昨日私は、猫背の人は猫背のまんまでいいのです。
と書きました。
(昨日の記事→後傾姿勢は効率が悪い
もしかしたら猫背の人の方が、前傾姿勢を覚えやすかもしれません。
うまく前傾姿勢ができない人のために、
ものすごく邪道なやり方を紹介します。
「こんなのおかしいよ!」と思われましたら、
やらなくても結構です。
「邪道」ですから、合う人にしか合いません。

では走る時の姿勢ですが、
猫背はおろか、エビになるくらい、腰を前に曲げて下さい。
この場合、目線が道路面に向いてしまいますので、
前に障害物はないか、車は来ないか、人はいないか・・・
などなど、すべて安全を確認した上でやってください。
では写真をスクロールしてください。

前傾姿勢やり方-1
大きく腰を曲げて、

前傾姿勢やり方-2
そのままの体勢で、

前傾姿勢やり方-3
手や足の事はあまり考えないで、

前傾姿勢やり方-4
着地の仕方も気にしないで、

前傾姿勢やり方-5
前へ前へ進んでいきます。

前傾姿勢やり方-0
上の5枚の写真をつないでみました。

前傾姿勢やり方-3-2
ではポイントを説明しましょう。
腰を大きく曲げます。
どうしても目線は道路面になります。
安全確保してね。
頭から突き進むようなイメージです。
腕や足の事は考えなくてもいいです。
頭から頭からと言いながらでもかまいません。
すると、上半身が先に前へ行き、
足が後ろから付いてくる。
その感じがつかめます。


もう一度言います。
これは邪道なやり方です。
きっとマラソン本には載っていないと思います。

だいたい10歩くらいもやれば感覚は分かります。
感覚さえつかめば、走りながらそのまま体勢を起こしていって下さい。
くれぐれも事故のないように。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================