「肩こり」・・・何度でもなる、やっかいなヤツですよね!
マラソンをやっていると肩こりにならない。
そう思っていたのですが、これがなかなかそうではなさそうです。
確かに、肩こりでしんどいな~、と思う時に、
30分ほどジョギングすると、少し楽になることはあります。

一般的に肩こりとは、
「血行不良」「運動不足」「ストレス」「生活習慣」・・・
など、だいたいこんな原因だと言われることが多いですよね。
ところが、マラソンやっている人が肩こりになる。
ということは、「運動不足」ということは絶対ありません。
だから「血行不良」ということもないでしょう。
と、思いきや、以外にそうでもないみたいです。
「ストレス」「生活習慣」というのは、今はちょっと横へ置いて考えます。

運動しているのに、血行不良が起こるとは、
一体どういうことなのか?
ということを考えるにあたりまして、
身体の循環を思い出してみましょう。

食べる
 ↓
身体の中で食物を分解する
 ↓
身体にとって必要な栄養素を血管や臓器などへ送る
 ↓
それらが元となって、筋肉などを動かす
 ↓
身体の中には、疲労物質や老廃物が出てくる
 ↓
それらを回収して排出する

だいたい大まかにはこんな感じですよね。
血行不良が起こると、
老廃物の除去不良も起こっていると考えるのが普通です。
また登場する言葉ですが、
「身体のケア」が足りなかったわけです。

「身体のケア」って何ですか?
と聞かれたこともありますが、
結局は「すべてにおいて、循環を良くする」ということだと思います。
そのための一番良い方法がストレッチなのです。

ということは、
ストレッチ不足
だということになります。

マラソンしているのに、肩こりになる人は、
運動後の身体のケアが十分できていない人が多いと思います。
「いや、俺はきちんとストレッチやっているのに、肩こりになる」
と言う人がもしありましたら、
その肩こりの原因は、「ストレス」「生活習慣」ということになります。
あるいは、しっかりと栄養が摂取できていないか、
摂取しても身体の吸収力が衰えているか、
あなたはいかがですか?
思い当るところがありましたら、改善してみましょう!


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================