「有酸素運動」と「無酸素運動」という言葉を
聞かれたことがありますよね。
パッと違いを答えられますか?

有酸素運動とは、
言葉の通り、常に酸素を必要とする運動で、
マラソンはその代表格です。

走っている時は、常に呼吸をしています。
一瞬、息が詰まることはあっても、
長く止めていたり、何度も止めたりはしません。
ウォーキング、自転車なども同じく、
呼吸を止めることなく、ず~っと息をしています。
速度や坂の強度に多少、息が荒くなったりしますが、
止めてしまうことはありません。

テニス、卓球、野球、サッカー・・・
他のスポーツを考えますと、
打つ瞬間はグッと息を止めていたり、
蹴る瞬間、歯を食いしばったりします。
また動きな中で、呼吸が一定ではありませんよね。
競技中、そのようなことを何度も繰り返します。
ですから、これは有酸素運動とは言いません。

では「無酸素運動」とはどんなものでしょう?
「筋肉トレーニング」いわゆる「筋トレ」に代表されるような、
ウエイトトレーニングが代表的です。
重りを持ち上げるときは、
「ウッ!」と呼吸を止めて上げていきます。
「せいのっ!う~ん!」って時は呼吸が止まっています。
止めることによって力を発揮するのです。
力が必要な瞬間は、呼吸を必要としないので、
これを無酸素運動と言います。

短距離走も無酸素運動です。
100m走り切るまでは、呼吸を止めています。

では水泳はどちらか?

実は水泳は、やり方次第で、どちらにもなるんです。
息継ぎを一定にうまくやれば有酸素運動になるのですが、
そうでなければ、呼吸を止めることになるので無酸素運動になります。
詳しいやり方は、私には管轄外なのでお調べ下さい。

医学的には、
有酸素運動とは、酸素を消費する方法で、
筋収縮のエネルギーを発生させる運動のことを言います。
無酸素運動とは、酸素を消費しない方法で、
筋収縮のエネルギーを発生させる運動のことを言います。


「今日の話は役に立った!」と思われましたら、
ポチッと押して、ランキングを確認してくださいね
かなり役立った→ふたつにポチッ
まぁまぁ役立った→どちらかひとつにポチッ

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ 人気ブログランキングへ
=============================
私は、「筋肉消費量を抑える脱力系~
エンジョイラン走法」で、
奈良マラソン42.195kmを、止まらず、歩かず、
4時間8分で、楽しく完走しました。
当時48歳、マラソン歴半年です。
きっとあなたにもできます!
2回目の奈良マラソンでも、止まらず、歩かず、
去年より2分速く、4時間6分で完走しました。
=============================