あなたはマッサージや整体に行かれたことはありますか?
行かれたことのある人はお分かりだと思いますが、
うつ伏せになって施術してもらっている時間が一番長いですよね。
私の施術内容で、一般的な人に対する時間配分は、
うつ伏せ・・・30分
右向き・・・10分
左向き・・・10分
仰向け・・・10分
こんな時間配分で60分行っています。

しかしこの中でも、
右向きや左向きでありながら、
広背筋や肩甲骨にアプローチしていますので、
10分のうち半分くらいは身体の背面への施術です。
また仰向けの10分も、
半分くらいの時間は、首を下から押し上げるように施術しますので、
これもまた身体の背面ですよね。

これから何が分かるかと言いますと、
身体で不調になるところの大半は、
身体の後ろ側にあるということです。

誰かの言葉にありましたが、
「大事なものは表から見えず、裏側にある」
というように、身体もまた同じことが言えるのです。

以前の質問で「身体が硬い」という言葉がありました。
この「身体が硬い」という言葉は、
とても大きな意味を含んでいます。

私の整体院に来られる人で、
背骨をまったくねじることができない人がいらっしゃいます。
背中を押しても筋肉に柔軟さがまったくなく、
鉄板が張りついたように硬くなっています。
またその身体をねじろうとしても、
曲がりにくく、ほとんどねじれません。

そうなってしまっている身体の中では一体何が起こっているのでしょう?
医学的な詳しいことは省きますが、
血流が悪くなっていることだけは安易に想像できます。
血流が悪くなっているから身体が硬くなる。
身体が硬くなるから血流が悪くなる。
そんな悪循環です。


「負のスパイラル」なんて言葉でも言われますが、
悪循環にハマってしまうと、抜け出すことはとても大変です。
ですからそうならないうちに、
早く自分で気付いて健康な身体を維持して下さい。
なかなか気付けない?
そんな人はぜひ、お近くの整体院をお尋ね下さい。
なんらかのアドバイスをしてくれると思いますよ。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================