで疲労物質の発生も終了!
なんてことはないはずです。

有酸素運動を20分以上すると脂肪が燃焼し始め、
運動後も30分くらいは燃焼し続けている、と言われています。

疲労物質は急に止まらない!

ですから、ゴールした後も、
最低でも30分、あるいはハーフを走ったのですから、
もっと長くて1時間、あるいは2時間?
どれだけの時間、疲労物質が発生し続けるのか定かではありませんが、
少なくとも脂肪が燃焼している間は止まることはないはずです。

ここで仮に1時間としましょう。
ハーフマラソン終了後、1時間後まで脂肪が燃焼し、
同時に疲労物質が発生している。
そう仮定します。
これは特に根拠の無い、私の見解による仮定です。

ハーフマラソン終了後、
しっかりストレッチをしたとしても、
1時間もの間、ずっと疲労物質が発生し続けているわけですから、
直後のストレッチはそれはそれで効果あるのですが、
1時間後における疲労物質に対するケアができていなかった。
ということになります。
その1時間後のケアをしていなかったことによる、
疲労物質の渋滞が身体の中では起こっていたはずです。
その量ははっきしりませんが、
身体の中では悪循環による渋滞が起こっていてもおかしくありません。

と考えれば、ゴール直後のストレッチはもちろんのこと、
1時間後のストレッチ、
さらに1時間後のストレッチ、
もうひとつさらに1時間後のストレッチ、
このくらいの気持ちで
ストレッチをする必要があるということなのです。
どれだけやったらOKということはなく、
長い時間運動すればするほど、運動後のストレッチは
何度にも分けてする必要があるということなのです。
それをしないから、私がよく言う「ストレッチ不足ですね」
ということになるのです。

数字的、医学的根拠は何もありませんが、
私はそれらを日常的にしていますので、
疲労を溜めることなく、筋肉痛になることもないのです。

私の日常では、1時間経ったからストレッチしよう!というものではなく、
ある程度の時間が経つと、
身体が「ストレッチしてくれ!」と要求を出してきます。
センサーが働いたことによる、サイン、信号です。
自分から決めてするのではなく、
身体の要求に合わせてしています。
ですから私は
ストレッチすることが生理現象になりました。
鼻が出れば、鼻をかむ。
喉がイガイガしたら咳をする。
それらと同じということです。
習慣化を超えて、生理現象に達したことに、最近気づきました。

こちらも参考にどうぞ。
私の身体には「風邪センサー」が付いています
筋肉にセンサーを動かしてみよう!


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================