マラソンをやっていると、
いろんな痛みに襲われることがあります。
一番多くは、膝が痛い人でしょう。
また最近紹介している、かかとが痛い人、
足の甲に痛みが出る人、お尻が痛くなる人・・・
身体のどこに痛みが出るかわかりません。
それは、それぞれのトレーニングの仕方や筋力などによって、
症状が違うし、痛みの度合いも違います。

私は日頃からストレッチをしっかりやりましょう!
と常に言っております。
ストレッチを習慣化すると、
自分の身体と会話することができる。
そんな話を書いたこともあります。

「痛み」とは、身体が発する危険信号です。
ちょっと痛いくらいはガマンしてたら痛くなくなった。
そんなことも良くあります。
しかし、どんな時にどんな痛みがあったのか?
そんな記録ノートを付けることも。
マラソンライフには役立つはずです。
痛い時は思いきって休む。
そんなことも必要ですよ。
故障した人のブログを読んでいると、
「後悔先に立たず」という言葉を思い出します。

「痛い」と言っても、何が痛むのか?
それが分かれば、対処方法がずいぶん変わります。
マラソンをやっていて痛むのは、
筋肉・関節・靭帯のどれかです。
自分自身でその3種のうち、どれなのかがわかれば、
自分で対処方法を見つけることもできます。
それはそんなに難しいことではなく、
きちんと自分の身体と向き合うことさえできれば、
その見極めは簡単にできます。
そのためにもストレッチは有効なのです。

以前にも書きましたが、私は自分で自分の身体を治します。
だから筋肉痛になりません。
人間には自然治癒力が備わっていますから、
自分の身体を自分で治す力をそもそも持っているのです。
その回復するための力を最大限に発揮するのが、
ストレッチだと私は確信しています。


このサイトを通じてもストレッチの必要性を書いてきました。
また来院される方にもストレッチをするようにと、
いつも言うのですが、
なかなか実行している人には出会いません。
ですから、また来院していただけるということはあります。
しかしその反面、しばらく来られないな~と思っていたら、
入院されていまして、退院後に、
「りょうさんが言っていた通りだったわ・・・」
と、話される人に出会うと、とても悲しくなります。

私の力は小さなものです。
もし少しでも必要に感じられましたら、
ぜひストレッチを実行してくださいね。
よろしくお願いします。

PS.
本日、来院された方で、
ストレッチが習慣化してきたと言われました。
ストレッチ&エンジョイラン・クリニックに参加された方です。
とても嬉しく思います。
だんだん、柔らかくなっていく身体が楽しくなってきたそうです。
あなたもきっとできますよ!


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================