「むくみ」とはいったい、どうなった状態のことでしょう?
ご存知でしたか?
昨日は、「走っているのに足がむくむ」というご質問でした。
(昨日の記事→ジョギングしたのに、足がむくむのはなぜ?
その流れで今日は「むくみ」についてお話します。

まず下のイラストをクリックしてください。
大きく表示されます。
むくみの仕組み
私たちの身体の一部をかなり簡略化したイラストです。
むくみの仕組み・メカニズムを分かりやすくしました。

まず左の図と右の図の違いから説明します。
ピンク色の部分「間質液」と呼ばれる部分が、
右側の方が膨らんでいます。
これが「むくんだ状態」です。

私たちの身体の60%は水分でできていると言われています。
その水分というのは、どこかに偏って存在するのではなく、
身体の隅々まで行き渡っています。
その水分を運んでいるのが「血液」です。
口から物を食べたり飲んだりしますと、
食道を通って内臓に入っていきます。
水分補給をしますと、同じように進みますが、
必要な所で、必要な分量が、
血管を通じて身体の隅々まで浸透していきます。
食べ物のように分解されてどうのこうのという過程を必要とせず、
飲んだらすぐに身体に吸収されていくのです。

ではイラストをご覧ください。
血管内にある水分が「間質液」というところへ染み出します。
その染み出した量と同じ量がまた血管内に吸収されます。
ようするに「水分を循環している」わけです。
これが通常の身体です。

しかし、なんらかの理由により、
右のイラストのように、染み出した量より、
吸収された量の方が少ないことが起こります。

すると「間質液」の中に水分が溜まってしまいます。
これが「むくみ」です。
「足がむくんだ」という状態は、
このように余分な水分が溜まった状態ですので、
触った時に「ぷにゅ」っとしているのです。

病的な原因は別として、
日常生活で起こりえるのは、
立ちっ放し、座りっ放し、運動不足。
ほとんどがこれのいずれかです。


これらに共通しているのが「動かないこと」です。
動かないことで、水分の循環も動かない。
とても単純なことなのです。
なのに、昨日の質問者さんの場合は、
ジョギングしているのに足がむくむと言われています。
なぜか?
その解明は明日に。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================