痛みに関してのご質問をいただきましたので、お答えします。

【 質問 】

わたしは62歳の男性で、昨年の1月から長距離走を始めました。
今年12月、フルマラソンに生まれて初めて挑戦する予定です。
今年の1~4月の月間平均走行距離は234kmです。
とは言うものの、昨年の8月に左足のかかとに痛みが生じて以来、
走る度に痛みが出て、とても不安です。
走った後、マッサージは必ずしています。
少々痛くても月に15~20回は走るようにしています。
ところが5月1日にハーフを雨の中走った時、
8キロあたりから痛みが酷くなり、
それ以来、痛みのため走ることができない状態です。
(ただし、今は歩いてもさほど辛くはありません)

そこで、質問です。
①痛みが完全に引くまで、およそどれくらい日数がかかるのでしょうか
②痛みがあっても、エンジョイラン走法習得のため、
ゆったりと軽めの練習は差し支えないでしょうか。
(今回初めてエンジョイラン走法を知りました)
*ちなみに、私の練習コースは片道10.5kmで、
大中小13の起伏があります。(高低差最大で40m)
以上、よろしくお願いします。


【 回答 】

まずは、エンジョイラン走法を習得したいというお気持ちに、
とても嬉しく感謝いたします。

痛みの場所や内容は違っても、
それが走れないほどの痛みだった場合、
どの程度休んで、いつ頃から再開してもいいのか?
これは結構悩むところですよね。

今回の質問者さんの場合は、
左足のかかとに走れないほどの痛みが出たとのことです。
その痛みがいつ無くなるのかと聞かれましても、
これはなかなか私では分かりかねます。
ただ、今は歩いても痛みを感じないとのことですから、
おそらく近いうちに痛みは無くなるのだと思います。
再開時期については、ある程度は自己判断するしかないでしょう。

しかし、ここで一番考えなければならないことは、
なぜ、左足のかかとに痛みが出たのか?ということです。
マラソンというのは、
左右対象の動きをしているのに、
片側だけに痛みが出るということは、
フォームや重心が左右で違っているということです。
これは、いわゆる「悪いクセ」というヤツです。
この「悪いクセ」を把握せずに、
痛みが引いたからといって再開すると、
いつかはまた痛みが出ます。
そんなことの繰り返しで困ってられる人がどれだけいることか!

そこで、この質問者さんはとても良い所に気付かれました。
エンジョイラン走法を今まで知らなくて、
今回初めて知ってやってみようと試みていることです。
これが何を意味するのか?!

「悪いクセ」というヤツを変えるには、
今までやってきた延長線上で考え実施しても
なかなか変わらないということです。
「悪いクセ」を変えるには、
今までやったことの無いような新しい事を
取り入れることが一番の早道なのです。


左右の違いの原因は骨格の歪みにあるかもしれません。
しかし、これこそすぐには改善できません。
ですからまずフォームを改善しましょう。
左右違った重心で運動している事を正すには、
新しいフォームを身に付けることが一番有効です。

ということで、まずは歩きましょう!
今は歩いても痛みが無いのでしたら、
そう焦らずにまずは歩いて、
エンジョイラン走法の基本を身に付けて下さい。
62歳という年齢です。
そんなに焦っても今からオリンピックに出るわけでもないでしょう?
これからの人生をいかに楽しむか!
楽しくマラソンをするには、とにかく無理しないことです。

月に15~20回は走り過ぎです。
サブフォー狙うのでしたら必要かもしれませんが、
そうでないのでしたら、そんなに頑張らなくてもフル完走できます。
それが「コツ」なのです。
筋力と体力は少しあれば大丈夫です。
とにかくエンジョイラン走法の「コツ」を習得して下さい。

そして、起伏のある良い所にお住まいになられています。
その起伏は、初フルへの練習にはうってつけです。
62歳で初フルに挑戦しようとするそのお気持ちに、
私は心から応援エールを送ります。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================