血管の中を流れるのが血液です。
それは誰でも知っていることです。
「血管」という「管」があって、
その中を流れるのが「血液」ですよね。

同じように、リンパ管の中を流れるのがリンパ液です。
「リンパ管」という「管」があって、
その中を流れるのが「リンパ液」なのです。

リンパ液を見たこと無いですか?
私も現物は見たことがありません。
しかし、ちょっとした切り傷などをした時に、
血液が流れると同時に、リンパ液も流れ出ているのです。
それなのになぜ見たことがないのか?
リンパ液は透明だからです。
血液は赤いですから誰にでもすぐ分かりますが、
リンパ液は流れ出ても血液の赤に負けて見えません。

血管というのは、身体の隅々まで行き渡っています。
同じようにリンパ管も身体の隅々まで行き届いています。

血液は、酸素や水、栄養分などを身体に運びます。
リンパ液は、老廃物を回収する役目を持っています。
一部は静脈に吸収される老廃物もありますが、
リンパは栄養分を運ぶこと無く、回収のみです。

例えるなら、
食材を運んできてくれるのが、血液です。
リンパ液は、食べカスなどのゴミ回収車
とお考えください。


現実社会のゴミ回収車は、
決められた地区を回ってゴミを回収して、焼却場まで運びます。
それが私たちの身体の中では、
途中で関所のような所があり、
その関所で、細菌やウイルスをろ過するのです。
この関所が「リンパ節」と呼ばれるところです。
このリンパ節は、身体中に約600~800あるとも言われていますが、
とても重要なのが数ヶ所あります。
そのうちのひとつが「そけい部」なのです。
そけい部=股の部分、足の付け根です。

先日のご質問で、
そけい部のストレッチをした方が良いですよ、
と書きました意味がここにあります。

このリンパ節という所で、
ゴミ回収車が渋滞を起こすことがあるのです。
関所ですから、素通りするということはありません。
どんな物が運ばれてきたのかチェックし、
細菌やウイルスをろ過するのがリンパ節です。
その作業に時間がかかり過ぎたり、
ろ過しなければならないものがたくさんありすぎると、
時間がいっぱいかかることもあります。
高速の料金所で車が渋滞するようなものです。
一台一台の処理に時間がかかれば、
通り抜けるまでに時間がかかるのと同じです。
リンパ節は関所ですから、
高速道路の料金所で検問やっているようなもの
とお考えください。


そのためにも、日頃からしっかりそけい部をストレッチして、
渋滞を起こさないようにしておくことが大切なのです。
マラソンなど運動をしますと、疲労物質が発生します。
いわばエネルギーを力に変えたことによる、「カス」です。
「カス」=「老廃物」です。
走れば走るほど、
常に老廃物を作りながら走っているのです。

その事に気付いた今、ストレッチを習慣化する気になりましたか?

リンパ管の収縮映像を見つけました。
リンパ液の流れをご覧ください。
赤く流れているのが「血管」です。
真ん中に透明な流れがあって、
収縮しているのが「リンパ管」、
中を流れているのが「リンパ液」です。



「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================