整体師に学ぶ~中高年のランニングによる筋肉痛改善と、楽に長く走る方法(エンジョイラン.com)

楽しく健康に走りたければ、マラソン本を捨てなさい!また、楽に走りたければ、走らないこと。その真意は、このサイトの中に!

中高年になって健康やダイエットのため走り始めたのに、膝や足腰が痛い、疲れが取れないなど、良かれと始めた運動が逆効果で困っていませんか? 整体師だからこそわかる、筋肉や身体のケア方法や、筋肉痛知らずで、楽に長く走る方法、楽しいランニングノウハウも含めて、全部お教えします。

NHKテレビ「3か月でフルマラソン!」
ご覧になってますか?
と、言っても、私は何も関係していませんが(笑)

番組3週目にして、すでに60分を走るという設定。
しかも、宿題として一週間に60分走×2回、LSD90分×1回。
私が走り始めた時を振り返ってみれば、
私ならばすでに生徒失格しています。

走り始めた時の記憶をたどってみれば、
とにかく最初は15分が走れなかったのを良く覚えています。
せいぜい10分くらいでしたね。
それを週3回走り始めて、
1ヵ月経っても60分なんてとんでもなかったです。
60分が走れるようになったのは、3ヵ月くらいしてからです。
しかも60分以上走ると、急激に疲れていたのを覚えています。

それが番組では、3週目、ようするに21日目にして
60分を走るという設定。
世の中の人はこのペースで付いていけてるのでしょうか?
私はとにかく身体の事を心配してしまいます。

4週目にしてストレッチのことが紹介されましたが、
「休養日にはストレッチをしましょう!」という内容でした。
日頃もストレッチしましょう!とは言われなかったです。
そして、金哲彦コーチの身体の硬さが露呈しましたね。
もし私が番組プロデューサーならば、
ストレッチの所だけ別なトレーナーにお願いするでしょうね。
金コーチはランニングのコーチですから、
「私は身体が硬いからこれ以上付きませんが・・・」
と言わせてしまったのは、番組として失態だと思います。

それに、マラソンをして足がつる、筋肉痛になるという、
一番皆さんが困っている
「ふくらはぎとハムストリングス」のストレッチは
まったく紹介されませんでした。

さて私がこの番組で言いたいことは、やはり
「3ヵ月でフルマラソンを完走する」ということは
結構危険なことであるということです。

4週目のストレッチの紹介でも
まったく触れられなかったのが、「関節の問題」です。

しばらく運動らしい運動をしていなかった人が、
3週や4週間くらいで、もし60分走ったらどうなるか?
走れたとしたら、それはそれですごい筋力と気力だと思いますが、
筋肉痛にもなるでしょうし、関節も痛むことと思います。

そもそも、4週目にして、
生徒役のお二人のフォームが
劇的に綺麗になっていたのはスゴイの一言!
ということは、番組で紹介されていない裏側で、
どれだけの指導がされているか!ということです。
一般人が普通にテレビを観て、
4週目にしてあれだけ綺麗に走れるとは思えません。

番組を観られて参考にするのであれば、
そのあたりを踏まえてご覧いただきたいと思います。
あの二人があんなふうになるんだ~!
と、安易に考え、自分も同じようになると思ったら大間違いです。

私の整体院に来られる人では、
1年走っているのに10km以上はまだ走れない。
そんな人もたくさんおられます。
番組を鵜呑みにして無理しないように
くれぐれもご注意くださいませ。


番組に興味のある人はぜひご覧ください。
再放送も2回ありますので、
同じ内容が一週間に3回流れます。
詳しくは、NHKの番組サイトをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/kurashi/doraku/mon/index.html


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. ドラ
    • 2012年04月27日 13:33
    • 5 りょうさん
      はじめまして。日々楽しくサイトを閲覧させてもらっています。6年前からランニングを再開し、2年前まではサブスリーを目指し、空いている時間はランニングに没頭していましたが、結婚&娘が生まれてからは記録ではなく体力維持を目標に方向転換しました。
      今年に入ってから友人に頼まれてボランティアで初心者を指導していますが、日々勉強です。りょうさんの記事を参考にさせてもらっています。
      今回の放映で背中のストレッチを実施していましたが、金さんは背中が硬いのではなくて、身体が硬いのですよね?身体が硬い=背中が硬いのですか?私は身体は硬い(立位体前屈マイナスです)のですが、背中は柔らかいと言われました。

      また、初心者を指導中に気付いた事なのですが、背中の筋肉が硬い方が多いと感じています。腹筋運動を二人一組で膝を立てて片方の人が立てた足を支え、両腕を胸に当ててオヘソを見ながら、約15秒位かけて上げ下げしてもらい、下げる時は腰から背中の関節が一つ一つ付くような意識で下げるよう指示し、背中の硬さをチェックしていますが、背中全体で降りてしまう方が大半です。背中が硬いのではなく、腹筋の筋力が足りないだけなのでしょうか?
      背中の筋肉が硬い方に効くストレッチはどの記事を参考にしたら良いですか?
      また、足首の可動域が硬い(小さい)方にはどのようなストレッチが良いのか?よろしくお願い致します。


    • 2. りょう
    • 2012年04月28日 01:05
    • ドラさん

      はじめまして。
      ずいぶん研究されているのがうかがえます。
      ご質問の内容がたくさんあるので、
      後日、記事欄で詳しく紹介します。

      簡単に言いますと、
      金さんはウエストにお肉がずいぶん付いていましたので、
      おそらくお腹の肉が邪魔していたのもあると思います。

      >身体が硬い・・・
      この意味には、筋肉が硬いのと、関節や背骨が硬い
      の意味が含まれます。
      どちらも厄介です。
      40歳以上になると、ほとんどの人の背中は硬いです。
      もっと厄介なのは、脂肪が硬いことです。
      これはまた後日に。

      >腰から背中の関節が・・・
      このやり方はヨガでも教えるやり方ですが、
      私もこれはできません。
      腹筋力の無さと、背骨の硬さの両方でしょう。

      背中の筋肉、腰回りを柔らかくするのは大変です。
      腕や足と違って、ねじることしかできません。

      足首が硬いのは、アキレス腱を柔らかくすることです。

      詳しくは後日書きますので、
      また分からなければコメント下さいね。



    • 3. ドラ
    • 2012年04月29日 20:01
    • 5 りょうさん
      コメントへの返信ありがとうございます。後日の記事を楽しみに待っています。


    • 4. りょう
    • 2012年05月01日 18:13
    • ドラさん

      もうちょっと待ってて下さいね。


コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック