昨日の話の続きのようになりますが、
(昨日の話→筋肉は伸ばし、関節は回す
骨にヒビが入ったから病院へ行かれたわけですが、
その程度の事でしたら、ほとんどの人が、
行った先の、ひとりの医師の話を信用されます。

ここからは、語弊の無いように聞いて下さいね。

私の整体院に紹介で来られる人は、
「どこへ行っても良くならない」
「病院に行っているけど、良くならない」
こんな人がとても多いのです。

「身体の痛み」→病院、医者

きっと皆さん、こう考えますよね。
それはそれで正解なのですが、
以前、ある整形外科の先生の話で、こんな衝撃的なことを聞きました。

レントゲン撮って、CTスキャンして、
それぞれの画像を見ても異常がないのに、
患者さんは痛みを訴えている場合。
「筋肉の炎症」ということで湿布を出されます。
それでも何とかしてほしいと患者に訴えられると、
「整形外科の範ちゅうではないから、整骨院へ行って下さい」
と言った後に、
「でも最近の整骨院は電気当てるだけだから、
 どうしてもと言われるなら、整体院を探してみて下さい。
 私からどこが良いとは言えませんけどね。」

ここで、私が言いたいことは、
患者も身体の事について知識が必要だ
ということです。
先ほどのように言われて、次にどんな行動を取るか?
結局邪魔くさいもんだから、湿布貼ってしばらく様子を見る。
すると痛みも少し和らぐので、それで終わり。
きっとこんな人が多いと思うんですね。

・整骨院と整体院の違い
・マッサージと整体の違い


意外に皆さん分かってられない人が多いのです。
昨日書いた奥さんの例では、
整形外科に行ってさえいれば、なんとかしてくれると信じてられるのです。
不信感すら抱かずに、何度も通って、
それでも治らないものだから、ご主人が見かねて私に相談されました。

このページを読んでられる人は、
マラソン、ジョギングをされている人ですよね。
目標と練習方法により、身体への酷使が変わりますが、
ぜひ、自分の身体は自分でケアしてほしいのです。
筋肉の名称や場所まで覚えなくても、
足や腕を動かしたら、どこの筋肉が動いているのか、
それだけでも分かっていると、ケアの仕方もずいぶん違ってきます。

身体は一生ものです。
まだまだ長い人生を共にして行くわけですから、
自分の身体の変化にも敏感になって下さいね。


でも、どうしても困ったらこちらも読んで下さい。
自分で身体のケアができない人へ


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================