新聞読みながら開脚ストレッチを昨日紹介しましたが、
身体の硬い人のためのやり方を紹介します。

開脚して座ったら後ろへ倒れてしまうという人、
そんな人がいることを知りました。
そんな人はかなり身体が硬い人ですので、
すでにイエローカードを出しておきます。
そのような人は、身体の後ろに壁を使いましょう。
開脚その2-1
横から見た図
背中の後ろに壁があるので、後ろへ倒れません。

開脚その2-2
前から見た図
多少、膝が浮いても仕方がありません。

では、そのままの体勢で身体を前へ倒して下さいと言っても、
硬い人はできないと思いますので、
片足折って身体を前へ倒してみましょう。
開脚その2-3
足を出した方向へ身体を倒しました。
膝をグッと押さえて下さいね。

開脚その2-4
まっすぐ前へ倒しました。
膝を抑えても多少浮くのは仕方がありません。

開脚その2-5
足を出した方と反対側へ身体を倒しました。
おそらくこの状態が一番倒しやすいのではないかと思います。

いずれにしても、無理のないようにしてほしいのですが、
少しずつ毎日やっていますと、
足の後ろ側の筋肉がだんだん延びて慣れていきます。
すると、膝が浮いていたのが床に付いたり、
前へ身体が倒れやすくなったりします。

毎日、新聞見ながらストレッチなので、
新聞読むことに集中していると、
1~2分なんてあっという間に過ぎます。
体勢を少しずつ変えて両足やれば、
10分は軽くストレッチできるはずです。

ただし、痛いのをガマンするほどやるとやり過ぎです。
多少の痛みがあるかな?でも気持ち良い。
それくらいを目指して下さい。
身体の硬い人はとくに痛みが強いと考えられますので、
くれぐれも無理のないようにマイペースでお願いしますね。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================